ツナのチャーハンが激しくうまかったのである。

ツナのチャーハン

 
昼飯にツナのチャーハンを作った。

ツナのチャーハン

これが簡単にできながら、激しくうまかったのである。

 

 

昼はいつも、上に簡単なものをのせて生じょうゆをかけたうどんやチャーハンを食べるのが、今日つくったツナのチャーハンが激しくうまかった。

ツナのチャーハン

チャーハンはチャーシューなど肉系のものを使うと、どうしても化学調味料を入れないと味が足りなくなるけれど、ツナを使えばそういうことは全くない。

卵に青ねぎ、味付けは塩としょうゆだけだから、とても簡単にできるのに、見事な味になったから、ぜひやってみたらいいと思う。

 

◎作り方

サラダ油少々を引いたフライパンを強火にかけ、まず卵を割り落として軽く混ぜたら、冷ご飯1膳ほどを入れてさらに混ぜる。

ツナ(まぐろ油漬)2分の1缶を油ごと入れてしばらく炒め、塩かるく一つまみ、鍋肌からまわし入れたしょうゆ少々で味を付け、少し炒めて火を止める。

 

 

 

◎関連記事

炊き込みご飯は和食の入門としていいのである。(スズキの炊き込みご飯)

家で飲み過ぎ過ぎたのである。(鯛とタケノコのご飯)

「食事は家でする」ことが日本の未来を拓くとおもうのである。(鶏めし)
 

最高におすすめな料理本
5

料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。
料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができ、目からウロコが5億34枚ほど落ちます。
この本を買うことで、本格的な中華料理を家にあるフライパンで作れるようになりますYO!

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG