唐辛子とよく合うゴーヤは家常豆腐に入れると493回死ねる

ゴーヤの家常豆腐

ゴーヤは唐辛子とよく合うのだ。ピリ辛の家常豆腐に入れると493回死ねる。





 

ゴーヤが唐辛子によく合うのは、おなじウリ科のキュウリのことを考えてみればわかる。キュウリは韓国でキムチにもするわけで、ピリ辛味との相性はとてもいい。

そしてゴーヤは豆腐、および豚肉との相性も、ゴーヤチャンプルーの名トリオであることからも分かる通り非常にいい。

ゴーヤの家常豆腐

となれば豚肉と揚げた豆腐をピリ辛味で煮込む家常豆腐(ジャーチャンドウフ)に入れない手はないのである。

 

家常豆腐を作る際には厚揚げを買うと手間が省ける。きょうは豆腐を買ってしまってあったため自分で焼いたが、それも別にむずかしい話ではない。

作り方は、中華だから多少調味料などは多めになるが、むずかしいことはない。弱めの火でゆっくりやれば、失敗することもないはずだ。

 

作り方

ゴーヤの家常豆腐 作り方

フライパンにサラダ油・大さじ1を入れて弱めの中火くらいにかけ、2センチ厚さくらいに切った木綿豆腐・2分の1丁をじっくり焼く。

片面に5分くらいかかると思うが、両面にこんがりと焼色がついたら取り出しておく。

 

ゴーヤの家常豆腐 作り方

あらためてフライパンに、

  • サラダ油 大さじ1
  • ニンニク 1かけ (みじん切り)
  • 豆板醤 大さじ1

を入れて強めの弱火くらいにかけ、2~3分じっくり熱して味をひき出す。一旦火を止めて、豚こま切れ肉・100グラムくらいを食べやすい大きさに切って広げて入れ、塩・小さじ4分の1を振って弱めの中火くらいにかける。

ちなみに肉を炒める場合は、火は弱めの方がいいのだ。火が強いと肉が硬くなるからだ。

肉にだいたい火が通ってきたくらいのところで、ゴーヤ・2分の1本(タテ半分に切り、スプーンでわたをかき出して5ミリ幅くらいに切る。ゴーヤは煮込むわけだから、厚めに切ったほうがウマイ)を入れ、1~2分炒めて味をからめる。

 

ゴーヤの家常豆腐 作り方

  • 水 1カップ
  • 酒 大さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 薄口しょうゆ 大さじ1
  • オイスターソース 小さじ1

を入れて煮立て、弱火でフタをして2~3分煮込んだら、玉ねぎ4分の1個(1センチ幅くらいのくし切りにする)を加え、さらに1~2分煮る。

 

ゴーヤの家常豆腐 作り方

  • 片栗粉 大さじ1
  • 水 大さじ1

の水溶き片栗粉を混ぜながら少しずつ加えてトロミをつける。

  • 酢 小さじ1
  • ゴマ油 小さじ1

をたらして火を止め、皿に盛って粗挽きコショウをたっぷりかける。

 

これは、まじでウマイのだ。

ゴーヤの家常豆腐

 

ご飯が236杯くらいは食べられる。

ゴーヤの家常豆腐

 

そして今朝も、このゴーヤの家常豆腐はまちがいなく酒にも合うというのに、「朝だから」というだけの理由で飲まなかったわけである。

朝だから飲まないというならば、夜だって飲まないとなりかねないわけであり、僕は非常に危ない道を歩んでいるように感じる。

 

「危なくないよ」

チェブ夫

そうだよな。










ランキングアップや拡散の、ご協力いただけますと、管理人は喜びます。

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-