【酸辣湯うどん】ヘタな中華麺を使うよりうまい

「酸辣湯麺(サンラータンメン)」は激辛酸っぱいラーメンのことですが、その麺をうどんにしたのが「酸辣湯うどん」。袋に入ったゆで麺を使う場合、ヘタな中華麺よりうどんの方がうまいです。





 

つくるポイント

豚肉は厚めのを選ぶとうまい

豚肉はうす切り肉でもいいですが、「焼肉用」とか、またはブロック肉を自分でスライスして使うとかして、3~5mmくらいの厚めのものにすると、食べ応えがあってうまいです。

部位はバラ肉が脂が出てうまいですが、これは好みで肩ロース・ロースなどを使ってもかまいません。

野菜はシャッキリしたものにするとさわやか

入れる野菜は、さわやかな酸味を加えるためのトマト以外は、今回入れたのはたけのこ・玉ねぎとピーマン。これらをシャッキリと仕上げると、さわやかさが一段とアップします。

たけのこはどうやってもシャッキリしますが、玉ねぎとピーマンをシャッキリとさせるためには、火を通しすぎないこと。いちばん最後に入れて、ひと煮立ちさせるくらいでOKです。

トロミをつけると申し分なし

トロミをつけるかつけないかは好みですが、トロミはつければまたうまいです。

汁が麺にからみまくって、3,422回は死ねる味になります。

つくり方

STEP1 香味野菜と豚肉をじっくり炒める

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ1(サラダ油よりもコクが出ます)
  • にんにく 1~2かけ(みじん切り)
  • しょうが 1センチ大ほど(みじん切り)
  • 豆板醤 大さじ1
  • 豚スライス肉 100グラムほど
  • 塩 小さじ8分の1(豚肉にふりかける)

を入れ、弱火にかけてジュージュー言い出してから5分くらい、豚肉を豆板醤になすりつけながらじっくり焼く。

STEP2 たけのこを加えて煮る

  • 水煮たけのこ 4分の1本など(3mm厚さくらいに切る)

を入れてさらに1分ほど炒めて油をからめ、

  • 酒 大さじ2
  • みりん 小さじ2
  • うすくち醤油 大さじ1(うすくちにするのは色を黒くしないため)
  • オイスターソース 小さじ2

を加えて、1~2分煮て味を含ませる。

  • 水 400cc

を入れ、フタをして火を強め、煮立ってきたらまた弱火にし、コトコト10分くらい煮る。

味を見て、

  • 塩 少々

をくわえて味を調える。

STEP3 野菜と麺をくわえてトロミをつける

中火にし、

  • 玉ねぎ 4分の1個(1~2cm幅のくし切り)
  • ピーマン 2分の1個(同上)
  • トマト 小さめのなら1個(8等分のくし切り)
  • ゆでうどん 1人前

を入れてひと煮立ちさせる。

弱火にもどし、

  • 片栗粉 大さじ1+2分の1
  • 水 同量

を混ぜながら少しずつ入れてトロミをつける。

  • ゴマ油 小さじ1
  • 酢 大さじ1

を入れ、ひと混ぜして火を止める。

器に盛り、(粗挽き)コショウをかけて食べます。

豚肉が入って超コッテリとしていながら、激辛酸っぱくさわやかで、夏にはもってこいの食べ物です。

ちなみにもし沖縄のそば麺が手に入るのなら、うどんのかわりにそれを使うとさらにウマイです。











ランキングアップや拡散の、ご協力をいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-