モバイル端末で「ホーム画面におっさんひとりめしを追加」をOKすると、表示速度が向上してサクサクと動くようになりますYO!

たまんないっすよ。【豚肉豆腐・ニンニク入り】

豚肉豆腐ニンニク入り

豚肉豆腐ニンニク入り

きのうは、豚肉豆腐・ニンニク入り。うす味の、日本風のふつうの肉豆腐に、ニンニクとゴマ、それにコショウを加えたもので、これがまた、たまらないのだ。

 

 

予想通り、きのうは仕事がまったくできなかった。カウンターの疲れはある。

でもそれより、飲み過ぎなのだ。

 

自由業だから、仕事の時間に融通はきく。寝坊しても、誰に迷惑をかけるわけでもない。

でも怠ければ、すべて自分に跳ね返ってくるのは言うまでもないこと。

仕事をしないと、食べていけない。飲み過ぎは、自分で自分の首を絞めることになるのは、分かりきった話である。

 

ともかくおれは、酒が好きすぎるのだ。「世界でいちばん好きなものは何か」と聞かれれば、迷うことなく「酒」と答える。

それなのに、酒が、強くない。

酒がほんとうに強い奴は、二日酔いなどしないのだ。アルコールを分解するスピードが早いから、おれなどが、1杯の酒が抜けるのに3時間くらいがかかるところ、ものの30分ほどで、シラフになってしまう。

 

酒が強くもない者が、スピードだけは酒が強い奴とおなじように飲めば、次の日残るのは知れた話。

わかっているのに、いざ飲み始めると、そんなことはすべて忘れて、杯を空けまくってしまうという体たらく。

 

それで、次の日二日酔いになり、使い物にならなくなるのだ。

それをもう、かれこれ30年以上、ずっとくり返している。まったく、脳みそが足りないとしか思えないわけである。

 

 

二日酔いでも、いつも飲みはじめる時間になると、また酒を飲む。酒を飲むと、残っていたはずの酒がスッと消えるから、不思議なものだ。

 

きのう肴に作ったのは、豚肉豆腐・ニンニク入り。

豚肉豆腐・ニンニク入り

これがまた、ウマかった。

 

うす味のだしで肉と豆腐を煮る「肉豆腐」が、日本の酒の肴として王道の一つであるのは、いうまでもない話。コッテリとした肉と豆腐の相性は抜群だから、酒が進むことこの上ない。

おれは関東出身だから、肉は「豚肉」ということになる。

 

ここに、ニンニクを入れると、またうまいのだ。

肉とニンニクの相性がいいのは、たとえばニンニクチップをまぶしたステーキがうまいのを、思い浮かべればわかること。煮物についても、これはおなじように当てはまる。

 

みりんと醤油で味つけしたうす味のだしは、ニンニクを加えると、ちょうど「焼肉のタレ」的な味になる。焼肉のタレは、日本人はみんな大好きだろう。

完全に、王道の味の一つなわけで、ここに、日本料理にニンニクを加える突破口があると思う。

 

この焼き肉のタレ味の煮物に、まずゴマを加えると、さらにうまい。これは焼肉のタレにはまずまちがいなく、ゴマが入っていることからもわかる通り。

そこにさらに、「コショウ」を加えると、うまいのだ。

 

日本風の煮物には、一味などの唐辛子をかけることはあっても、コショウをかけることはないと思う。

でもニンニクに、コショウは合う。ニンニクチップがまぶしつけられたステーキは、塩コショウで味付けされているはずだ。

それからコショウを始めとしたスパイスを多用するインド料理も、もちろんベースにはニンニクを使う。

 

そこで肉豆腐にニンニクを入れる場合は、ゴマとコショウをふりかける。

これが実にうまくて、たまらないのだ。

 

作り方は、ふつうに肉豆腐を作るのとおなじ。

だしは、かつお節を使わなくても、どちみち風味はニンニクが勝ってしまうから、煮干しを使えば十分だ。

 

 

 

豚肉豆腐・ニンニク入り 作り方

まずは煮干のだしを取る。

3カップ+2分の1(2分の1は、だしを取るあいだに煮詰まる分)の水に、

  • 頭とわたを取った煮干し 2つまみくらい
  • 包丁の腹で押しつぶしたニンニク 1かけ

を入れて中火にかけ、沸いてきたら弱火にし、10分ほど、コトコト煮出す。

きのうは、だし殻はとり出した。

 

豚肉豆腐・ニンニク入り 作り方

取れた3カップほどのだしに、

  • みりん 大さじ4
  • 淡口醤油 大さじ4

で、おでんだしくらいの味をつけ、まずは、大きめに切った豆腐と玉ねぎを、玉ねぎがやわらかくなるまで弱火で煮る。

 

豚肉豆腐・ニンニク入り 作り方

玉ねぎがやわらかくなったら、豚うす切り肉(きのうはコマ肉)200グラムを入れて、さらに弱火のまま煮る。

 

豚肉豆腐・ニンニク入り 作り方

豚肉の色がほぼ変わったくらいのところで、ざく切りの水菜をくわえ、少し火を強めて、煮立ってきたら、火を止める。

 

 

皿に盛り、ひねり潰したゴマと、たっぷりの粗挽きコショウをかける。

豚肉豆腐・ニンニク入り

 

コショウの風味がプンとするのが、アクセントになって、実にいい。

豚肉豆腐・ニンニク入り

 

 

あとは、残り野菜の赤出しみそ汁。

残り野菜の赤出しみそ汁

煮干しだしに酒と赤出しみそで味をつけ、残り野菜を、煮えにくい順番に煮る。

 

それに、大根めし。

大根めし

研いだ米をふつうに加減した水に30分くらい浸し、1センチ角くらいに切った大根・少々と、水・1カップにつき、酒・小さじ1、塩・小さじ2分の1をくわえて、ふつうに炊く。

 

 

酒は、焼酎水わり。

焼酎水わり

 

肉豆腐は酒が進みまくるものだから、きのうもまた、飲み過ぎてしまうのだ。連日連夜飲み過ぎる、この反省のなさは、我ながら理解不能。

でもおれは、酒を飲むために生きているのだから、それも仕方がないのである。

 

「早く死んで。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎関連コンテンツ



『大好きな炒め物』ウー・ウェン著
5

料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。
料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができ、目からウロコが5億34枚ほど落ちます。
また、掲載されているレシピはすべて炒めものであるため、実用性が高いこと、使われている調味料や材料が、中国料理のレシピとしては比較的ふつうで作りやすいこと、およびウーさんのコメントが可愛らしくてほっこりとすることも、おすすめのポイントです。
価格は1,490円。
中国料理の入り口を学びたい、また炒めもののレパートリーを広げたい、という人は、ぜひ購入したらいいと思います!

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG