モバイル端末で「ホーム画面におっさんひとりめしを追加」をOKすると、表示速度が向上してサクサクと動くようになりますYO!

京都大宮飲み屋街で、またいつものごとく飲み過ぎたわけである。

スピナーズ

 
京都大宮飲み屋街で、3軒をはしごした。

スピナーズ

言うまでもなく、またいつものごとく飲み過ぎたわけである。

 

 

夜は京都大宮飲み屋街をはしごした。

大宮は、飲み屋街全体が「一つの飲み屋」のようになっているのが特徴で、常連さんも、多くがはしごしながら飲む。ほとんどの店がチャージを取らず、一軒の店で3杯飲んでも3軒の店で一杯ずつ飲んでも、「料金はおなじ」という計算になるからだ。

はしご酒が楽しいのはまちがいなく、店を替えると気分も替わるし、お客さんの顔ぶれが替わるからまた新たな出会いもある。

ただしその分、酒も進むことになるから気を付けないといけないのである。

 

きのうは家を出る前、「Kajuとスピナーズへは行こう」と考えた。週一ぺんの外飲みで複数の店と顔をつないでおくためには、行く店は慎重に選ぶ必要がある。

「そのほかにもう一軒くらい」と思うわけだが、これが怖いところがある。

飲み屋では、何が起こるかわからない。

下手に盛り上がってしまうと、どこまでも飲んでしまうことになるからだ。

 

しかしそれは、とりあえず考えないことにして、まずはKajuへ向かった。

京都大宮飲み屋街

表の大宮通を通ると誰に会うかわからないから、裏から入る。

Kajuには知り合いはいなかった。

Kaju

なのでマスターと言葉をかわし、ゆっくり飲む。

 

Kajuは落ち着いた雰囲気が特徴だ。

お客さんも、「話をする」というよりは、「のんびり一人でグラスを傾けたい」と来る人が多いと思う。

 

それからKajuは、ツマミもうまい。

Kaju

きのうはチャンジャ。

ゴマ油がかかっていて、たっぷりの青ねぎと混ぜて食べる。

 

Kajuでビールを2杯のみ、店を出て、つい何の気なしに、表通りに出てしまった。

するとそこにはたこ焼き「壺味」があるわけで、しかも壺味にしては珍しく、店はガラガラ、大将と店員のかわいらしい女の子が暇そうにしている。

そうなれば、入らないわけにはいかないだろう。

壺味

レモン酎ハイを飲むことにした。

 

女の子はほんとにかわいく、ぼくは「ファン」なのである。

また瞳の奥に、こちらを小馬鹿にしたような表情が見えるところがたまらない。

 

頼んだツマミは、つぶ貝わさび漬け。

壺味

壺味は魚介のツマミもうまい。

タコを仕入れるからだろう、大将は中央市場へマメに行くし、時々小浜まで足を伸ばして仕入れをしている。

 

そのうちお客さんが増えだして、知り合いの常連さんも入ってきた。

そうなると腰を落ち着ける態勢になるわけで、レモン酎ハイをもう一杯。それに「すぐできるツマミ」を大将に聞いて、「山芋バター」を注文した。

 

ところが壺味は、のんびりとした店なのである。

山芋バターは大将のお母さん「ケイちゃん」の担当なのだが、ケイちゃんは前に注文があったたこ焼きを焼いていて、いつまでたっても山芋バターにとりかかる気配がない。

でもそののんびりとしているところが壺味の持ち味なのだから、催促をする気もせず、ぼくものんびりと待っているうちに、ようやく山芋バターが出てきた頃にはレモン酎ハイを飲み終わってしまった。

壺味

すると言うまでもなく、「もう一杯」となるわけだ。

 

その頃にはマチコちゃんを初めとして人がドサドサと入ってきて、壺味の店内は賑やかになった。

そうすれば話もすることになり、気付いた頃にはあっという間に、11時をまわっていたわけである。

 

それからぼくは、予定の最終地点スピナーズへ向かった。

昼にはビールを2本飲み、家を出る前にも焼酎を3杯飲んでいたから、すでに完全に出来上がっている。

でも行かないわけにはいかないだろう。顔をつながないといけない店には、つながないといけないのである。

 

スピナーズでは、トマト酎ハイ。

スピナーズ

なじみの常連さんと話しながら、あっという間に3杯飲んだ。

かなり酔い、記憶が途切れる寸前だったが、財布の金が乏しくて、それ以上飲めば足りなくなるのはかろうじてわかっていた。

それできのうは、何とか記憶があるうちに家に帰れた次第である。

 

毎度毎度、酒を飲めば飲み過ぎる。

飲み過ぎて、その分店に貢献するわけだから、それで世の中丸くおさまるということだろう。

 

「酒飲みはほんとにアホだね。」

チェブ夫

まったくな。

 

 

 

◎関連記事

新福菜館天神川店はしょうゆの味が「キリリ」と立っているのが特徴である。

飲めば「まさかの展開」もあるのである。

飲み屋は行けば長くなるのである。(酒房京子、Kaju、スピナーズ)

休日は一日飲むのである。(ツナのみそ煮込みうどん)

人格は欠落にこそ宿るのである。(新福菜館三条店、スピナーズ、酒房京子)
 

『大好きな炒め物』ウー・ウェン著
5

料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。
料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができ、目からウロコが5億34枚ほど落ちます。
また、掲載されているレシピはすべて炒めものであるため、実用性が高いこと、使われている調味料や材料が、中国料理のレシピとしては比較的ふつうで作りやすいこと、およびウーさんのコメントが可愛らしくてほっこりとすることも、おすすめのポイントです。
価格は1,490円。
中国料理の入り口を学びたい、また炒めもののレパートリーを広げたい、という人は、ぜひ購入したらいいと思います!

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG