モバイル端末で「ホーム画面におっさんひとりめしを追加」をOKすると、表示速度が向上してサクサクと動くようになりますYO!

ブログの変更についてのお知らせ

チェブ夫

 
このところ、このブログについて、いくつかの変更をしました。

チェブ夫

それをお知らせしておきたいと思います。

 

◆コメント欄について

コメント欄を、フェイスブックのシステムを利用したものに変更しました。これからはこのブログにコメントするためには、フェイスブックのアカウントを持っていて、かつそれをこのブログに登場させる必要があります。

変更の理由は中傷コメント対策で、それがフェイスブックを利用することでより容易になるからです。

ただしこれまで、中傷でないコメントを送ってくれていた人には、これからは同じようには投稿してもらえなくなるので申し訳なく思っています。

何卒ご理解たまわりますようお願いいたします。

基本的に中傷ではないコメントは歓迎で、これからはお返事もするつもりでいます。

なおコメントを投稿する際には、「Facebookのすべての投稿」にチェックを入れるとご自身のタイムラインにコメントが掲載され、外すとされないようになっています。適宜お選びくださいますようお願いいたします。

 

◆投稿回数について

今までは一日一回の投稿だったものを、複数回投稿することとしました。複数テーマの内容を一つの記事にしていたものを、これからはテーマごとに記事を分けて投稿していくことになります。

 

◎複数テーマを一つの記事にしていた背景

複数テーマを一つの記事にしていたのは、元はといえば「ブログランキング」に登録していたからです。

ランキングで上位を狙うためには、読者の人にバナーを押してもらうことが必要です。その有効回数が一日一回だったので、一日に何度も投稿するのはしつこいような気がして、投稿回数を一日一回に控えるようにしていました。

でもブログランキングは去年の9月に卒業し、ランキングから来てくれる人の利便のためにバナーは残してありますが、もう上位は狙っていません。

今はむしろ、広告を見たり、フェイスブックやツイッターでお知らせしたり、してもらえればと思っているわけですので、それなら別に、投稿が一回である必要はないということになりました。

 

◎複数投稿することのメリット

記事を分割することは、ブログを投稿する側には、いくつものメリットがあります。

・記事の内容を考える時間が減る

これまでは全く異なる複数のテーマを一つの記事にしていましたので、それをどのようにまとめるかを考えるのに、30分~1時間ほどかかっていました。記事を分割することにより、その時間は必要ないことになりました。

ただ記事を分割すると、一つ一つをていねいに書くようになり、書く時間が増えましたので、ブログ投稿に要する時間自体は、結局のところ変わっていません。

 

・収まらなかった細かい内容が拾えるようになる

記事を一つにまとめていた時は、うまく収まらない細かな内容を捨てていたことも多かったです。「昼飯」などは、おもしろいものも多かったのですが、ほとんど掲載しませんでした。

でも記事を分割すれば、そういう内容も拾えるようになります。

 

・料理と全く関係がないテーマも書きやすい

一日一回の投稿だと、どうしても前日に食べたものについてのことを書くのが中心となってきます。そうすると、それ以外の内容は登場させにくくなっていました。

これからは、先日投稿した「群れは意識をもつ」などもその一つなのですが、料理以外の内容についても積極的に投稿していきたいと思います。

 

・記事の検索性が高まる

あとから記事を検索するとき、例えば「料理の記事が見たい」と思ったのに、いっしょに政治の話が出てくるのは、やはり邪魔だと思います。

記事を分割すれば、そのようなことはなくなります。

 

・グーグルの検索順位が上がる

複数のテーマを一つの記事にまとめていると、グーグルの検索エンジンがうまく内容を把握できず、検索結果の登場順位が下がることになりがちです。

記事を分ければ、そのようなこともなくなります。

 

ただ毎日ブログを見てくださっている方にとっては、

・先に投稿された記事が丸められてしまうためクリックの手間が増える
・記事の見逃しが出やすい

などのデメリットもあるかと思います。

また「一つにまとまった記事のほうが好きだった」という方もいるかもしれません。

そういう方には申し訳なく思いますが、こちらについても、何卒ご理解たまわりますよう、お願いいたします。

 

「ブログばかりじゃなく仕事もしてよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

『大好きな炒め物』ウー・ウェン著
5

料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。
料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができ、目からウロコが5億34枚ほど落ちます。
また、掲載されているレシピはすべて炒めものであるため、実用性が高いこと、使われている調味料や材料が、中国料理のレシピとしては比較的ふつうで作りやすいこと、およびウーさんのコメントが可愛らしくてほっこりとすることも、おすすめのポイントです。
価格は1,490円。
中国料理の入り口を学びたい、また炒めもののレパートリーを広げたい、という人は、ぜひ購入したらいいと思います!

このブログについての最新記事8件

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG