モバイル端末で「ホーム画面におっさんひとりめしを追加」をOKすると、表示速度が向上してサクサクと動くようになりますYO!

豚肉とレタスのピリ辛みそ炒め/うまいものは自分で料理しないと食えないのだ

豚肉とレタスのピリ辛みそ炒め

きのうのめしは、豚肉とレタスのピリ辛みそ炒め。

豚肉とレタスのピリ辛みそ炒め

うまいものは、自分で料理しないと食えないのだ。

 

 

「料理などしなくても、お店へ行けば何でも食べられる」と思うかもしれないが、それは全く、浅はかな考えだ。

まずだいたい、そのとき自分が食べたいものを、その通りの形でお店が用意してくれることなどあり得ない。お店はあくまで、自分の都合でメニューを決めるわけであり、お客はそのメニューから、選ぶだけの話となる。

もちろん食べたいものに近いものは選ぶだろうが、そうやって選ぶことと、自分が食べたいと思うものを食べることとは、まったく別の話である。

 

それからお店には、「なぜこのメニューがないのか」と思うようなことが多い。

代表なのは、「常夜鍋」。ほうれん草と豚肉を水で煮て、ポン酢で食べるだけという、非常に簡単でありながらバツグンにうまいこの料理、お店にあるのを見たことない。

たぶん、簡単すぎるのだろうと思う。

 

お店はやはり、家では作れないものを出すからこそ、存在価値があるだろう。

簡単で、誰でも作れるようなものなど、「出す意味がない」と思うのではないかと思う。

 

それから、この豚肉とレタスのみそ炒め。

豚肉とレタスのピリ辛みそ炒め

似た料理として「豚肉とキャベツのみそ炒め」があり、これは中華では「ホイコーロー」と呼ばれる定番中の定番料理だ。

 

しかしキャベツより、むしろレタスの方がうまいのだ。

レタスが味を吸ってややしんなりし、しかしシャキシャキ感を保っている状態は、トロトロ・こってりとした豚肉に、非常によく合う。しかも味付は、ピリ辛のみそ味がいいのであり、これはちょうど、焼き肉と肉みそをサンチュで包んで食べる、あの感覚と同じである。

 

ところがこれも、まずお店では食べられない。たぶんこの食べ方が、あまり知られていないからだろう。

お店は、多くの人が注文するものを出さないと、商売が成り立たないのは言うまでもないことだ。

 

なのでうまいものは、自分で料理しないと食えないのだ。

料理をしない男にとっては、残念なことである。

 

豚肉とレタスのピリ辛みそ炒めに入れる具材は、豚こま肉・200グラムと、レタス・2分の1玉。これだけでもいいのだが、きのうは香りのシメジ・2分の1パックと、味を吸う役目の油あげ・2分の1枚も入れた。

ゴマ油・大さじ3と、2センチ大のみじん切りショウガ、豆板醤・小さじ2、それにきのうは2分の1個分のみじん切り玉ねぎで炒め、

  • みそ 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • 酒 大さじ2
  • みりん 大さじ2

の合わせ調味料で味をつける。

最後に酢・大さじ1でさわやかな酸味を付けるのが、最大のポイントだ。

 

フライパンにゴマ油とみじん切りのショウガと玉ねぎ、豆板醤を入れ、中火にかける。

豚肉とレタスのピリ辛みそ炒め

 

2~3分じっくり炒め、香りが立ってきたところで、豚こま肉と、細く刻んだ油あげを入れてさらに2~3分、豚肉の色が変わるまで炒める。

豚肉とレタスのピリ辛みそ炒め

 

合わせ調味料を入れ、1~2分炒めて味をなじませる。

豚肉とレタスのピリ辛みそ炒め

 

ほぐしたシメジと食べやすい大きさにちぎったレタスを入れ、上下を返しながら炒める。

豚肉とレタスのピリ辛みそ炒め

レタスがしんなりし始めたくらいのところで酢を入れ、一混ぜして火を止める。

 

これはくれぐれも、レタスを炒め過ぎないことがコツとなる。

「まだ硬いかな」と思うくらいで、火から上げてしまって大丈夫。余熱でちょうどよくなるはずだ。

 

皿に盛り、好みでネギを振ってもいい。

豚肉とレタスのピリ辛みそ炒め

 

コッテリとしながらさわやかで、酒にもご飯にもバツグンだ。

豚肉とレタスのピリ辛みそ炒め

 

あとは、とろろ昆布のぬく奴。

とろろ昆布のぬく奴

とろろ昆布と削りぶしを入れたお椀に、お湯であたためた豆腐をお湯ごと入れ、淡口醤油で味つけして、ネギと一味をかける。

 

ホタルイカの酢みそ。

ホタルイカの酢みそ

水で洗い、水気をふき取ったゆでホタルイカを、白みそと、それと同量くらいの酢、砂糖とカラシをちょっとずつ、それに青ねぎ少々で和える。

 

ナスの塩もみ。

ナスの塩もみ

3ミリ幅くらいに切り、ひとつまみの塩で揉んで10分くらい置き、水洗いしてよく絞ったナスを、おろしショウガとひねり潰したゴマ・それぞれたっぷりと、味ぽん酢で和える。

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

 

料理は、非常にちんたら作る。おれは世界で一番ちんたら、料理を作っているのではないかと思う。

料理をしながら酒を飲むから、食べ始めるころには泥酔状態になるのだが、それが好きなのだから、仕方がないのである。

 

「何でも好きなことをすればいいってモノじゃないよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎関連記事

たけのことサワラの煮物は、死ぬしかないほどのウマさなのだ

中華風ナスミート・ライス/ミートソースは中華風に味をつけると死ぬかと思うほどご飯に合うのだ

豚肉の若竹炒め/旬のタケノコと豚肉の炒め物はたまらない味である

イカと春キャベツの梅炒め/クソは自分がクソなことが分からないのだ

豚肉とニラのみそ炒め/料理をしない男がまず作るならこれなのだ
 

 
 

『大好きな炒め物』ウー・ウェン著
5

料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。
料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができ、目からウロコが5億34枚ほど落ちます。
また、掲載されているレシピはすべて炒めものであるため、実用性が高いこと、使われている調味料や材料が、中国料理のレシピとしては比較的ふつうで作りやすいこと、およびウーさんのコメントが可愛らしくてほっこりとすることも、おすすめのポイントです。
価格は1,490円。
中国料理の入り口を学びたい、また炒めもののレパートリーを広げたい、という人は、ぜひ購入したらいいと思います!

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG