「ラーメンの具」味の炒め物!長ネギと豚肉・卵の中華炒め

冬が旬となる長ネギは、今(2018年12月2日)まさにシーズンに突入しているわけで、旬のジューシーな長ネギを味わわないのは神様に叱られます。

長ネギといえば、やはり豚肉。と言うと、「オマエは長ネギでなくても豚肉だろう」という声が多数寄せられそうですが、Google検索を見てください。「長ネギ」と検索し、スペースを空けると出てくるサジェストに、本日現在食材として登場するのは「豚肉」のみ。長ネギにつづく食材として入力・検索されるのは「豚肉」が最多なわけで、「長ネギといえば豚肉」は僕だけの考えではないことがわかります

そして、長ネギ、豚肉とくれば、やはり「卵」です。これも、「長ネギ 豚肉」につづくサジェストで、食材として登場するのは「卵」だけであることからわかります。長ネギ、豚肉そして卵は「他人丼」のラインナップとなりますので、完全に王道だといえるでしょう。

ここにタケノコを加え、中華風に炒めると、あら不思議!ラーメンの味になります。「麺は入っていないのにな」と思ってよく見ると、チャーシュー、玉子、メンマ、それにネギは、ラーメンの具の定番だったのです。しかも、ここに酢をかけると今度は豚肉、玉子、ネギのお好み焼き「豚玉」の風情になるというお得な企画。

今回は、この「長ネギと豚肉・卵の中華炒め」の作るポイントおよび作り方を紹介します。

長ネギと豚肉・卵の中華炒めを作るポイント

長ネギと豚肉・卵の中華炒めを作るポイントは、1にも2にも長ネギに火を通しすぎないことです。また、酢は食べるときにかけることでラーメンの味を楽しめます。

長ネギに火を通しすぎないこと

長ネギと豚肉・卵の中華炒めを作るポイントは、1にも2にも「長ネギに火を通しすぎないこと」です。

長ネギは、ラーメンやお好み焼きでは薬味として使用され、火を通しません。今回は、大きめに切りますので全く火を通さないわけにはいきませんが、辛みが残るくらいの早めの段階で火から上げることが重要です。

炒め物で食材に火を通しすぎないようにするためには、先に別に炒めて皿に取出しておき、最終段階で加えるようにするのが一番です。

なお、下のレシピで長ネギといっしょに炒めるピーマンは彩りのために少量を入れていますので、やはり少量の小松菜やニラなどで置き換えても、または何も入れなくてもOKです。

酢は食べるときにかけるとラーメンの味も楽しめる

この料理は、作りはじめる段階では調味料として酢も加える予定でしたが、それを忘れたというわけです。そうしたら、「あら不思議!ラーメンの味がする」とびっくり仰天しましたので、まず酢を入れずにラーメンの味を楽しみ、つづいて酢を加えて、今度は豚玉お好み焼きの味を楽しむのがおすすめです。

酢を加えるとなぜ豚玉になるかといえば、お好み焼きに使用するウスターソースは、簡単に言ってしまえば「洋風酢じょうゆ」だからです。

⇒ 酢醤油で8億82回ほど死ねる!豚肉とニラ・もやしの酢醤油炒め

[adchord]

長ネギと豚肉・卵の中華炒めの作り方

長ネギと豚肉・卵の中華炒めを作る手順は、

  1. 長ネギを炒めて皿に取出す
  2. 豚肉を炒める
  3. タケノコを入れ調味料を加えて少し煮込む
  4. 長ネギをもどす

の4工程です。長ネギを炒め過ぎないことだけ気を付ければ、初心者でも失敗することはそれほどないと思います。

1. 長ネギを炒めて皿に取出す

フライパンに、

  • サラダ油 小さじ1
  • 長ネギ 2分の1本(5ミリ~1センチ厚さくらいの斜め切りにする)
  • ピーマン 2分の1個(5ミリ幅くらいに細く切る)

を入れて中火にかけ、「まだ早いかな」という程度まで1~2分炒めたら皿に取出す。

2. 豚肉を炒める

あらためてフライパンに、

  • サラダ油 大さじ1
  • にんにく 2分の1個(みじん切り=包丁の腹で押しつぶしてまずせん切りにし、90度回転させてさらにせん切りにする)
  • ショウガ 1センチ大程度(上に同じく)
  • 細切り唐辛子 小さじ1程度
  • 豚こま肉 100グラムなど(食べやすい大きさに切り、塩・コショウ・酒それぞれ少々をもみ込んで片栗粉小さじ1をまぶし付ける)

を入れて中火にかけ、まずにんにく・ショウガおよび細切り唐辛子のところにフライパンを傾けるなどして油を集め、1分ほど炒めて油に味を付けてから、豚肉を、ほぐしながら火が通るまで2~3分炒める。

3. タケノコを入れ調味料を加えて少し煮込む

豚肉に火が通ったら、

  • タケノコ穂先の水煮 4分の1本(3ミリ厚さくらいの食べやすい大きさに切る)

を加え、中火で1分ほど炒めてタケノコに油をなじませる。

  • 紹興酒 大さじ1
  • みりん 小さじ1
  • ナンプラー 小さじ1

を加えてひと混ぜして味をなじませ、

  • 水 50cc
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • 塩 小さじ4分の1程度
  • コショウ 2~3振り

を加え、強めの弱火くらいにして5分くらいコトコト煮込み、タケノコに味を含ませる。

4. 長ネギをもどす

強火にし、皿に取出してあった長ネギとピーマンをフライパンにもどし、1分程度、長ネギが温まるまで全体を返しながら炒めて皿に盛る。

まとめ

この長ネギと豚肉・卵の中華炒め、まず粗挽きコショウだけをかけ食べて2億12回くらい死ね、さらに酢をかけて食べると3億34回くらい死ね、ダブルで死ねてマジでお得。長ネギが旬のうちにぜひ作ってくださいYO!

おっさんひとり飯
50歳、バツイチ独身の「おっさん」が一口コンロで作る、 “簡単・うまい・安上がり”と三拍子そろったレシピ集。
『おっさんひとり飯』の刊行から約2年。一人暮らしの男性の強い味方が、より使いやすい新書サイズとなって再登場です。
前回好評だった”殿堂入りレシピ”はそのままに、新たに編み出された垂涎必至のレシピも25点収録。
「お金はかけず、だけどうまい! そして簡単にできてしまう男のための料理本」(高野さん談)を教科書に、多くの方がキッチンに立つことを願っています!