飲み過ぎがちな危ない酒。【榮川・純米酒】

  • 2015年11月5日
  • 2016年1月3日
  • お酒
  • 16view
榮川・純米

榮川・純米

今回とり寄せしてみたのは、会津の酒「榮川」純米酒。これは、飲み過ぎがちな危ない酒だ。

 



 

ただでさえも毎日飲み過ぎているおれが、今回この榮川は、いつにもまして飲み過ぎている。つい「もう一杯」と手が出てしまうのだ。

 

酒にはほんとに色々あり、それぞれに個性がある。甘いのや辛いのや、クセがきついのや、穏やかなのや、、

榮川はひとことで言えば、「大人しそうな顔をして実はスゴイ」だ。

 

飲み口は、スッキリしている。クセは皆無。だから「特徴がない」ともいえ、わりと個性が強いものが多い東北の酒としてみると、はじめは「あれっ」と拍子抜けするところもある。

ところが、芯は太いのだ。見せかけの、ただ飲み口をすっきりさせた酒とは違い、「さすが東北」と思いたくなる、どっしりとしたところがある。

 

 

クセがないから出しゃばらず、料理の味をこわさない。食べながら飲む酒として、打ってつけ。

それでいて、味はどっしりと太いから、料理に負けることはない。ついお代わりをさせる強さがある。

 

こういう酒が、いちばん危ない。

飲み過ぎないよう、細心の注意が必要だ。

 

榮川は、郡山へ行ったとき、「花春」につづいて、飲み屋で看板を見かけた気がしたから、選んでみた。実際、福島県でいちばん愛飲家が多いそうだ。

酒蔵は、150年の歴史がある。

大吟醸は7年連続で、モンドセレクション最高金賞を受賞しているそうだし、酒蔵自体も、平成25年度、平成26年度と、全国新酒鑑評会から「金賞」を受賞しているようだ。

 

価格は、Amazonだと2,077円(税込)で、送料無料。

新品価格
¥2,006から
(2015/11/5 18:44時点)

 

楽天だと2,006円(税込)だが、送料が700円(全国一律)かかる。

価格:2,006円
(2015/11/5 18:47時点)
感想(1件)

 

◎関連コンテンツ



 

おっさんひとり飯
50歳、バツイチ独身の「おっさん」が一口コンロで作る、 “簡単・うまい・安上がり”と三拍子そろったレシピ集。
『おっさんひとり飯』の刊行から約2年。一人暮らしの男性の強い味方が、より使いやすい新書サイズとなって再登場です。
前回好評だった”殿堂入りレシピ”はそのままに、新たに編み出された垂涎必至のレシピも25点収録。
「お金はかけず、だけどうまい! そして簡単にできてしまう男のための料理本」(高野さん談)を教科書に、多くの方がキッチンに立つことを願っています!

お酒の最新記事8件