ソーミンチャンプルーはごくごく簡単にできるのに大変うまいのである。

2014/08/05

 
昼飯はソーミンチャンプルーにした。

ソーミンチャンプルー

ソーミンチャンプルーはごくごく簡単にできるのに、大変うまいのである。

 

ソーミンチャンプルーは、時間にして5分ほど、ごくごく簡単にできるのに、大変うまい。調味料は塩コショウだけという、最低限のものでありながら、さすが沖縄の料理だけあり、エスニックな雰囲気が漂うのである。

材料は、そうめん2把と、ツナ缶、それにニラまたはネギ。

ニラが一番エスニックにはなるけれど、長ねぎ、青ねぎでも、問題は全くない。

 

まずはお湯を沸かして、そうめんを1分ゆでる。ゆでたらザルに上げ、水で洗い、水気を切る。

フライパンに、油ごとのツナ缶と、ざく切りにしたニラなり、斜め切りにしたネギなりを入れ、強火にかける。

サッと炒めたらそうめんを入れ、塩一つまみを振って1分炒め、コショウを振って火から上げる。

 

ソーミンチャンプルーは、炒め過ぎないのがコツとなる。

ソーミンチャンプルー

酒はビールが合うが、焼酎でもいい。

 

「ちょっとビーフンにも似た食べ応えだよね。」

チェブ夫

そうなんだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯

 

◎関連記事

ツナとナスは焼きそうめんによく合うのである。

トマトとツナの焼きソバは、さわやかな夏の味である。

炒め物をチャーハンに入れるととてもうまいのである。

ツナと卵の焼きソバは、ビールと絶妙なコンビネーションなのである。

ツナのチャーハンが激しくうまかったのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-06 昼飯