風呂には毎日入らなくても全く問題ないのである。

チェブ夫

 
風呂に毎日入らないようにしてみた。

チェブ夫

それで何も、全く問題はないのである。

 

 

風呂に入るとき、石けんを使わないのは、もうここ数年来のことである。「使わなくてもいいのではないか」と思い立ち、お湯だけで洗うようにしてみたら、これが大変調子がいい。

石けんを使っていたころは、朝シャワーを浴びても、飲んで夜に帰宅すると、元妻から「生ゴミの臭いがする」と言われたものだ。自分で臭いをかいでみても、たしかに臭い。

ところが石けんを使わなくなったら、体はほとんど臭わなくなった。

 

それから、頭も痒くなることがない。痒くなるのはシャンプーをした翌日と、その次の日あたりまでのことで、それを過ぎると痒みは全くなくなる。

これはおそらく、肌の表面に住んでいる常在菌のバランスの問題ではないかと思っている。石けんを使うと、常在菌が殺菌され、バランスが崩れるだろう。

バランスが崩れると、悪い奴がのさばるようになるのは、世の常である。

 

最近は、さらに風呂に、毎日は入らないようにしてみた。引越した家に風呂がなく、銭湯へ行かないといけなくて、「面倒くさい」というのもあるのだが、「入らなくても大丈夫なのではないか」と思ったのだ。

そうすると、3~4日は全く何も問題ない。別に臭いもしないし、痒くなることもない。

毎日入っていたときより、かえって調子がいいくらいだ。

 

日本人は、きれいにし過ぎなのではないだろうか。元々風呂に、しょっちゅう入る習慣があったところに、石けんまで使うようになった。

 

しかしこれは、石けん会社の差金だとぼくは見ている。石けん会社は石けんを売るために、「石けんを使わないと汚い」という大々的なプロパガンダをしただろう。

それにまんまと、踊らされているだけなのではないだろうか。

 

ただし、石けんを使わなくても、湯船には入ったほうがいい。一度半身浴をつづけたことがあり、そうすると胸やら上腕やらにニキビができた。

それが肩まで湯に浸かるようになったら、すぐに治った。

 

湯船に浸かると、毛穴の汚れを落とす効果があるそうだ。

疲れも取れるし、夏でも湯船に浸かるのはおすすめだ。

 

「それでもやっぱり汚いと思うな。」

チェブ夫

そうだよな。

 

 

 

◎関連記事

夏至を過ぎたら「もう夏」と思えばいいのである。

夜の散歩をしながら「蚊はアタマが悪いのだろうか」と考えたのである。

毎日歯間ブラシまでしているのである。

取れない疲れはサウナで取れ。

風呂はぬるめにゆっくり浸かれ
 

最高におすすめな料理本『大好きな炒めもの』ウー・ウェン著

大好きな炒めもの
ウー・ウェン著
4.3(Amazonの評価)
価格:¥1,518 (送料無料)
料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができて目からウロコが落ち、実用性も大変高い。筆者 高野も常に手元においている1冊です。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG