志をつらぬこうと思ったら、「才能」や「運」などのオバケに惑わされてはいけないのである。

2014/06/01

 
相変わらずその日暮らしをつづけている。

チェブ夫

志をつらぬこうと思ったら、「才能」や「運」などのオバケに惑わされてはいけないのである。

 

◎スポンサーリンク


 

相も変わらずその日暮らしをしているが、何とかなっているのである。

4月に遊びすぎたおかげで金がなくなり、連休明けからはがんばって仕事をしているのだが、それでも追いつかず、「今月は苦しいな」と思っていたら、臨時で割のいい仕事がポコリと舞い込んできた。今週も「入金予定がある来週までもつか」と思っていたのだが、忘れていた金が振り込まれ、事なきを得た。

もっときちんと金を稼ぐことを考えたらいいと思わなくもないが、いかんせん、ぼくは金に興味がない。

それでも若ければ、それなりにがんばったとは思うけれども、もういい年なのだから、これでいいと思っている。

 

とは言ってもまだしばらくは、仕事をしていかないといけない。どうせしないといけないのなら、少しでも意義深いものにはしたいと思う。

「やりたい」と思うことはあり、もし神様が、ぼくにそれをさせる必要があると思えば、させてくれるのだろうと思う。

 

ぼくは自分がやりたいことについて、「できるかできないか」など考えたことがない。やりたいのなら、「やってみる」までだろう。

未来のことなど誰にも予言できないのだから、自分のことであったとしても、「できない」などと決めることができないのは言うまでもない話である。

でもそこに、悪魔が忍び寄ってきてささやくわけだ。

「おまえには才能がない・・・」

実際の話、そのささやきに負け、志をあきらめる人は少なくないのではないかと思う。

 

よくよく考えてみようではないか。それではその「才能」とは、どのようにして判定されるのか?

今では「天才」のほまれ高いゴッホが、その存命中、誰からも評価されなかったのは知られた話だ。

才能は、結果として成し得たものをもって、あるとき、誰かによって判定される。だからそれまでは、「自分は天才である」と決め、前に進めばいいだけである。

 

芽が出ないうちは、たしかに苦しい。生活の不安もある。

でもそういう、先の見えない状況にあってこそ、理性的な判断が求められるのである。

 

「才能」や、そして「運」や、そういうものは、恐怖が作りだす「オバケ」なのだ。

志をつらぬこうと思ったら、惑わされないことが必要だろう。

 

「言うことだけはいつもデカイね。」

チェブ夫

ほんとだな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

小林秀雄は、自分の想いと世の中との折合いで悩む人には「貴重な出会い」ともなり得るのである。

遊びはまったくのムダだからこそやる価値があるのである。

恋愛で失うものはないのである。

帳尻を合わせていくのが大人である。(鶏とセロリの塩炒め)

人格は欠落にこそ宿るのである。(新福菜館三条店、スピナーズ、酒房京子)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-085 人生についての持論