【沖縄そばと海産物料理の店 楚辺そば】沖縄そば愛を感じさせる王道をまっすぐ歩む沖縄そば

那覇へ行ったからネットで探して沖縄そばを食べに行った。行った先は「沖縄そばと海産物料理の店 楚辺そば」。グーグルでも食べログでも評価は高く、色々なランキングでも上位に位置する店らしい。





 

那覇市の中心街からほど近いところにあるが、店のまわりは住宅地。古民家を改装したのだそうだ。

dsc_0008-r

dsc_0009-r

dsc_0010-r

元は蔵だったのだろうか、僕は離れのような場所に案内されたのだが、広々として気持ちよかった。

 

開業は2009年だとのこと。ものすごく美人の沖縄出身とおぼしきアラフォーくらいの年の女性が女将さん的なふるまいをしていたから、たぶん若いウチナンチューの夫婦が始めたのではあるまいか。

沖縄そばは、各種ある。

dsc_0011-r

店の標準メニューとおぼしき三枚肉そばの定食を頼んでみた。

 

三枚肉そば定食850円。

dsc_0023-r

 

そばのほかに、沖縄の炊き込みご飯であるジューシーともずく酢、それに小鉢がついてくる。

dsc_0025-r

 

dsc_0027-r

このそば、大変うまかった。

沖縄そばにも、基本は同じといえども店によって色々あり、味が濃いの・薄いの、麺が太いの・細いのと様々だ。そのなかでこの店は、「王道」を選んでいると思える。

スープはうす味。しょうゆが強く出ることはなく、また逆に、那覇の沖縄そばはかつお節の風味を際立たせるものが多い印象もあるところ、それも控えめ。

ネットを見ると、豚と鶏、かつお節と野菜を使っているとのことなのだが、それらのどれ一つとして出過ぎることなく、渾然一体となりながら強いうま味を作り出している。

 

うす味で、しかも調味料や具材のどれ一つとして前面にでないとなると、それは「特徴がない」ともいえることになるわけで、老舗店ならともかくとして、若い店の経営者にとっては「怖い」とも感じられるものではないかと想像する。

しかし特徴がないからこそ「王道」なのであり、それをあえて選択するこの店の店主の心意気はすがすがしい。

たぶんこの店の店主は、沖縄そばを愛しているのだ。その愛あればこそ、王道をまっすぐに歩めるのではないかと思う。

 

麺は細めで、加水率が低くて「わしっ」と歯応えのあるタイプ。

dsc_0028-r

これもまた非常にいい。

 

沖縄そばと海産物料理の店 楚辺そば
  • 住所 沖縄県那覇市楚辺2-37-40
  • 電話 098-853-7224
  • 営業時間 11:30~21:00
  • 定休日 無休












ランキングアップや拡散の、ご協力をいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-084 飲食店
-

おすすめ記事

1
和食クソだよね!

「和食」というと、なんとなく「体にいい」とか、「日本人の原点」とか、「和食いいよ ...

2
反和食の簡単レシピ ~鍋物ににんにくを使用する

「反和食」は、世界標準の料理法に背を向けるクソ狭い和食の世界を広げ、和食をアップ ...

3
反和食の基本「やきそば」の作り方とウスターソースの考え方

「反和食」とは、時代遅れになったクソな和食をアップグレードし、現代の食生活に合っ ...

4
肉じゃがの考え方と反和食・炒め物の基本レシピ

鎌倉・室町時代に精進料理に夢中になりすぎたため、炒め物のイノベーションをキャッチ ...

5
シークワーサーの原液は死ぬほど便利。ジュースやお酒、料理にも!

糖尿病予防やがん抑制、二日酔い予防などさまざまな効果があるとされ、沖縄人の長寿の ...