羽田空港 第1ターミナル「ハネダカレー」~ おうちのカレーが好きな人には大変おすすめ

羽田空港第一ターミナル・出発ロビーの南端にあるカレー店「ハネダカレー」。カレーに何を求めるかは人それぞれながら、「カレー店でもおうちのカレーが食べたい」という人には、この店は大変おすすめです。





 

羽田空港に、出発時刻の2時間半もまえに到着してしまったため、せっかくだからこの際、しっかりと時間をかけ、昼食をたべる飲食店を探してみることにした。案内板を精査し、カレーを食べることにした。

案内板によれば、カレーの専門店は、第1ターミナルに3つある。それぞれの店の前まで出かけ、店構えをチェックして、選んだのは2階出発ロビーの南端にある「ハネダカレー」。

選んだポイントは、まず高級そうではなかったこと。高級なカレーは、あまり好きではないのである。

それから値段が安いこと。

第1ターミナルのカレー専門店3軒のなかでは、ここがいちばん安い。カツカレー780円というのは、空港ではなく街場のカレー店のなかでもそう悪くない値段ではなかろうか。

カツカレーを注文。+180円でセットドリンクをつけられる。

お店は奥にもスペースがあり、くつろいで食べられるようになっている。

おうちのカレーが好きな人には大変おすすめ

さてこのカレー、僕には大変うまかったのだ。ところが家に帰って食べログを見てみると、コメントは「早く出てくるのがいい」「安いのがいい」というくらいで評価はあまり高くない。

これは「カレーに何を求めるか」のちがいだろうと僕は思った。

ラーメンとならんで国民食といわれるカレーなのだが、ラーメンとの大きなちがいは家でおいしいカレーがつくれてしまうことだろう。なのでカレーを出す飲食店は、家のカレーとの差別化を図ろうとすることになる。

でも差別化など、しなくていいのだ。家のカレーがうまいのだったら、それをそのまま飲食店でも出せばいい。

本当に一から手づくりでもするなら別として、ヘタな小細工はすればするだけ、家のカレーから遠ざかってマズくなる。

「堂々と家のカレーをだす度胸のある飲食店が少ない」というのは、かねてから僕の持論なのである。このハネダカレーはそれをきちんと実践しているという意味で、僕にとってはストライクゾーンど真ん中だった。

特筆すべきはカツのやわらかさ

しかしこのハネダカレー、ただ「家のカレーとおなじ」というだけではない。特筆すべきはカツカレーの上にのっているカツである。

だいたいカツカレーのカツは、うすくて硬いのが多い。ところがここのは、1センチ近くの十分な厚さがあり、それがもっちりとやわらかく揚げられている。これまで食べたカツカレーのカツのなかで「一番うまい」と思ったくらいだ。

わざわざカツを揚げてカツカレーをつくる家は少ないと思うから、そういう意味でこのカツに、ハネダカレーの飲食店としての矜持をみる思いがした。











ランキングアップや拡散の、ご協力をいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-084 飲食店

おすすめ記事

1
和食クソだよね!

「和食」というと、なんとなく「体にいい」とか、「日本人の原点」とか、「和食いいよ ...

2
反和食の簡単レシピ ~鍋物ににんにくを使用する

「反和食」は、世界標準の料理法に背を向けるクソ狭い和食の世界を広げ、和食をアップ ...

3
反和食の基本「やきそば」の作り方とウスターソースの考え方

「反和食」とは、時代遅れになったクソな和食をアップグレードし、現代の食生活に合っ ...

4
肉じゃがの考え方と反和食・炒め物の基本レシピ

鎌倉・室町時代に精進料理に夢中になりすぎたため、炒め物のイノベーションをキャッチ ...

5
シークワーサーの原液は死ぬほど便利。ジュースやお酒、料理にも!

糖尿病予防やがん抑制、二日酔い予防などさまざまな効果があるとされ、沖縄人の長寿の ...