ツナのみそ煮込みうどんは申し分ない味になるのである。

 
昼飯にツナのみそ煮込みうどんを食べた。

ツナのみそ煮込みうどん

ツナをみそ汁に入れると「申し分ない味」になるのである。

 

◎スポンサーリンク


 

一品をひねり出すための「お助け食材」には、とろろ昆布や削りぶし、ちりめんじゃこ、ちくわなどあれこれあり、常備しておくと便利なのだが、何といっても使い出があるのは「ツナ缶」だ。これがあればサイドメニューはもちろんのこと、ちょっとしたメインもできてしまう。

まずは野菜などに「かける」手があるわけで、おひたしやサラダが出来上がる。炒めるといい味が出るし、玉子焼きなどに加えるのもいい。

このあいだ作った「ツナのチャーハン」は、卵に青ねぎ、それに調味料はしょうゆと塩だけで、文句がない味になった。

 

さらにツナ缶は「煮る」という手があるのであり、これはあまり知られていないかもしれないけれど、大変いい。臭みなどは全くなく、油漬けのやつをそのまま入れれば、濃厚な、かなりしっかりした味になる。

味付は、まだみそ以外は試していないが、みそはまちがいない。じゃがいもやニンジン等々を入れて具だくさんにすれば、「豚汁」的な味わいとなる。

 

きのうはこのツナのみそ汁でうどんを煮た。

ツナのみそ煮込みうどん

ツナを入れるだけで味のベースが完成するから、手軽な昼飯にはうってつけだ。

 

鍋に水1.5カップと、ツナ缶を油ごと入れて火にかける。煮立ったら、みりん大さじ0.5、みそ大さじ1.5くらいで味をつける。

ツナのみそ煮込みうどん 作り方

きのうはこれで油あげとワカメ、それにうどんを煮たが、野菜は冷蔵庫にあるものを何でも入れたらいいと思う。

青ねぎと一味をかければ申し分ない味になる。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

ツナのチャーハンが激しくうまかったのである。

酢の物は冷やし中華にするのである。

買い物へは行かず、あり物で和風パスタを作ったのである。(ツナの和風パスタ)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-06 昼飯