たこ焼「壺味」は京都・大宮のへそである

たこ焼壺味

深夜まで飲んでいて、起きたのが昼ごろになった上、きのうはブログ更新に半日かかり、更新が終わったら、もうすでに夜。

気力を使い果たしたので、もうそのまま風呂屋へいき、食事も外ですることにした。

 

「どこで食べようか、、、」

考えるわけである。

酒だけでなく、炭水化物もガッツリいこうとおもったら、行く店はかぎられる。

たこ焼壺味

さらに安く、雰囲気もくつろげるとなれば、

「やはり、たこ焼き壺味だろう」

となるのである。

 

「壺味(つぼみ)」はたこ焼きがメインの店だが、お好み焼きや焼きそばなど、「鉄板焼き」はひと通りがある。そのほか、酒の肴も豊富だから、「飲んで食う」には打ってつけ。

しかもまた、料理がどれも、しみじみうまい。素朴ではあるのだが、飽きのこない味なのだ。

これは、

「材料と時間をケチらない」

からだろうとおもう。

 

たとえばこの店の看板メニュー「ねぎ焼き」。

壺味 ねぎ焼き

値段は800円。

 

これがまず、ネギの入っている量がハンパじゃない。

壺味 ねぎ焼き

決して安くはない九条ねぎを、まさに「山」のように盛る。さらに中には、甘辛く味付けされた牛すじが、これもたっぷり入っている。

 

これを30分以上の時間をかけ、じっくりと蒸し上げるのだ。

壺味も、決して暇な店ではない。お客さんが道まであふれ、ごった返すことも多い。

一度に焼けるねぎ焼きは、鉄板の都合で2枚。すでに2枚の注文が入っていると、出すまでに1時間以上、お客を待たせることになる。

 

しかし壺味は、その時間を厭わないのだ。

どんなに忙しくても、おいしくつくるために、必要な時間はかけるのである。

 

お客さんもわかっていて、ねぎ焼きができるまで、ほかの肴で酒をのみながら、ゆっくり待つ。

または、一旦ちかくのほかの店へ出かけ、ねぎ焼きが焼きあがるころ、もどってくる人もいる。

 

この忙しい時代、このようなやり方をつらぬくことは、なかなかできることではない。

しかも先代の時代には、このねぎ焼き、650円で出していて、「つくればつくるほど赤字になっていた」から、息子さんに代替わりしてからは150円値上げして、ようやく収支があうようになったという、笑えない笑い話まであるほどだ。

 

きのう頼んだのは、まず生ガキ。

たこ焼き壺味

大将は、週に一度は京都の中央市場、月に一ぺん小浜の市場まで出かけて仕入れをするから、新鮮な魚介はいつもある。

 

それから、「海鮮塩焼きそば」。

たこ焼き壺味

ホタテにエビ、イカ、タコがたっぷり入った臨時メニューだ。

 

壺味は、「焼きそば」がまたうまい。

ぼくは関東育ちで、「粉もん」にはそれほど執着がないせいで、壺味でガッツリ食べようとおもうときは、焼きそばを注文することが多い。

 

うまさのポイントは、まず野菜がたっぷり入っていること。

たこ焼き壺味

上の写真は2人分をつくっているところだが、玉ねぎにキャベツ、それにもやしが、「これでもか」というくらい、入れられる。

麺は、まるい太麺。これがまた、食べごたえがあって、じつにいい。

 

味付は、まず酒をたっぷり、惜しげもなくつかう。これも大きなポイントだろう。

ソース焼きそばも、スパイシーなどろソースがくわえられ、うまいのだが、これは塩焼きそばだから、塩ダレを使っていた。

 

配合は聞かなかったが、「秘伝のタレ」なのだろう。

しっかりとコクがあり、いい味だった。

 

このように、壺味はまず、「うまい」のだが、店の雰囲気も、とてもとても居心地いい。

「押し付けがましくない」

のが特徴だ。

 

壺味はだいたい、常連さんでごった返している。常連さんはみな話し好き、店内はにぎやかだ。

ここに新規で、はじめて入ろうとおもう場合、まず心配するのは、

「常連さんの話題についていけるか」

ということだろう。

飲み屋で話に入れず、「ポツン」としてしまうほど、さびしいことはないからだ。

 

しかしそれは、壺味では、まず心配ない。常連さんは、新しい人に気をつかい、新しい人が入れるような話題をうまいこと選んでくれる。

きのうも壺味には、若い男性の一人客、それに若い女性3人組の、はじめてのお客さんがいた。

たこ焼壺味

酒豪「池井くん」をはじめとする常連さんは、まあ若者だから、「彼氏・彼女」の話になったりするわけだが、話題をうまくふりながら、会話を盛り上げる。

 

といって常連さんも、「義務」で盛り上げているわけではない。

みな新しい人との出会いが好きな、たのしい人ばかりなのだ。

 

また逆に、

「あまり話しかけられるのは困る」

とおもう人もいるかもしれない。

ぼくなども、どちらかといえばそのタイプ、ひとりでぼんやりと座りながら、たのしい雰囲気を感じているのが好きである。

 

しかし壺味は、そういう人でも心配ない。

常連さんは、お客さんをよく見ている。

 

お客さんが「ひとりでのみたい人」と見れば、決して無理には話しかけない。放っておいてくれるのだ。

それでいて、お客さんに話しかけられたときには、もちろんにこやかに応対する。

「押し付けがましさ」が微塵もない、この「つかず離れず」の距離をたもつ技は、どの飲み屋にでもあるものではないだろう。

 

ぼくは、この「押し付けがましさのなさ」は、京都・大宮の飲み屋全体の特徴ともいえるとおもう。店により、もちろん持ち味はそれぞれだが、多くの店で、常連さんは「つかず離れず」の、なんとも居心地いい距離をたもってくれる。

想像なのだが、その雰囲気が大宮全体に行きわたるのに、「壺味」の存在は大きかったのではあるまいか。

 

壺味は、もう開業20年以上、大宮ではいちばんの古手である。

この店の常連さんが、大宮の多くの店を行き来する。

それにより、壺味の居心地いい雰囲気が、大宮全体にに行きわたったのではないかとすら、ぼくなどはおもうのだ。

 

そういう意味で、たこ焼き「壺味」は、京都・大宮の「へそ」ともいえる店である。

大宮へ来たときには、ぜひ足を運んでみるのがおすすめだ。

 

「若いお客さんも多いよね。」

チェブ夫

そうなんだよな。

 

◎関連記事

#12月28日鶴橋安寧 ~個人の行動は社会を変える力になるのである

ブリのはりはり鍋 ~水菜とブリは相性がいいのである

京都・大宮で飲んでみようと思うなら、まずはKaju’なのである

「ピッコロ・ジャルディーノ」は大宮でパスタを食べるにはおすすめなのである

心温まる送別会に参加して「京都大宮に住んでつくづくよかった」と思ったのである。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG