イカわたのキムチ炒め/料理をしない男の世界はちんまりとしているのだ

2015/09/26

きのうは、イカわたのキムチ炒め。

イカわたのキムチ炒め

料理をしない男の世界は、ちんまりとしているのだ。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

※読んでくださった方は、ぜひアマゾンへ、レビューの投稿をお願いします!
 http://ossanhitorimeshi.net/?p=15418

 
 

世界は、まず石ころや水など、モノからできている。次にそこで生きる人間がいて、人間も、世界を形づくる一員となっている。

でも世界を形づくっているのはそれだけではなく、人間以外の他の生き物がいる。

他の生き物とかかわり、それらが形づくる世界を知るためには、科学的な方法もあるだろうし、飼って可愛がったり、鑑賞したりのこともあるだろう。

しかし人間が、他の生き物の世界を知るもっとも直接的で、かつ強力な方法は、「料理をすること」なのである。

 

料理に使われる材料は、塩と水を除いてすべて、他の生き物に由来するものだ。動物から植物から、酵母などの微生物から、莫大な種類の生き物を、人間は料理の材料にする。

そうやって料理をしながら、日々、かなりの発見があるわけだ。

もちろんまずは、火の通し方や味のつけ方がある。材料それぞれの特性にあわせ、やり方を見つけることになる。

 

しかし、もっとも奥深いと思えるのは、「材料どうしの相性」だ。

 

たとえばブリと大根の相性がいいとして、ブリは海に住む魚、大根は山に生える植物だから、おたがい縁もゆかりもなさそうだ。縁もゆかりもなさそうなのに、相性がいいのだから、その相性は、まさに人間によって「発見」されるわけである。

その発見の膨大な集積により、料理は成り立っている。

料理はまさしく、他の生き物が形づくる世界を知ることなのである。

 

料理をしないクソな男は、この他の生き物の世界を知らない。彼らにとって世界とは、石ころや水、そして人間だけによって構成されている。

そんなちんまりとした、非現実的な世界では、ロクなことを考えられないのは当然だろう。

 

しかし、ちんまりとした世界しか見てない奴は、もっと広い世界があることなど思いも及ばないにちがいない。

まったく、可哀相な話である。

 

 

さてきのう、ツイッターを見ていたら、カウンターで仲良くしてもらっている男性が、次のようなツイートをしているのを見かけたのだ。

https://twitter.com/geillrim/status/592029262313467904

誤解がないよう注釈を入れておくと、「歯がない」のは、この男性が歯科治療の最中だからだ。

このツイートを見て、瞬間的に「ウマそう」と思った。

 

実はこれまで、イカわた炒めを何度となく作ってきている。檀一雄レシピの「スペイン風」でやれば間違いなくうまいのだが、ニンニクを使うので、家では作らないようにしているわけだ。

そこでこれまで、甘辛く、コッテリとしたみそ味で作っていて、それも決して不味いことはないのだが、何かひと味足りないような気がしていた。

そこに、韓国風と聞き、「なるほど」と膝を打ったのだ。

 

ちょうど丸ごとのスルメイカが冷凍してあったから、それを使い、「韓国風にイカわた炒めを作ろうと思う」と返信したら、さらに次の返信があった。

https://twitter.com/geillrim/status/592137003673591808

さらに「なるほど」と膝を打ち、これを作ることにした。

冷蔵庫には、スーパーで買ったからそれ程おいしくないにせよ、買ってから2週間ほどが経ち、酸っぱくなって、炒め物にするには 食べごろのキムチが入っていたからだ。

 

材料は、スルメイカ1杯と、スルメイカと見た目同量くらい(=たっぷり)のキムチ、それに九条ねぎとしめじも入れた。

イカわたのキムチ炒め

これに、うどんも添えることにした。

イカわた炒めはどういうわけか、ご飯よりうどんが合うのである。

 

スルメイカは、スーパーにあるものでも、捌かずに丸ごとのまま売られていれば、わたを炒め物に使うことは十分できる。

イカわたのキムチ炒め

胴の内側にタテに入っている軟骨と、足の根元にあるクチバシだけをとり除き、あとはわたももろともブツ切りにする。

 

器に入れ、

  • 酒 大さじ1
  • おろしたショウガ 2センチ大分くらい
  • みそ 小さじ1
  • 砂糖 小さじ2分の1
  • 塩 小さじ2分の1
  • キムチの汁 あるだけ

と一緒にもみ込んで、すこし置く。

イカわたのキムチ炒め

10分くらいでもいいが、置いておけばおくだけ、味はよくなる。

 

フライパンに、大さじ3くらいのゴマ油とキムチ、それに小さじ1くらいの豆板醤(コチュジャンでももちろんいい)を入れ、中火にかける。

イカわたのキムチ炒め

 

1~2分炒めてから、漬け込んでおいたイカを入れ、さらに1~2分炒める。

イカわたのキムチ炒め

イカは、火を通しすぎると硬くなるから、炒め過ぎないのが肝心だ。

 

ざく切りにした九条ねぎと、バラしたしめじを加え、さらに炒める。

イカわたのキムチ炒め

しんなりしたら味を見て、塩加減して火を止める。

 

皿に盛り、お湯でもどし、くっ付かないように小さじ1くらいのゴマ油をからめた、うどんを添える。

イカわたのキムチ炒め

 

イカわたとキムチは、鬼のように合う。

イカわたのキムチ炒め

なぜ今までこれに気付かなかったかと、つくづく思った。

 

それからきのうは、豚肉のわかめスープも作った。

豚肉のわかめスープ

冷凍庫に豚ひき肉が入っていたからで、本当は牛肉を使えば、まさに韓国風になる。

 

鍋に3カップ半の水と、豚ひき肉150グラム、ショウガのうす切り2~3枚を入れて、中火にかける。

豚肉のわかめスープ

 

煮立ったら弱火にし、アクを取りながら20分くらい煮る。だし殻は、煮干しとおなじで、とり出さずにそのままにしてしまっても悪くない。

だしに、

  • 酒 大さじ3
  • オイスターソース 小さじ1
  • 塩 少々

で味をつけ、わかめを20~30分、トロトロになるまで煮る。

 

お椀によそい、ひねり潰したゴマを振る。

豚肉のわかめスープ

やさしい味で、これまたウマイ。

 

あとは、春キャベツの塩もみ。

春キャベツの塩もみ

ざく切りにした春キャベツ8分の1個分に、小さじ2分の1くらいの塩をもみ込み、しばらく置いてよく絞り、ちりめんじゃこと、たっぷりのレモン汁(ポッカレモン100)で和える。

 

それに、キムチ。

キムチ

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 
 

自分の作った肴で飲む酒は、じつにウマイ。

この酒の味を知らないのも、料理をしない男の可哀相なところである。

 

「彼女がいないのも可哀相だよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

イカと春キャベツの梅炒め/クソは自分がクソなことが分からないのだ

豚肉とニラのみそ炒め/料理をしない男がまず作るならこれなのだ

パリパリチキンの木の芽レモンソース/料理をしない男はクソだ

簡単で、死ぬほどうまい。檀流クッキング「イカのスペイン風」

スルメイカのワタ味噌炒め/イカはワタと炒めると死ねるのである。
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-024 スルメイカ
-,