夜の散歩をしながら「蚊はアタマが悪いのだろうか」と考えたのである。

2014/06/14

 
図らずも夜の散歩をすることとなった。

チェブ夫とキンチョール

散歩しながら、「蚊はアタマが悪いのだろうか」と考えたのである。

 

◎スポンサーリンク


 

夜部屋で酒を飲んでいたら、

「ぷーん・・・」

どこから入ってきたのか、蚊が耳の横を飛んでいった。壁に達し、そのまま壁づたいに部屋を一周したかと思うと、後ろの入り口からキッチンへと出て行った。

「もう蚊の季節になったのか・・・」

梅雨だというのに、もうすでに真夏のような陽気だから、蚊も元気を吹き返したのかもしれない。

 

それまでも、蚊を見てはいた。でも冬場から春先に出てくる蚊はいかにも元気がなく、弱々しく壁に貼りついて動かない。「人を刺そう」など考えてもいない様子だったから、いつもそのままにして殺さずにいた。

だいたい、生き物を殺すのはあまり好きではない性分だ。食べ物は別として、庭の雑草もほかの家は全部きれいに取っているのに、うちの前はそのままにしている。でもそれが黄色や白の花を咲かせるのを見ることは、それほど悪いとも思えない。

 

1時頃まで酒を飲み、それから片付けをして布団に入った。ところが4時頃になって、目が覚めた。

「かゆい・・・」

腕やら足やら、10ヶ所ほどが、熱を帯び、ぷっくりと膨れている。さっきの蚊に刺されたのだ。

「夏の蚊を甘く見た・・・」

急いでキンチョールを部屋中にまいたが、もう後の祭りである。

 

かゆくてかゆくて、布団に入ってみてももう寝るに寝られない。仕方がないから服を着て、ムヒを探しに外へ出た。

夜の帳にひっそりと包まれる大宮の街。店はもう、どこも営業を終えている。

 

コンビニへ行ってみた。

「ムヒ、ありますか?」

最近はコンビニでも、薬局で売るようなものを置いている。ムヒがあってもおかしくない気がしたが、置いていなかった。

「虫除けスプレーならあるんですがね?」

それではもう、手遅れだ。

コンビニへはもう一軒行ってみたけれど、そちらにもない。

ドラッグストアへも行ってみる。隣の王将一号店は煌々と明かりがついているのに、ドラッグストアは看板だけは明るいが、店の中はまっ暗である。

 

がっかりし、家に帰ることにした。帰りの道を歩きながら、考える。

「どうして蚊は、わざわざかゆくするのだろう・・・」

蚊も生きるために動物の血が要るのだろう。ならばかゆくさえしなければ、少しくらい分けてやるのはやぶさかではないのである。

なのに血を吸い取るとき、わざわざ余分なことをしてかゆくする。だからキンチョールを吹き付けられてしまうのだ。

 

世の中には、人間と共存共栄している生き物もたくさんいる。肌や腸の常在菌も、人間の役に立つことをして、そのかわりに養分をもらっている。

蚊は、なぜそれができないのだろう。

「アタマが悪いのではなかろうか・・・」

そんなことを考えているうちに、家に着いた。

 

外に出て、少し体が冷えたからかもしれない。かゆみは治まり、布団に入るとすぐに寝られた。

でも夜の散歩は余計だった。

翌朝は、いつもより寝坊してゴミ出しに間に合わなかった。

 

「きっと考えが足りないんだよね。」

チェブ夫とキンチョール

そうかもな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

毎日歯間ブラシまでしているのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-08 もろもろ