15分でできてスゴイうまい。【菜の花と豚肉のチャンポン・簡易版】

2016/02/13

菜の花と豚肉のチャンポン・簡易版

きのうの夜に作った菜の花と豚肉のチャンポンを、下ごしらえなし・炒めなし、15分足らずでできるようにしたもの。なのにスゴイうまいから、これはおすすめ。

 

◎スポンサーリンク



 

残っていた菜の花と豚肉を、きょうの昼はチャチャッと焼きそばにするつもりでいた。菜の花と豚肉の焼きそばも、うまいのは絶対まちがいない。

でもきのうの晩の、菜の花と豚肉のチャンポンがうま過ぎたのだ。どうしてもまた食べたくなったのだが、きのうのはそれなりに手間がかかっているから、おなじことを昼にもやる気はしない。

 

そこで下ごしらえなし、炒めなし、鍋に順に材料を入れていくだけ、15分足らずでできてしまうやり方で、きのうとおなじ材料を使ったチャンポンを作ってみた。

菜の花と豚肉のチャンポン・簡易版

そしたら、すごくウマかったのだ。

 

もちろんきちんと下ごしらえし、炒め煮をしたものの方が、コクがあってウマイはウマイ。でもこれも、下手なラーメン屋のラーメンよりよっぽどイケているという話であって、15分でできるのなら、忙しい時などこれで十分。

 

料理初心者の人は、あまりレシピが複雑だと、こなし切れないこともあるかと思う。

これならインスタントラーメンを作るのに毛が生えた程度の手間でできるから、試してみるのはおすすめだ。

 

菜の花と豚肉のチャンポン・簡易版

 

火にかけた鍋に順番に、ただ材料や調味料を入れていくだけだから、まずその順番を守ることが大切だ。はじめに入れるのはだしの具材と菜の花以外の野菜、それから味をつけ、そのあと豚肉、最後に麺と菜の花ということになる。

それから麺と菜の花はすぐに火が通るから、煮過ぎないようにするのが何より肝心。水溶き片栗粉だけはあらかじめ用意して、麺を必要な時間煮たら、即座にトロミをつけるようにする。

 

だしの具材は、干し椎茸と、それに干しエビ。

干しエビ

干しエビは100円くらいで、使い出はとてもあるから、買っておくのはおすすめだ。

 

菜の花と豚肉のチャンポン・簡易版 作り方

鍋に3カップの水を入れ、強めの弱火くらいにかける。

  • 干し椎茸(中) 2~3枚
  • 干しエビ 大さじ1
  • ニンニク 1かけ (包丁の腹でつぶして皮を取る)
  • ニンジン ちょびっと (2ミリくらいの厚さに切る)
  • タケノコ 4分の1本 (同上)
  • 長ねぎ 10センチくらい (斜め切り)

をこの順番で入れて、5分くらい、「ニンジンがそろそろ柔らかくなってきた」というくらいまで煮る。

ここで椎茸をいったん取り出し、石づきの先端を切り落として1センチ幅くらいに切り、またもどす。

 

  • 酒 大さじ2
  • みりん 小さじ2
  • 薄口醤油 大さじ2
  • コショウ 1~2ふり
  • 豚コマ肉 50~100グラム (食べやすい大きさに切る)

を入れて、豚肉の色がほぼ変わるまで煮る。

沸騰が止まってしまってもかまわないから、火加減はそのまま強めの弱火くらいにしておく。

 

ここで煮ながら、菜の花・1つかみを点検し、長さが5センチくらいならそのままで、10センチくらいなら、半分に切って葉と茎を分けておく。もし手間取っら、火を止めてしまってもかまわない。

 

菜の花と豚肉のチャンポン・簡易版 作り方

中火にし、一度沸騰させてから、

  • 菜の花の茎

を入れ、

  • 中華麺 1人前 (ゆででも蒸しでもどちらでもいい。「焼きそば麺」でも問題ない)

を鍋の片側に寄せて入れる。

30秒したら、

  • 菜の花の葉 (茎と葉を分けなかった場合は、こちらで全部)

を入れる。

さらに30秒、麺を入れてからきっかり1分したら、

  • 片栗粉 大さじ2
  • 水 大さじ2

の水溶き片栗粉をスプーンで混ぜながら加え、トロミをつける。

最後に、

  • ゴマ油 小さじ1

を入れ、ひと混ぜしてどんぶりによそう。

 

好みで粗挽きコショウをかける。

菜の花と豚肉のチャンポン・簡易版

 

これはほんとにウマイから、ぜひともやってみてもらいたい。

菜の花と豚肉のチャンポン・簡易版

 









ポチッとな。

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-