【チリソースのゴーヤーチャンプルー】チリソースというよりは、ちょっとトマトソースみたいな味になるのだが、まちがいなく2,974回は死ねる

先日作った「激辛ゴーヤーチャンプルー」は、マーボー味にしようと思ってしょうゆを入れるのを忘れたのだが、これがちょっとエスニックな趣きでとてもうまかった。
今思えばこれは、にんにく・唐辛子(豆板醤)・砂糖(みりん)・酢、それにオイスターソースを使っているから、巧まずしてスイートチリソース的なものを作ってしまったわけである。





 

そこで今回、上の構成にケチャップを加え、「チリソースのゴーヤーチャンプルー」を作ってみたのだ。

これはまず初めに言っておくと非常にうまくて、2,974回はまちがいなく死ねる。

 

ただ問題は、あまりチリソースっぽくないのである。

チリソースといえば、エビチリ。やはりイメージ的に魚介に合わせるものだから、豚肉であるスパムに合わせると、チリソースというよりは「トマトソース」と言いたくなる。

でもチリソースを豚肉に合わせてはいけないという法律はないわけだし、南米の似たような味つけの料理「チリコンカン」にはひき肉を使うのだから、ここでも「チリソースのゴーヤーチャンプルー」で押し通すことにした次第。

 

作るコツは、スパムやにんにく・豆板醤・ケチャップなどを、弱火でじっくり炒めること。

これらのうまみが溶けまくった油が、味の決め手になるのである。

 

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ1
  • にんにく 1~2かけ(みじん切り)
  • 豆板醤 大さじ1
  • ケチャップ 大さじ2
  • 減塩スパム 80グラムとか(=340グラム入り1缶の4分の1。5ミリ厚さ程度のたんざくに切る)
  • 木綿豆腐 200グラムなど(2センチ第程度に切る)

を入れて弱めの中火にかけ、5分くらい、豆腐の水気がほとんど飛ぶまでじっくり炒める。

 

  • ゴーヤー 2分の1本(ヘタを落としてタテ半分に切り、スプーンでわたをかき出して5ミリ幅くらいに切る)
  • 長ねぎ 3分の1本くらい(ななめ切り)

を入れ、1~2分炒めて油をなじませ、

  • 酒 大さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 水 200cc
  • オイスターソース 小さじ1
  • 塩 小さじ8分の1(ほんのひとつまみ。スパムにもケチャップ・豆板醤・オイスターソースにも塩気があるから、塩はけっこう十分なのだが、やはり塩はちょっとでも入れたほうが味が引きしまる)
  • コショウ 少々

を入れる。

5~10分、ゴーヤーが適度にやわらかくなるまでコトコト煮たら、

  • 片栗粉 大さじ1
  • 水 大さじ1

の水溶き片栗粉を、混ぜながら少しずつ加えてトロミをつける。

最後に、

  • 酢 小さじ2

くらいを加え、ひと混ぜして皿に盛る。

 

いやこれはほんとにウマイんすよ……。

 

だいたいトマトと豚肉は相性が非常によいわけだから、たとえチリソースっぽくなかったとしても、ゴールデンな味なのだ。

 

そしてこれが、また完全に死にそうになるほど、酒に合うのだ。

ここまで酒に合ってしまうと、べつにそれがチリソースであってもなくても、飲み過ぎてしまうのは仕方ないのだ。

 

「仕方なくないよ」

そうだよな。











ランキングアップや拡散の、ご協力をいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-