モバイル端末で「ホーム画面におっさんひとりめしを追加」をOKすると、表示速度が向上してサクサクと動くようになりますYO!

酒を途中でやめるのは酒に失礼なのである。

チェブ夫

きのうも飲めなくなるまで酒を飲んだ。

チェブ夫

酒を途中でやめるのは、酒に失礼なのである。

 

 

酒は、人によっては「相棒」とも言うけれど、ぼくにとっては「恋人」のようなものだ。ひとりの寂しさを忘れさせ、気分をよくさせてくれる、ありがたい存在である。

と言って、恋人ができれば、酒を飲まなくなるかといえば、そうではない。

好きな女と酒を飲むと、ひとりで飲むより楽しいから、酒はさらに進むことになる。

 

この酒なのだが、「適量を飲む」という考え方がある。健康診断などへ行くと、問診で、

「適量を飲むのは体にいいが、それ以上になるのは良くない」

などと、医師がもっともらしく言うわけだ。

こちとら飲み過ぎが体に悪いことくらい、百も承知なのだから、そんなのは屁みたいな話で、一切無視するのはもちろんのこと、健康診断も、もう受けないことにした。

適量主義は、医学的には正しいだろうが、酒の立場に立ってみれば、これほど失礼なことはないのである。

 

酒は、飲み始めると、こちらを一生懸命、気持よくしてくれる。毎日おなじ種類を飲み続けると、古女房のようなもので、こちらの体を知り尽くし、隅々まで行きわたる。

たしかに毎晩、

「十分気分がよくなったから、もうやめようか・・・」

そう思うタイミングはある。それだって、すでにかなり飲み過ぎてはいるのだが、ここで飲むのをやめるのは、まあ常識的な判断だとはいえるだろう。

 

しかしここで、よくよく考えてもらいたい。自分一人が気持ちよくなったからといって、それで行為をやめるのは、自分勝手ではないか?

相手があることなのである。

自分の都合で、勝手に途中で切り上げるのは失礼で、やはり頑張れるところまでは、頑張らないといけないだろう。

 

だから酒は、飲めなくなるまで、最後まで飲むのが、「礼儀」なのだ。

毎晩きちんと、頑張って飲み過ぎないといけないのである。

 

「つくづくアホだね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

 

◎関連記事

人生は、後悔してこそナンボである。

ぼくが好きな酒

土曜日は朝酒をした方がいいのである。

自分が作った食事にさえ幸せを感じられれば、とりあえず前を向いて生きていくのに十分だろうと思えるのである。

酒は毎日おなじものを飲むのが一番うまいのである。
 

『大好きな炒め物』ウー・ウェン著
5

料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。
料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができ、目からウロコが5億34枚ほど落ちます。
また、掲載されているレシピはすべて炒めものであるため、実用性が高いこと、使われている調味料や材料が、中国料理のレシピとしては比較的ふつうで作りやすいこと、およびウーさんのコメントが可愛らしくてほっこりとすることも、おすすめのポイントです。
価格は1,490円。
中国料理の入り口を学びたい、また炒めもののレパートリーを広げたい、という人は、ぜひ購入したらいいと思います!

酒についての最新記事8件

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG