戦争を防ぐため、できることはするのである。

2015/06/02

集団的自衛権が閣議決定されたことで、日本が世界の戦争に巻き込まれることは、非現実とはもう言えない。

NO WAR SOUND DEMO

あとで後悔しないよう、それを食い止めるために、どんなに小さなことであっても、できることはするのである。

 

 

安倍首相とは、できれば縁を切ってしまいたいのである。自分の便宜を図ってくれる、アメリカなどの大国や、大企業経営者などの言うことはヘイコラと聞くくせに、国民を人と思わず、シワ寄せをいくらでも押し付けていいと思うところは、最近のブラック企業経営者にも多いけれど、人間のクズだと言っていい。

力で押し切ってしまえばいいと思っているわけで、その結果、国民がどのような不幸なことになろうとも、知ったことではないのである。

国民の立場だとか、心情だとかにたいしての想像力が欠けているのは、頭の働きが鈍いことも、おそらく意味しているだろう。

 

そんな奴に、何を言っても解るわけがないのである。

だいたいぼくは、人に忠言をしたり、反論・説教をしたりするのは、飲んで泥酔しているときを除いては、あまり好きではない。言えば解る相手なら、それでもまだしなくもないが、そうでなければ、「言ってもムダ」という話であり、そんな面倒なことをするのなら、距離を置いたり、縁を切ったりした方がいい。

首相にたいしてもそう思い、原発のことなどで、関係者の利権を守ることに終始しているのを見ても、選挙のときなどを除いては、あまり何も言わなかった。

 

日本国民もバカではないから、そのうち化けの皮も剥がれるだろうと思っていたが、首相は2回の選挙で大勝し、盤石な基盤を築いたと見るや、さらにこちらに踏み込み始めた。秘密保護法を強行採決し、国民の権利を制限する方向へ出たのである。

これは首相の、国民にたいする、はっきりとした挑戦だとぼくは感じた。

権力者が情報を制限すれば、国民に知られずに、何でも好きなことをすることができる。

 

そしてさらに、先日の、集団的自衛権の閣議決定。首相は権力者が守るべき法律である憲法を、いともたやすく無視する挙に出た。

これは、あまりにひどいだろう。

法律を公然と無視することは、絵に描いたような「悪徳」であり、首相がそれをやってしまえば、法治国家であるはずの日本はガタガタになってしまう。

 

この期に及んで、ぼくはこれを、放置してはいけないと思った。強行採決も許しがたいが、憲法を公然と無視するなど、国民をナメきっているだろう。

 

悪徳は、やはり排除されなければならない。

微力ではあるけれど、何かしないといけないと思ったのである。

 

そう思っていたら、ちょうど、お世話になっている喫茶店「PiPi」の店主マチコちゃんが、デモを主催することになったと聞いた。

NO WAR SOUND DEMO

「京都 NO WAR サウンドデモ 2014.09.06 sat」公式ページ

「戦争反対」をスローガンに、京都市内を練り歩くそうである。

 

実際いま、日本が戦争に巻き込まれることは、現実的に十分あり得る。

ウクライナやガザ、イラクでの緊張が高まっているから、そこにアメリカがさらに踏み込むことになった場合は、もし日本が自衛隊を海外派兵できるようになっていれば、アメリカからの要請で、それらの戦闘地域へ、自衛隊は送られることになるだろう。

 

首相は今、「徴兵は行わない」と言っているが、TPPにしたって公約では反対していた首相のこと、そんなの信じられるはずがない。

戦闘が拡大すれば、若い人が次から次へと徴兵され、戦地に送られる可能性も、全くないとは言えないだろう。

 

デモくらいをしたところで、その流れを止めることができるのか、ぼくにもよくは解らない。状況は大きく動いているから、このままなし崩しで進んでしまうのかもしれない。

 

しかしそれを、何もせずに見ているのは、よくないと思うのだ。

あとで後悔しないためにも、どんなに小さなことであっても、できることはしていきたいと思っている。

 

「暗い時代になってきたね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

安倍首相がなぜ支持されるか、ぼんやりと考えたのである。

安倍首相は「悪」である。

今どきの市民運動がとてもカッコイイことに、強烈な新しさを感じたのである。

年長者が行動を起こせば、その分、日本の未来は明るくなるのである。

都知事選が日本が変わるきっかけになってくれたらいいと思うのである。(豚肉とカブの吸物)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-089 日本について
-