本を置いてもらいに四条大宮の飲み屋へ行ったら、そのまま飲んでしまったのである。

2014/11/06

きのうは仕事の合間に、『おっさんひとり飯』サイン本を、四条大宮の飲み屋へ置いてもらいに行った。

スピナーズ

そうしたら、ついそのまま飲んでしまったのである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

金は、ない。いつもない。

だからいつも、仕事をしている。

金があれば、仕事などせず、遊んで暮らしたい。もう50を過ぎたから、大した野心があるわけでもないのである。

しかし金がないから、仕事をする。これは仕方がないことだ。

 

しかも金がないのに、現在パソコンが、絶賛・壊滅中なのだ。パソコンは2台あり、1台は家にあるデスクトップ、もう1台はノート。

どちらも、もう5年近く使っている。

今の重いソフトを動かすには、役に立たなくなりつつはあった。特にノートは、ネットのページを表示させるだけでもえらく時間がかかる。

でもそれは、大して気にしていなかった。

ぼくは、オンボロのものに自分を合わせるのは、嫌いじゃない。ソファもクッションが後ろに移動してしまい、スプリングや下の木枠が尻に当たるが、座り方を工夫して、何とか使っている。

パソコンも、動作が遅ければ、ノンビリと待てばいいだけの話だ。

 

ところがそのノートパソコン、まずバッテリーがイカれた。前からだんだん、充電ができなくなりつつはあった。

それがとうとう、バッテリーを付けたままだと、電源プラグを差し込んでも立ち上がらなくなった。

それで今では、せっかくのノートパソコンなのに、バッテリーを外して使っている。

 

さらに、ノートパソコンの、キーボードがある本体と、液晶画面をつなぐヒンジが壊れた。液晶画面をある角度で保つことができなくなり、そのままペタリと、180度倒れてしまう。

ノートパソコン

 

それで今は、本を積み上げ、そこに液晶画面を立てかけることで角度を保っている。

ノートパソコン

壊れたヒンジの部分から、配線が何本も露出している。これが切れたら、ノートはお釈迦になるだろう。

 

しかしまだ、家にはデスクトップパソコンがあるから、しばらくは何とかなると思っていた。年末には、わずかばかりの印税が入るから、そうしたら、新しいのを買えばいい、、、

そのデスクトップパソコンが、おととい、立ち上がらなくなってしまったのである。

きっかけは、あるソフトをアンインストールしたことだ。それが何か、悪さをしたのだろう。

 

残るは瀕死のノートパソコン1台。これが本当に壊れてしまえば、ぼくは仕事がお手上げになってしまう。

急遽パソコンを買わないといけないことになり、きのうはその金を得るために、頑張って仕事しないといけないはずだったのだ。

 

仕事を7時ごろまでして、一旦中断。『おっさんひとり飯』新装本を、飲み屋へ届けに行くことにする。

せっかくだから、いつも通う飲み屋でも、本が買えるようにしたい。それですでに4軒の飲み屋に、OKはもらっていた。

置くのは、サイン本。

サイン本

これなら飲み屋に買いに来てくれる人もいるかもしれない。

 

届けに行くのは、お店がまだそれほど混まない、早めの時間がいいだろう。それで7時に行くことと決めた。

話はもう付けてある。あとは本を届けるだけ。

届けてしまえば、その後さらに仕事もできる。

 

まず1軒め、家から近い、ギャラリー&バー「スピナーズ」。マスターが出かけて不在だったから、アルバイトの女の子におしぼりだけもらって、しばらく待つ。

やがてマスターが帰ってきた。常連さんも一緒である。

どこかで一杯引っかけてきたと見え、いい調子。

「本を置きに来たんだけど、、、」

言うものの、マスター、

「まあいいじゃないですか、一杯飲みましょうよ。高野さんとゆっくり話すのも久しぶりだし」

と来る。

そう言われ、断るわけにも行かないだろう。本を置いてもらう手前もある。

スピナーズ

寒かったから、焼酎のお湯割りを頼んだ。

 

飲みながら、マスターや常連さんと話をする。するとマスター、家に来るニャンコのことを、よく知っていた。

ニャンコ

デカイのは、このあたりで以前からよく見かけるニャンコで、同じぶちのちびニャンは、やはりその子供だそうだ。

さらにちびニャンには兄弟がいて、そちらには3匹の子猫までいるとのこと。

「ちびニャンは、お母さんに向かって威嚇してたってことなのか?」

「猫はお母さんだと分からずに、ちょっかいを出すことがあるみたいですよ。お母さんの方は分かってるみたいですけど、、、」

なるほど、そういうものなのか。

 

それからしばらく、猫の話で一しきり盛り上がる。

「高野さん、キャットフードなんてやらないで、猫のエサも自分で作ったらどうですか?それをブログに書いて、『おっさんひとり猫めし』なんて言ったら、ウケるんじゃないかと思いますよ!」

結局マスターに本を渡し、店を出たのは1時間の後だった。

 

次に向かうのは、たこ焼き「壺味」。

たこ焼き「壺味」

ここでもやはり、用件だけというのは悪い気がして、一杯たのむ。

 

壺味を出ると、もう9時近い。次のほっこりバー「Kaju」へ行った時点で、もう仕事をするのはあきらめた。

食事もすることに決め、まずはポテトサラダ。

ほっこりバー「Kaju」

Kajuさんのポテトサラダは初めて食べたが、まろやかで、しかもさわやかな酸味も利き、とてもうまい。

お客さんが持ち込んだ、牛スジカレー。

ほっこりバー「Kaju」

やわらかく煮込まれた牛すじの甘みに、スパイスが強めに利かされ、なかなかのもの。

 

マスターとは、お客さんもまだ少なかったので、近況もあれこれ報告する。

しばらくちゃんと話ができていなかったから、ちょうどいい。

 

そして最後は、酒房「京子」。

酒房「京子」

もう、熱燗。お通しは、セロリの酢の物。

カレイの煮付け。

酒房「京子」

 

白みそのみそ汁。

酒房「京子」

 

それから、おでん。これが「いかにも京都らしい」と思い、感動した。

出された時は、何の変哲もないおでん。

酒房「京子」

 

ところが一番上のコンニャクを食べると、その下に、「真っ白」の大根が、ちょうど雲間から現れるお月様のように、顔をのぞかせるのである。

酒房「京子」

おでんの大根が白いのは、「オッ」とちょっとビックリするし、それが初めから見えているのでなく、食べ進んでから見えてくるのも、洒落ている。

しかも大根は白くても、味はしっかりしみている。

京都の人は、こうして「食の楽しみ」を演出するのが、本当にうまいと思う。

 

あとはカラオケ。きのうも京子は満員で、しっかり盛り上がっていた。

 

家に帰り着いたのは、午前0時。それからすぐに、布団に入った。

予定は大幅に狂ってしまった。「パソコンは買えるのか」と心配にはなる。

 

しかし金は何とかなるものだ。

金のために、義理を欠くようなことをすれば、その時こそ、神様に見放されるにちがいない。

 

「のんきだね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

ちなみにちびニャンは、最近ではエサがないと、催促するようになった。

ニャンコ

小さな口を開け、「ニャー、ニャー」と鳴く。

こうして頼られるようになると、かわいいのはもちろんだけど、少し責任も感じるようになっている。

 

◎スポンサーリンク



 

◎関連記事

『おっさんひとり飯』出版の報告を飲み屋にするのである。

ネコの気持ちはわからないのである。

『おっさんひとり飯』新装版が、予約受付中なのである。

荒木晋太郎くんの絵を衝動買いしたのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み