団子にするとまたウマイ。豚肉団子のキムチ鍋

2015/10/13

豚肉団子のキムチ鍋

きのうは豚肉団子のキムチ鍋。鍋に肉を入れる場合は、団子にするとまたウマイのだ。

 

◎スポンサーリンク


 

きのう「おっさんらしく枯れたものを食べる」と書いた、その舌の根も乾かぬうちに、豚肉にニラたっぷりのキムチ鍋である。「正しいおっさんへの道」は、まだまだ遠いと実感するきょうこのごろ。

キムチには、おっさんを狂わせる魔力があるのではないだろうか。一度「食べたい」と思ってしまうと、我慢することは、もうできない。

 

キムチ鍋には、やはり豚肉がいちばん合う。ゴロゴロの角切り肉をコトコト煮るのも、うす切り肉をサッと煮るのも、どちらもいいものなのだが、鍋は肉を団子にすると、またウマイ。

 

鍋は、具をたくさん入れる場合は、10分くらい煮たいところだ。ある程度煮ることで、具材のうまみが煮汁にしみ出す。

この「10分」は、魚なら、火が通るのにちょうどいい。ところが肉の場合には、10分は中途半端な時間なのだ。

 

肉は、火が通るとまず硬くなる。なのでしゃぶしゃぶやすき焼きは、肉をほんとにサッと煮て、硬くなる前にとり出し、食べてしまう。

一旦硬くなった肉がふたたびやわらかくなるためには、豚肉ならば1~2時間、牛肉だったら4~5時間、煮ないといけない。

肉を「10分煮る」というのは、硬くなった肉が、まだ硬いままの、一番おいしくない状態にすることなのだ。

 

そこで、肉団子の出番となる。

肉団子はミンチにした肉に香味野菜やらつなぎやら、調味料やらを混ぜ込んでつくる。なので10分くらい煮ても、硬くならない。

煮汁にほどよくうまみが出ながら、食べごたえはふんわりとしているわけで、鍋には打ってつけなのだ。

 

肉団子をつくるには、たしかに手間がちょっとはかかる。

豚肉団子のキムチ鍋

でもそれで、グンとおいしくなるのなら、手間をかけるだけの価値はあるというものだ。

 

 

豚肉団子のキムチ鍋 作り方

器に、

  • 豚ひき肉 200グラム
  • 玉ねぎみじん切り 4分の1個
  • ショウガみじん切り 1~2センチ大
  • 塩 小さじ2分の1
  • 酒 小さじ2分の1
  • 淡口醤油 小さじ2分の1
  • 溶き卵 2分の1個分
  • 片栗粉 大さじ1

を入れ、粘り気が出るまでよくこねる。

 

豚肉団子のキムチ鍋 作り方

鍋に、ゴマ油・大さじ2ほどを引いて、キムチ・100グラム(300グラム入りパック3分の1)くらいを敷きつめ、その上に肉団子のタネをスプーンで食べやすい大きさにまとめたものを乗せ、弱いめの中火にかける。

肉団子は途中で1回ひっくり返し、5分くらい、じっくり焼いて、味をなじませる。

ちなみに肉団子は、キムチの上に乗せれば鍋にくっつかない。

 

豚肉団子のキムチ鍋 作り方

  • 水 3+2分の1カップ
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 淡口醤油 大さじ1
  • コチュジャン 大さじ1
  • キムチの汁 大さじ1(あれば)
  • 塩 少々

で味をつけ、5分ほど肉団子だけを煮てから、豆腐、玉ねぎを入れ、さらに5分くらい煮る。

最後にしめじ、もやし、ニラを入れ、サッと煮て火を止める。

 

 

鍋をテーブルに出し、韓国式に、鍋からスプーンで直接食べる。

豚肉団子のキムチ鍋

 

豚肉のうまみがしっかり出たキムチ鍋は、ほんとに黄金。

豚肉団子のキムチ鍋

 

 

キムチ鍋には、もちろんご飯。

ご飯

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

 

キムチ鍋には、甘いめの日本酒・冷や酒が合う。

おかげできのうも飲み過ぎてしまうわけだが、ウマイのだから、やはり我慢はできないのだ。

 

「だらしない生活だね。」

チェブ夫

ほんとだな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

「日本の鍋」ならまずはこれ。鯛あらのちり鍋

鶏肉といえばカレー!鶏肉とじゃがいものカレー炒め

最強のスタミナ食。牡蠣とにらのオイスターソース炒め

和風で作るとやさしい味。豚肉のニラ玉

味がしみ込んだ厚揚げがたまらない。キムチ味の家常豆腐
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-