ゴーヤーのトマト肉じゃが ~ゴーヤーのレシピとしてゴールデン!

ゴーヤーのトマト肉じゃが

「ゴーヤーを使って何を料理したらいいかな」と思うなら、『ゴーヤーのトマト肉じゃが』はとてもオススメなものの1つです。

ゴーヤーは、洋風の味つけがよく合ううえに、トマトとじゃがいもとの相性もマーベラスだからです。

トマト肉じゃがは、一般的な肉じゃがと作り方はほとんどいっしょです。

30分もあれば余裕で作れてしまいますので、ぜひ試してみて、ゴーヤーレシピのレパートリーをまた1つ増やしてくださいNE!

ゴーヤーのトマト肉じゃがの作り方

ゴーヤーのトマト肉じゃが

ゴーヤーのトマト肉じゃがを作る手順は、

  1. 豚肉とにんにくを炒める
  2. ゴーヤーを初めとする野菜を炒める
  3. 調味料と水をくわえて煮込む
  4. 片栗粉でトロミをつける

の4工程です。

火加減は、強くしすぎず中火以下でやると失敗が少ないと思います。

肉を炒め終わった時点で野菜を切り終わっていない場合や、調味料を入れるときなどは、一度火を完全に止めてしまうとあわてず落ち着いて作れます。

1.豚肉とにんにくを炒める

ゴーヤーのトマト肉じゃが 作り方

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ1
  • 豚の肩ロースかたまり肉またはコマ肉 100グラム程度(肩ロースかたまり肉の場合は、5ミリ~1センチ幅程度に細く切る。コマ肉なら食べやすい大きさに切る。塩・コショウ・酒それぞれ少々を軽くもみ込み、片栗粉小さじ1くらいをまぶしつけておく)

を入れて弱めの中火くらいにかけ、3~4分、肉に焼き色がつくまで炒める。

つづいて、

  • にんにく 1かけ(みじん切り)

を加え、さらに1分ほど炒めて味を引きだす。

豚肉は、コマ肉でも問題はないですが、この料理は煮込みますので、肩ロースかたまり肉をコマ肉よりは厚めに切ったものの方が、肉の味がしっかりと残っておいしいです。肩ロースかたまり肉は、アメリカ産なら、コマ肉とおなじような価格で買えるかと思います。

2.ゴーヤーを初めとする野菜を炒める

ゴーヤーのトマト肉じゃが 作り方

つぎに、

  • じゃがいも 1~2個(大きさにより。皮をむき、芽の部分をくり抜いて、2センチ大くらいに切る)
  • ニンジン 2分の1本(1センチ厚さくらいの食べやすい大きさに切る。ニンジンの皮はむかなくていいです)
  • ゴーヤー 2分の1本(タテ半分に切り、ヘタを落として、スプーンでワタをかき出したうえで、1センチ幅くらいに切る)
  • 玉ねぎ 2分の1個(1~2センチ幅のくし切りに切る)
  • トマト 2分の1個(ざく切り)

を入れ、弱めの中火で3~4分、全体に油がからむまでじっくり炒める。

ゴーヤーは、ゴーヤーチャンプルーに入れるときよりかなり厚く切ることで、ホックリとした食べごたえを楽しめます。

3.調味料と水をくわえて煮込む

ゴーヤーのトマト肉じゃが 作り方

野菜を炒めたら、

  •  大さじ1
  • みりん 小さじ1
  •  大さじ1
  • ナンプラー 小さじ1

を加え、1分ほど炒めて味をなじませる。

つづいて、

  •  200cc
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • コショウ 4~5振り

を入れ、フライパンのフタをして、弱めの中火でしっかりと煮立たせながら10分煮る。

火加減は、弱火とかにしてしまうとじゃがいもに火が通らないため、しっかりと煮立たせることがポイントです。じゃがいもなどが煮汁から顔をだすことがありますので、途中で1度くらい上下を返してもよいですが、フタをすれば煮汁の水面から上も蒸し焼きの状態となり、火は問題なく通りますので、あまり気にしなくてもいいです。

4.片栗粉でトロミをつける

ゴーヤーのトマト肉じゃが 作り方

味をみて、塩気が足りなければ塩を加える。

一度火を止め、

  • 片栗粉 大さじ1+2分の1
  •  大さじ3

の水溶き片栗粉を、2~3回に分けて入れてはまぜしながら加える。

弱めの中火をつけ、上下を返しながら1分くらい炒めてしっかりとトロミをつける。

皿に盛り、粗挽き黒コショウ少々をかけて食べます。

ゴーヤーのトマト肉じゃがは3億24回くらい死ねる

ゴーヤーのトマト肉じゃが

洋風な味つけによく合い、トマトとじゃがいもとの相性も抜群にいいゴーヤーを使ったトマト肉じゃが。

おいしくて、だいたい3億24回くらい死ねると思います。

作り方は簡単ですので、ぜひ試してみてくださいNE!



ゴーヤーのトマト肉じゃがと関連するレシピ

ゴーヤーのトマト肉じゃが

ゴーヤーのトマト肉じゃがと、作り方はほぼおなじで味つけや材料が少しだけ違う、関連するレシピを紹介します。

ゴーヤーの肉じゃが塩味

関連記事

前回の投稿で、「『ゴーヤーのレシピって、チャンプルー以外に何があるんだろう?』と考えている人もいるでしょう」と書きましたら、ツイッターでの反響がいくつかありました。「カレーに入れてもいいですよ。あとはすり下ろしてジュ[…]

ゴーヤーの肉じゃが塩味

トマトを使わないことだけが上のレシピとの違いです。

シンプルな味つけで、ゴーヤーをよりしっかりと味わうことができ、おいしいです。

ゴーヤーの中華丼 酢豚風

関連記事

「ゴーヤーのレシピって、チャンプルー以外に何があるんだろう?」と考える人もいるでしょう。レモンの3倍というビタミンCをはじめとして豊富な栄養素を含み、夏バテ防止にも効果があるといわれるゴーヤー。出盛りになる夏場には、できれば[…]

ゴーヤーの中華丼 酢豚風

上のレシピを酢豚風の味つけにしたものです。

やはりトマトを使いますので、これもスーパーにうまいです。

最高におすすめな料理本『大好きな炒めもの』ウー・ウェン著

大好きな炒めもの
ウー・ウェン著
4.3(Amazonの評価)
価格:¥1,518 (送料無料)
料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができて目からウロコが落ち、実用性も大変高い。筆者 高野も常に手元においている1冊です。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG