簡単で死ぬほどウマイ。【豚しょうが焼きプルコギ風】

2016/01/21

豚しょうが焼きプルコギ風

豚肉と玉ねぎ、ニンジン、ニラに、ニンニクを加えたしょうがやきのタレをもみ込んで焼く、豚しょうが焼きのプルコギ風。これは簡単で、死ぬかと思うほどウマイから、ぜひ作ってみるべきだ。

 

◎スポンサーリンク


 

食事のたびに、「ああ、おれは天才だ」と、しみじみと思う毎日。きのうもうまいものを作ってしまった。

豚しょうが焼きのプルコギ風。

豚しょうが焼きプルコギ風

 

豚しょうが焼きは、日本の豚肉料理としては、定番中の定番だ。作るのも簡単だから、メニューのローテーションに入れている人も多いと思う。

ただこの豚しょうが焼き、味のバランスをよくよく点検してみると、一味足りないはずである。醤油とみりん、しょうがだけではコクがたりないわけで、ここでほんだしや鶏がらスープの素など化学調味料に頼る人も多いのではないか。

でもその「一味足りない」ところにこそ、向かい合うべきなのだ。

 

豚肉は豚肉で、しっかりとしたコクがあるはず。それなのに、「コクが足りない」と感じるのは、不思議といえば不思議だろう。

これは、豚肉と醤油の相性が悪いことによるのである。

とんかつに醤油だけかけて食べることを想像すれば、わかるはずだ。日本人は、この豚肉と、日本の基本調味料・醤油の相性の悪さをおぎなうため、ウスターソースを初めとするさまざまな調味料や手法を開発してきた。

 

豚しょうが焼きにおいて、豚肉と醤油の相性の悪さをおぎなっているのは、「しょうが」だ。でもしょうがだけだと役不足なので、一味足りなくなるというわけだ。

 

この「一味足りない」ところにこそ、日本の醤油をつかった肉料理の特徴があると思う。だからそれを愛で、「足りないからこそ可愛い」という気持ちを持つのも大事だ。

でもそれと同時に、「なぜ一味足りないのか」の、根本原因に迫ろうという気概も、料理する上では必要ではなかろうか。

 

ひとことで言えば、その原因は、「ニンニクを使わないから」なのである。

ニンニクは、豚肉と醤油を強力に橋渡しする効果があり、中国でも韓国でもニンニクを使うから、「一味足りない」という問題は発生しない。

日本は鎌倉時代以降、文明開化まで、ニンニクの使用が禁じられてきた。それからも、つい最近まで、積極的にニンニクは使われなかった。

そのため、この肉料理の一味足りない味が続いてきたというわけだ。

 

なので、豚しょうが焼きにニンニクを入れさえすれば、一味足りない問題は完全に解決する。豚しょうが焼きが、リッチでバランスの取れた味になるのである。

まずは豚しょうが焼きにおろしたニンニクを1かけ分、加えてみるのはおすすめなのだが、きのうはさらにこれを推し進め、韓国の「プルコギ風」にあつらえた。

豚しょうが焼きプルコギ風

 

プルコギは、牛肉に玉ねぎ、ニンジン、ニラなどの野菜を合わせ、砂糖と醤油、ニンニク、ゴマ油などのタレをもみ込んで焼いたもの。この肉を豚肉にし、タレにたっぷりのしょうがを加えるという企画。

これが実際作ってみたら、実に簡単にできるのに、死ぬかと思うほどウマかったわけである。

 

 

豚しょうが焼きプルコギ風

フライパンに、

  • 豚こま肉 200グラム
  • 細く刻んだ玉ねぎ 2分の1個
  • とても細く刻んだニンジン 細いところ4~5センチ分
  • ざく切りのニラ 2分の1把

を入れ、

  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • おろしたニンニク 1かけ分
  • おろしたしょうが 2~3センチ大(わりとたっぷり)
  • ゴマ油 大さじ2分の1
  • コショウ 1ふり

を混ぜたタレをかけ、手でもみ込む。

 

豚しょうが焼きプルコギ風

中火にかけ、肉の色が変わるまで炒めれば、出来上がり。

 

 

皿にせん切りにし、水に浸しておいたキャベツを敷いて、その上に汁ごと盛る。

豚しょうが焼きプルコギ風

 

これは、死ねる、、

豚しょうが焼きプルコギ風

ほんとうにウマイから、ぜひ作ってみるべきである。

 

 

あとは、大根のわかめスープ。

大根のわかめスープ

鍋に、

  • 水 2~3カップ
  • 頭とわたを取った煮干し 1~2つまみ
  • つぶしたニンニク 1かけ
  • 乾燥わかめ 2~3つまみ
  • 拍子木に切った大根
  • 細く刻んだ油あげ

を入れて中火にかけ、煮立ってきたら弱火にし、5分くらい煮る。

  • 酒 大さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 淡口醤油 大さじ1~2
  • コショウ 1ふり

で味をつけ、さらに5分くらい、大根がやわらかくなるまで煮る。

お椀によそい、青ねぎとゴマをかける。

 

それに、白めし。

白めし

 

酒は、焼酎水わり。

焼酎水わり

 

料理がうまいと、どうしても酒を飲み過ぎる。

でもまずい料理をつくることができない以上、それは仕方がないのである。

 

「屁理屈はキライだよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎関連コンテンツ





 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-