明け方の足のつりは、寝る前に水を飲めば治るのである。

チェブ夫

 
去年から、明け方に足がつるようになったのが見事に治った。

チェブ夫

明け方の足のつりは、寝る前に水を飲めば治るのである。

 

 

去年から、明け方に足がつるようになったのだ。ふくらはぎが多いのだが、激痛で目が完全に覚めてしまい、それからは二度寝しようと思ってももう寝られない。

これが、ほぼ毎日続いた。睡眠不足になるのである。

 

原因は、「年のせいだろう」と考えた。50を過ぎ、突然そうなったのだ。

年をとると、「寝られなくなる」とはよく聞く話だ。

「ぼくもいよいよ老人の仲間入りか・・・」

そう思っていた。

 

ところがそれが、前に付き合っていた彼女と別れ、パッタリとなくなった。そうなると、「年のせい」とは言えないだろう。

「彼女とのストレスが原因だったか?」

次にはそう考えた。

前の彼女とは合わなくて、ぼくは蕁麻疹も発症し、それがやはり別れてから、快方に向かっていたのである。

 

蕁麻疹は、今はもう完全に回復し、足のつりも、ストレスが原因だと結論していた。

ところが今年、6月になった頃から、再び足がつるようになったのだ。

今は、ストレスになるようなことは、とくべつ思い浮かばない。蕁麻疹も出てはいないし、足がつるのはストレスではなかったことになるだろう。

 

一つには、暖かくなってきて、掛け布団をやめたこともあると思う。毛布やタオルケットで寝ていると、足が出るから、どうしても足が冷えやすい。

水泳などで足がつるのも、冷えが一つの理由だろう。考えてみたら去年彼女と別れ、足のつりがなくなったのも、ちょうど秋口、布団を掛けはじめた頃だった。

 

そんな話を、ある日マチコちゃんにしたのである。するとマチコちゃんは事もなげに、

「それは脱水症状が原因だよ。寝る前に水を飲んだらいいよ」

と言う。

あまりに簡単に言われたので、拍子抜けしたのだが、言われた通り、寝る前に水を2~3杯、飲むようにしてみた。

 

すると・・・、

 

足はつらなくなったのだ。

 

そんな簡単なことだったのか。これは常識なのだろうか。

薬局には、「こむら返りご相談ください」と貼り紙が貼ってある。こむら返りを抑える漢方もあると聞く。

 

しかし、そんな必要はなかったのだ。

 

明け方の足のつりは、寝る前に水を飲めば、治るのである。

 

「また一行で終わることを長々と書いたね。」

チェブ夫

ほんとだな。

 

 

 

◎関連記事

小動物が家に入ってくるのである。

土曜日は朝酒をした方がいいのである。

電気風呂を初めて体験したのである。

風呂には毎日入らなくても全く問題ないのである。

夏至を過ぎたら「もう夏」と思えばいいのである。
 

おっさんひとり飯
50歳、バツイチ独身の「おっさん」が一口コンロで作る、 “簡単・うまい・安上がり”と三拍子そろったレシピ集。
『おっさんひとり飯』の刊行から約2年。一人暮らしの男性の強い味方が、より使いやすい新書サイズとなって再登場です。
前回好評だった”殿堂入りレシピ”はそのままに、新たに編み出された垂涎必至のレシピも25点収録。
「お金はかけず、だけどうまい! そして簡単にできてしまう男のための料理本」(高野さん談)を教科書に、多くの方がキッチンに立つことを願っています!