細川氏に当選してほしいのである。(タラの湯豆腐)

タラの湯豆腐

 
昨日は魚屋にタラのあらがあったから、湯豆腐にした。

タラの湯豆腐

これを肴に酒を飲みながら、「都知事選では細川氏に当選してほしい」と改めて思ったのである。

 
魚屋へ行ったら、タラのあらがあったのである。

ぼくは買い物へ行くのが夕方近くになることが多いため、魚屋へ行っても出物は売り切れていることが多い。

今なら圧倒的に、タラとブリのあらがうまいわけだが、そう数が出ない上に、皆さんうまいものはご存知なので、昼ごろには売り切れてしまうのだ。

しかし昨日は、ぼくが行く時間にタラのあらが一パック、まだ残っていたから、すかさず手に取ったわけである。

 

タラのあらを食べるなら、やはり「鍋」ということになる。

クセが少なく、鍋の味を濁さない上に、身に弾力があるから長く煮てもかたくならない。

どのような鍋にも合うが、「ちり鍋」が王道だ。

昆布だしで煮て、味ポン酢で食べるのである。

 

しかしタラちり鍋はわりと最近食べたから、昨日はタラの「湯豆腐」を食べることにした。

「鍋」と「湯豆腐」のちがいは、「おでん」と「大根煮」のちがいのようなもので、要は「具の数」だけである。

鍋は色んな具をたくさんいれるのが楽しい。

それに対して湯豆腐は、あくまで「豆腐が主役」だから、豆腐のほかは、具をできるだけ少なくするのがポイントだ。

 

鯛の湯豆腐の場合なら、濃厚なうまみがあるから、鯛と豆腐のほかには三つ葉をいれるくらいがいい。

タラの湯豆腐

でもタラは淡白だから、味が強いものをいれるのがおすすめで、昨日は青ねぎとしめじをいれたのである。

 

鍋にだし昆布をしき、豆腐と洗ったタラをいれたら、たっぷりの酒をいれて水を張り、火にかける。

タラの湯豆腐

アクを取りながら10分ほど、とても弱い火で煮たら、青ねぎとしめじをサッと煮る。

 

タラと豆腐は全部いれてしまっていいが、青ねぎとしめじは煮過ぎるとダメになる。

タラの湯豆腐

一回に食べる分ずついれるのがいい。

 

取り皿によそい、味ポン酢と一味をふる。

タラの湯豆腐

ぷりぷりのタラあらと、タラの味がしみた豆腐は「たまらない」のである。

 

箸休めは、まずは畑菜のからし和え。

畑菜のからし和え

京都では、立春の翌日、初午(はつうま)の日に、これを食べるそうである。

畑菜は、塩ひとつまみを振った水でサッとゆで、水で冷やしてよく絞る。

しょうゆとみりん各小さじ1、カラシ少々と、かつお節にゴマで和える。

 

それからすぐき漬け。

すぐき漬け

「最近、茎が好きになりました」とすぐきを売っているおばさんに言ったら、

「大人になったね」

と言われたのである。

 

酒はぬる燗。

酒はぬる燗

昨日はこれを飲みながら、

「都知事選では細川候補に当選してもらいたい」

と、改めて思ったのである。

 

さて「都知事選」なのだが、昨日細川候補と小泉氏の演説会を、ネットの中継で見たのである。

ぼくは細川候補を応援していて、ツイッターもフォローしている。

選挙にネットを使うことが解禁になったから、各候補とも積極的にネットを活用しているようだ。

細川候補も演説をすべて、生中継しているのである。

 

ツイッターを見ると、細川候補の演説にはほとんど、小泉純一郎氏も同行しているようである。

「小泉氏が応援する」とは聞いていたが、2~3回、いっしょに演説するくらいかと思っていた。

人もずいぶん集まっているようだ。

小泉氏のツイッターでも、手応えを感じているのが伝わってくる。

 

小泉氏は、昨日の演説でも「脱原発」を熱弁していた。

例の調子で、原発を維持することの非現実性と、原発をなくした場合の可能性を、1時間近くも語るのである。

まさかあの小泉氏が、脱原発を主張するとは、誰にも想像できなかったことだろう。

話をしている内容は、一から十まで、共感できることだった。

 

小泉氏の演説で、「特にいい」と思うのは、

「老人よ、大志を抱け」

というくだりである。

「少年だけでなく、老人だって大志を抱いていい・・・」

小泉氏は言うのである。

「子供たちの世代に原発を残さないようにしたい。
老人として、これほど大きな夢があるでしょうか・・・」

そして小泉氏は、

「それは実現可能な夢だ」

と結ぶのだ。

それが実現するなら、本当にいいと思う。

 

演説を聞きながら、

「細川候補が当選してくれたらいいな・・・」

ぼくは気が気でないのである。

もし落選したら、かなりガッカリするのはまちがいない。

でも今回、「脱原発」が政治の中心に踊り出た、はじめての機会だったのではないか。

ぼくはそのことだけでも、細川候補と小泉氏の功績はあったと思う。

 

物事は、「なるようにしかならない」のだ。

まわりの状況がどうであれ、

「ぼくはぼくで、やるべきことをやるまでだ」

と、自分に言い聞かせているのである。

 

「おっさんは何をやるの?」

チェブラーシカのチェブ夫

まだはっきりとは分からないんだけどな。

 

 

◎絶賛発売中

 

◎関連商品

アルマイト製浅型鍋20cm
アルマイト製浅型鍋20cm
1,391円+送料(アマゾン)


イワタニカセットコンロ
イワタニカセットコンロ
2,554円送料無料(アマゾン)

 

◎関連リンク

細川護煕氏ツイッター

小泉純一郎氏ツイッター
 

◎関連記事

都知事選が日本が変わるきっかけになってくれたらいいと思うのである。

50を過ぎたら早く死んだほうがいいのである。

ぼくは「世界を変えたい」のである。

自衛隊など失くしてしまえばいいのである。

「食事は家でする」ことが日本の未来を拓くとおもうのである。
 

おっさんひとり飯
50歳、バツイチ独身の「おっさん」が一口コンロで作る、 “簡単・うまい・安上がり”と三拍子そろったレシピ集。
『おっさんひとり飯』の刊行から約2年。一人暮らしの男性の強い味方が、より使いやすい新書サイズとなって再登場です。
前回好評だった”殿堂入りレシピ”はそのままに、新たに編み出された垂涎必至のレシピも25点収録。
「お金はかけず、だけどうまい! そして簡単にできてしまう男のための料理本」(高野さん談)を教科書に、多くの方がキッチンに立つことを願っています!