キムチチゲと思ったらカレー

キムチチゲっぽいカレー

「疲れがたまってきた」と感じたら、まちがいなく、「豚肉とニラ」なのだ。

豚肉には、「ビタミンB1」がたんまり入っているそうで、これが糖質の代謝を高め、バリバリとエネルギーを作ってくれる。

さらにニラにふくまれる「硫化アリル」は、その働きを手助けするというから最強だ。

硫化アリルは、ニンニクが一番なのだそうだが、ぼくは家でニンニクを食べないので、ニラやネギを使っている。

 

「豚肉とニラ」といえば、最も合うのは「キムチ味」。

キムチチゲとか、豚キムチとかにするのは最高だ。

しかしきのうは、「カレーライス」が食べたくなった。

日本人である以上、やはりカレーは、定期的に食べる必要がある。

 

そこでこのキムチとカレーを、合体させることにした。

キムチチゲと思ったらカレー

「キムチチゲと思ったらカレー」。

 

カレーとキムチが、「よく合う」のは実証済みだ。

カレーライスにキムチを添えると、「辛いもの同士」でありながら、味の指向性が真逆なので、味の世界がグンと広がる。

しかしきのうは、さらにキムチを、一緒に煮込むことにした。

 

作り方は、ほぼ「キムチチゲ」。

そこにカレー粉を加えるだけのことだが、それで一気に、キムチチゲがカレーになる。

しかも「キムチチゲっぽいカレー」になるかと思ったら、「普通においしいカレー」なのだからオドロキだ。

 

キムチチゲだから、豆腐も入れる。

キムチチゲと思ったらカレー

「カレーに豆腐」が、またバツグンだ。

 

フライパンに「ゴマ油 大さじ3」を引き、

  • カレー粉 大さじ2
  • 豆板醤 小さじ2
  • おろしショウガ 2~3センチ大

を入れる。

キムチチゲと思ったらカレー

 

さらにその上に、

  • 豚ばらスライス肉 200グラム
  • キムチ 200グラム

をのせ、フタをして中火にかける。

キムチチゲと思ったらカレー

 

まず5分くらい、そのまま火にかけ、カレー粉と唐辛子を油に溶かし、キムチの味を豚肉にしみさせる。

キムチチゲと思ったらカレー

次にフタをはずし、全体を混ぜながら、さらに10分くらいじっくり炒め、キムチをくたくたにする。

 

そうしたら、

  • 水 2カップ
  • 酒 大さじ1
  • みそ 大さじ1
  • みりん 大さじ1

をくわえて、焼き豆腐をいれ、弱火でコトコト10分くらい煮る。

キムチチゲと思ったらカレー

煮込んだら、味をみて塩を入れるが、キムチに塩があるから、くれぐれも入れ過ぎないのが肝心だ。

 

中火にし、ざく切りのニラ1把をくわえ、しんなりするまでサッと煮る。

キムチチゲと思ったらカレー

「ポッカレモン100か酢 大さじ1」を入れ、

  • 片栗粉 大さじ2
  • 水 大さじ2

の水溶き片栗粉を、混ぜながら少しずつ加えてトロミをつける。

 

ご飯といっしょに皿に盛り、キムチを添える。

キムチチゲと思ったらカレー

 

思わずのけぞってしまうほど、おいしいカレーだ。

キムチチゲと思ったらカレー

 

酒は、冷や酒。

酒は、冷や酒

辛いものには、冷たい酒が合う。

 

「年寄りは仕方ないね。」

チェブ夫

 

「いつまでも若いつもりでいるんじゃないよ。」

ネコ

 

、、、そうだよな。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG