スパムとレタスの激うまチャーハン レシピ ~ パラパラにするコツは卵をしっかりからめること

スパムのしっかりとしたコクがありながら、レタスでシャッキリさわやかな激うまチャーハン。パラパラに仕上げるコツは、途中で一度火を止めて、卵とご飯をしっかりとからめることです。





 

冷ご飯の処理法としてお茶漬け・お粥とならんで代表的な方法の一つであるチャーハン。「パラパラと仕上げるためには温かいご飯を使うといい」とするレシピもありますが、前日の残りの冷たいご飯を使っても、もちろんのことうまく行きます。

残りご飯をチャーハンに使う場合、これはお茶漬け・お粥も同様ですが、ごはんは冷凍しておく必要はありません。冷蔵庫で保存して、それをそのまま出してきて使うのでOKです。

また残りご飯はないけれど、チャーハンが食べたい場合……。

「サトウのごはん」をチンせずにそのまま使うとおいしくできます。

チャーハンをパラパラに仕上げるコツ

チャーハンをパラパラに仕上げるためには「強火で炒める」ことが大事だと思っている人がいると思いますが、そんなことはありません。

火加減は中火で十分。シロウトが強火を使うと、かえって焦がしてしまったりして失敗の確率が高くなります。

ご飯と卵をよくからめることが最大のコツ

チャーハンをパラパラに仕上げるための最大のコツは、「ご飯と卵をよくからめること」です。それによってご飯つぶの一つ一つが卵によってコーティングされ、水気がしみ込みにくくなるからです。

レシピによっては、ご飯と卵をあらかじめ器でよく混ぜて、それを鍋に入れるようにするのもありますが、そこまでする必要はありません。

フライパンの火を一度止めてしまって、そこへ卵とご飯を入れてよく混ぜれば十分です。

水気のでる材料は極力使わないようにしよう

それから水気のでる材料を極力使わないようにするのも、チャーハンをパラパラに仕上げるためには大切。

でも今回のスパムとレタスのチャーハンでは、レタスと、あと玉ねぎが、炒めると水がでます。その場合にはそれらを最後に加えるようにし、水がでる前に火から上げてしまうことがポイントです。

スパムとレタスのチャーハン つくり方

STEP1 スパムを炒める

フライパンに、

  • サラダ油 大さじ1
  • にんにく 1~2かけ(みじん切り)
  • スパム 50グラムくらい(5ミリ~1センチくらいの角切り)

をいれて中火にかけ、2~3分じっくり炒めます。にんにくは多少茶色になっても問題ないです。

STEP2 卵とご飯をいれてよく混ぜる

一度火を止め、

  • 生卵 1個

を割り落とし、

  • 冷ご飯 1人前

をくわえてよく混ぜます。ヘラやスプーンでご飯のダマをおし潰し、ご飯一粒一粒に卵がからみつくようにします。

STEP3 ご飯を炒める

・塩 小さじ2分の1

をくわえて中火をつけ、ご飯を炒めます。

最初だけはくっつきやすいのですぐに返した方がいいですが、あとはヘラやスプーンでご飯をつぶし、「炒める」というより「焼く」感覚で、あまりかき混ぜたりなどせず30秒ほど火にかけ、上下を返すようにします。

これを3~4回くり返すと、特に鍋を振ったりしなくても、ご飯はパラパラになっていると思います。

STEP4 レタスをくわえて仕上げる

ご飯がパラパラになったらそれ以上炒めすぎないようにして、

  • レタス 3枚ほど(4~5センチ大の大きめにちぎる)
  • 玉ねぎ 4分の1個(みじん切り。長ねぎ10センチほどでもいい)
  • オイスターソース 小さじ2

を入れます。

全体をサッと混ぜ、

  • コショウ 少々

をふり、レタスのシャキシャキ感を残して皿に盛ります。

ほとんどおなじ作り方をするほかのチャーハン

ウインナーと水菜のチャーハン

上のチャーハンのスパムをウインナーに、レタスを水菜に替えただけで、作り方はまったくおなじです。

ケチャップライス

こちらは上のスパムとレタスのチャーハンを、

  • サラダ油 ⇒ オリーブオイル
  • スパム ⇒ ウインナー
  • レタス ⇒ ピーマン(2分の1個・みじん切り)
  • オイスターソース ⇒ ケチャップ(大さじ1)

と替え、まったく同じように作ったものです。











ランキングアップや拡散の、ご協力をいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉