【初心者おすすめレシピ】サバ・サラダ ~ 一品をたくさん作るより手軽でうまい

材料は、塩サバと豆腐・トマト、それに水菜やキュウリなど好きな野菜。これらは和風に料理すれば、サバは焼き、豆腐は冷奴、トマトは冷やしトマト、水菜はおひたし、キュウリは塩もみと、それぞれ一品にするのが定番ですが、全部まとめてサラダにすればその分手軽で、しかもバツグンにうまいです。





 

塩サバの焼いたのをサラダに入れるというと、「ミスマッチ」と思う人も多いかもしれませんが、そんなことはありません。

だいたい焼いた塩サバは、大根おろしを添え、味ポン酢をかけたりするわけで、これはほとんど「和風ミニサラダ」といえる構成。

「サバは洋風料理に合わない」と思う人もいるかもしれませんが、これもそんなことはなく、トルコ料理のサバサンドは、焼いた塩サバを野菜といっしょにパンにはさみ、バターやレモン汁など洋風の味つけで食べます。

だいたいマグロの油漬けをつかったツナサラダは、サラダの定番の一つですので、そもそもサラダに魚は合います。

 

それでは日本で、なぜ塩サバをサラダに入れないのか、というよりそもそも、さまざまな野菜を入れた「サラダ」がなぜないのかといえば、「にんにくと油」を使わないからだと思います。

にんにくと、それと相性がいい油およびコショウなどのスパイスは、さまざまな材料を一つにまとめる「統合系」の役割をはたします。歴史的な経緯でこれらを使ってこなかった日本の料理は、多くの材料をいれると雑然とした印象になってしまうため、1~2品、多くても3品の材料を合わせるのが基本です。

でも今は、べつににんにくや油を嫌がる時代はないのですから、サラダでも炒め物でも、それらをきちんと使いさえすれば、品数を制限する必要はありません。

 

塩サバは、一口サイズにカットして骨を抜いたのが売ってますので、それを使うと便利です。

それから豆腐は、水切りをして使うと味がよくしみますが、簡単な水切りのやり方は下に書いたとおりです。

 

サバ・サラダの作り方

STEP1 塩サバを焼く

一口サイズの塩サバ・4個くらいを、弱めの中火くらいにかけ、よく熱したフライパンに、皮を下にして入れます。

2~3分焼いてこんがりと焼き色がついたら、ひっくり返してさらに2~3分焼きます。

STEP2 皿に盛りつけてドレッシングをかける

皿に、

  • 水菜 2分の1把 …洗って2~3センチ長さのざく切りにする(ちぎったレタスや千切りキャベツでももちろん可)
  • キュウリ 1本 …洗って5ミリ幅くらいの輪切りにする
  • 玉ねぎ 4分の1~2分の1個 …タテのうす切りにする
  • 木綿豆腐 200グラムくらい …両手のてのひらでやさしく抑えて水切りし、1センチ大くらいに切る
  • トマト 1個 …8分の1のくし切りにする
  • にんにく 1~2粒 …みじん切り

を入れて、

  • オリーブオイル 大さじ2
  • 塩 小さじ4分の1
  • しょうゆ 小さじ1

をふります。

焼いた塩サバをのせて、

  • レモン汁 大さじ2 …ポッカレモン100が便利
  • コショウ 少々

をかければ出来あがり。

(最初からサバを乗せないのは、サバにはすでに塩気がついているからです)











ランキングアップや拡散の、ご協力をいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-022 サバ
-