琴ヶ瀬茶店は、嵐山の「穴場中の穴場」なのだ

2015/04/07

きのうはあまりに天気がよかったので、嵐山で花見をした。

琴ヶ瀬茶店

琴ヶ瀬茶店は、嵐山の「穴場中の穴場」なのだ。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

※読んでくださった方は、ぜひアマゾンへ、レビューの投稿をお願いします!
 http://ossanhitorimeshi.net/?p=15418

 
 

きのうはブログの更新を終え、家に帰る道中、雲一つないいい天気だったのである。

いい天気

折しも桜は満開。きょうからは一週間ほど雨の予報になっていたから、週末に2連発で花見の予定があるとはいえ、本当に気分よく花見をしようと思ったら、京都ではきのうしかないと思われた。

 

やることは、色々あった。仕事はただでさえも滞っているし、さらに急に舞い込んできた話があり、そのために人に会ったり、資料を作ったりもしないといけなかった。

しかしムラムラと、邪まな気持ちが湧いてくる。

「桜が見たい、、、」

 

家に帰って、冷静になって考えてみた。すべてを投げ出して桜を見に行ってしまえば、あとで後悔するのは分かっている。

にもかかわらず、桜を見たい気持ちは、とめどなく膨らみ続けていた。

 

ここまで見たくなってしまったのなら、これはもう、仕方がない。

ぼくは嵐山電車・四条大宮駅に向かい、嵐山行きの電車に飛び乗った。

嵐山電車

向かうのは、「琴ヶ瀬茶店」である。

 

琴ヶ瀬茶店は、嵐山における「穴場中の穴場」といえる。

琴ヶ瀬茶店

ちょっと行きにくい場所にあるため、観光客でごった返す行楽のトップシーズンでも、お客さんはほとんどない。

なぜそれで経営が成り立つのかといえば、この店は、保津川下りの売店船を運営するのが収益の柱になっているからだ。茶店は、売店船の中継基地のついでにやっているわけで、あまりガツガツとやる必要がないようだ。

 

茶店からの景色は最高。

琴ヶ瀬茶店

茶店から目と鼻の先に川面があり、その向こうに山を見渡すことができる。嵐山の川沿いには何軒かこの手の茶店があるのだが、ここがいちばん景色がいい。

しかも山の北側にあるから直射日光が差し込まず、真夏でもひんやり涼しい。

 

この店は、これまで何度かブログに取り上げ、食べログにも投稿してあるのだが、お客が増える気配がない。のんびりと時間を過ごすには、まちがいなくオススメだ。

ただし大雨の翌日は、川が増水するから営業は中止となる。

また営業は3月中旬から11月一杯くらいまでだけで、冬の間はやっていない。

 

琴ヶ瀬茶店へ向かうには、嵐山電車・嵐山駅をでて左、渡月橋の方へむかう。

嵐山

道端には、桜が見事に咲いている。

 

渡月橋をわたらずに、川沿いの道を右、山の方へ行く。

嵐山

 

しばらく歩くとボート乗り場があるのだが、それもそのまま、川沿いの道をまっすぐ行く。

嵐山

 

そのうちに、川の対岸に茶店が見えてくる。

琴ヶ瀬茶店

これが、目指す先である。

 

茶店へ行くには、さらにちょっと歩いて行くと、川辺に黄色いボートが見えてくる。

琴ヶ瀬茶店

 

これを漕いで、川を渡るのだ。

琴ヶ瀬茶店

 

茶店へは、対岸を歩いて行くこともできる。

琴ヶ瀬茶店

しかし、晴れた日に川の水面をボートで漕ぎ進むのは、この上なく気分がよく、ちょっとしたイベントとしても楽しめる。

 

店についたら、まずビール。

琴ヶ瀬茶店

 

つまみは、おでん。

琴ヶ瀬茶店

 

前を行き交う、屋形船や手こぎボート、それに鴨などが見えてくる。

琴ヶ瀬茶店

その向こうには、山にポツポツと咲く桜。

 

とんびも時々やってくる。

琴ヶ瀬茶店

店で働くおじさんがパンを投げると、それを器用にくわえて飛んで行く。

 

お店は空いているから、どんなに長居してもイヤな顔をされたりしない。

床几台に横になり、昼寝をしていくお客さんもいるそうだ。

 

ビールをもう一本おかわりし、シメに鍋焼きうどんを頼む。

琴ヶ瀬茶店

料理の味は、どうということもないのだが、ここは景色を楽しむ場所だから、それでいいのだ。

 

のんびりとした時間をたっぷり過ごし、店を出た。

琴ヶ瀬茶店

帰りは対岸を歩いてもどる。

 

川の中州でソフトクリーム。

嵐山

 

こちらでも、桜はきれいに咲いている。

嵐山

 

 

家に帰って、昼寝をしたら、もう6時。

それからあわてて、溜めていた仕事にとりかかったが、全部できなかったのは言うまでもない話である。

 

「ノンキすぎるよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

嵐山に穴場中の穴場があるのである。(琴ヶ瀬茶店)

嵐山は昼酒をするには最高なのである。(亀山家、嵯峨豆腐森嘉、生節とふきの煮付け)

今週は「PiPi」で3回昼酒をしたのである。

人間は昼酒をするのが正しいのである。(イイダコの煮付け)

昼酒は体にいいのである。(子持ちカレイ煮付け、わかめとホタルイカ酢みそ)
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み