涙がでるほどウマイ。麻婆なすトマト入り

2016/07/20

麻婆なすトマト入り

八百屋に地元産のなすが出まわり始めた。この夏も、何十本かのなすを食べることになるわけである。

なすといえば、筆頭料理はやはり麻婆なす。この麻婆なすにトマトを入れると、涙がでるほどウマイのだ。

 




 

麻婆なすは、要は「なすの甘辛味噌炒め」。なすと味噌の相性がいいことは、なすの代表料理に味噌田楽があることからも分かる通り、知れた話だ。

このなすとトマトが、また実に相性がいいのである。

よく知られた料理としては、「ナスミート」。なすとトマトは、近縁の品種なのだそうだ。

 

なので、麻婆なすにもトマトを入れると大変ウマイ。

麻婆なす

こってりとした味が、一気に爽やかになるのである。

麻婆なすは普通でも最後に酢を入れるのだが、トマトの酸味がそのかわりと思ってもいい。

 

さらにきのうは、香味野菜として普通なら長ねぎを使うところを、玉ねぎを使ったのだ。これがまた、実に、実にうまかった。

玉ねぎにトマトだから、ちょっとトマトソースにも似た、洋風っぽい穏やかな味になるのである。

玉ねぎを使ったのは、ただ単に長ねぎがなかったからだが、こういう、偶然が新たな発見をもたらすことは、料理にはよくあることだ。

 

麻婆なすは大して難しい料理ではないから、失敗はあまりないと思うが、トマト入りにした場合、トマトを煮すぎないのがポイントの一つとなる。トマトは煮すぎるとすぐに溶けてしまうから、半生くらいで火から上げ、形が残るようにする。

それから味噌は、八丁赤だし味噌がうまい。なすもトマトも、赤だし味噌との相性がバツグンなのだ。

 

 

まずはフライパンにゴマ油・大さじ1、サラダ油・大さじ1を引いて中火にかけ、3センチ大くらいの乱切りにしたなすをじっくり炒める。

麻婆なすトマト入り

あとから煮るからあまり火を通し過ぎないようにし、「しんなりし始めたかな」というあたりで炒め上げ、皿にとり出す。

 

改めてフライパンにゴマ油大さじ2を引いて中火にかけ、豚ひき肉150グラムをじっくり炒める。

麻婆なすトマト入り

たぶん4~5分かかると思うが、水分が蒸発する「パチパチ」という音がしなくなるまで炒め、肉の水気をしっかり飛ばすのがポイントだ。

 

水気が飛んだら、

  • 玉ねぎみじん切り 4分の1個分
  • ショウガみじん切り 2センチ大
  • 豆板醤 大さじ2
  • (好きな人はニンニクみじん切り 1片)

を加え、さらに炒める。

麻婆なすトマト入り

2~3分炒めたら、

  • 赤だし味噌 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1

を混ぜ合せておいたのを加えて1分ほど炒め、味がなじんだら、水・1カップを入れる。

 

煮立ったら味をみて塩加減をし、とり出しておいたなすを加えて弱火で5分くらい煮る。

麻婆なすトマト入り

 

最後に6~8等分のくし切りにしたトマトを加え、20~30秒煮たら中火にもどし、

  • 片栗粉 大さじ1
  • 水 大さじ1

の水溶き片栗粉を、混ぜながら少しずつ加えてトロミをつけ、火を止める。

麻婆なすトマト入り

 

 

皿に盛り、青ねぎをふる。

麻婆なすトマト入り

 

これはほんとに、あまりにウマくて、食べながら思わず涙がでた。

麻婆なすトマト入り

 

 

あとは、とろろ昆布の温く奴。

とろろ昆布の温奴

 

おととい作った万願寺とうがらしの炊いたん。

万願寺とうがらしの炊いたん

 

それに塩もみキュウリのおかかポン酢。

塩もみキュウリのおかかポン酢

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

 

酒はいつも、まず飯をつくる前に2杯ほど飲み、つくりながら3~4杯飲み、食べながら2杯飲む。明らかに飲み過ぎで、翌日には体がダルい。

「量をもう少し減らせないか」と思わないこともないのだが、やり方が分からない。

分からなければ、やりようもないわけで、これは仕方がないのである。

 

「少しは努力してみたら?」

チェブ夫

そうだよな。










拡散協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-