豚肉とブロッコリーのトマトみそ汁 レシピ ~ 煮込んだトマトの酸味とコクがまじでうまい

2017/05/17

これまでは最後にくわえ、サッと煮るだけにしていたトマトを、最初に炒め、じっくりと煮込んだみそ汁。しょうゆとは相性がイマイチのトマトもみそとはよく合い、このトマトみそ汁、2,837回は死ねるほど、まちがいなくウマイです。





 

煮込んだトマトはみそにはよく合う

みそ汁に入れるトマトをこれまで最後に入れていたのは、「煮込んだトマトは和食に合わない」と思い込んでいたから。ずいぶん前、鍋料理にトマトを入れようとして、さんざん試行錯誤した末にそのような結論に達しました。

実際煮込んだトマトは、しょうゆベースの和食には、ケンカするようになってしまって合いません。でもみそは、トマト料理の隠し味にも使うことがあるわけで、トマトとは相性がいいんですね。

ふと思いついてやってみた、この煮込んだトマトによるトマトみそ汁、トマトのさわやかなコクが出て、とてもとてもウマイです。

作るのも簡単なので、試してみるのはヒジョーにおすすめです。

ブロッコリーは下ゆでして入れるのが吉

使う材料は、まずは豚肉。煮込んでも硬くなりにくいバラ肉がおすすめで、さらにうす切り肉より、焼肉用などの3ミリくらいの厚さがあるのが、食べごたえがあってうまいです。

トマトといっしょに煮込む相手は豆腐を使いましたが、これは厚揚げでもまちがいなくうまいはず。シャッキリ担当は玉ねぎですが、たけのことシメジも入れれば絶対うまかったのを、今回は入れるのを忘れました。

シメジは玉ねぎといっしょに最後に、たけのこは豆腐といっしょに初めに入れます。

ブロッコリーはそのまま入れてもいいですが、ひと手間かけて下ゆでしておくのがおすすめです。その方が、緑色がきれいに出るからです。

だしは煮干しを使うつもりだったのを、入れるタイミングを逃したのでオイスターソースにしました。

煮干しもぜったい悪くはないはずですが、トマトのコクがかなりあるため、トマトみそ汁にはオイスターソースのほうが合うかもしれないです。

作り方

STEP1 ブロッコリーを下ゆでする

  • ブロッコリー 1茎

はふさを切り取り、さらに茎の部分は厚く皮をむいて5ミリ角くらいの拍子木に切る。

フライパンにたっぷりのお湯を沸かして塩2つまみほどを入れ、まず茎を40~50秒ゆで、次にふさを入れて10~20秒したらザルに上げる。

ブロッコリーはすぐに火が通るので、ゆで過ぎないのが一つのコツです。

STEP2 豚肉を炒める

改めてフライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ1
  • にんにく 2かけ(みじん切り)
  • 豆板醤 小さじ2~3(好みで)
  • 豚ばら肉焼肉用 150グラムほど(食べやすい大きさに切る)

を、豚肉は広げてならべ、

  • 塩 小さじ8分の1(1つまみ)

を豚肉にふりかける。

弱めの中火くらいにかけ、5分ほどじっくり炒める。

STEP3 トマトを加えて煮込む

  • トマト 1個(ざく切りにする)

を入れ、5分ほど、トマトの形がなくなるまでじっくり炒める。

  • 木綿豆腐 200グラムくらい(両手で上下からやさしく抑えて水切りし、1~2センチ大の食べやすい大きさに切る)

を入れてひと混ぜしたら、

  • 酒 大さじ3
  • みりん 大さじ1
  • オイスターソース 小さじ2

を入れて、さらにひと混ぜして味をなじませる。

  • 水 600cc

を入れて火を強め、煮立ってきたら弱火にし、10分くらいじっくり煮込む。

STEP3 ブロッコリーを加えてみそを溶き入れる

  • 玉ねぎ 2分の1個(1~2センチ幅のくし切り)
  • ザルに上げておいたブロッコリー

を入れて、

  • みそ 大さじ3程度(味をみながら)

を溶き入れる。

煮立ってきたら器によそい、粗挽きコショウをわりとたっぷりかけて食べる。

トマトのさわやかな酸味とコクが、マジでたまらない一品です。

豚肉とブロッコリー・トマトの相性も、最高です。











ランキングアップや拡散の、ご協力をいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-,