あさりの豚キムチは言うまでもなくウマイのだ

あさりの豚キムチ

豚肉が中途半端に余っていて、それでは肉気が、メインの皿には足りないように思われた。

「何を足そうか」と考えて、思い浮かんだのは旬のあさり。キムチも冷蔵庫に入っていて、豚肉とあさり、キムチとくれば、キムチチゲでおなじみの黄金のトリオである。

 

ただし、キムチチゲだと、もうこの季節には暑すぎる。

あさりの豚キムチ

そこでキムチチゲの汁なしバージョン、豚キムチにすることにした。

 

豚キムチは、キムチをあまり安いのを買いさえしなければ、ただ炒めるだけで間違いなくおいしくできる。あさりを入れればさらにおいしくなるわけで、この料理はまず失敗は考えられない。

ただ一つ、あさりも豚肉も炒めすぎると硬くなるから、火加減弱め、炒め時間も短くするのがポイントといえばポイントだ。

 

あさりは、薄い塩水に1時間ほどひたして砂出しし、そのあと両手でガシガシ擦りながら、水を4~5回替えて洗う。

あさりの豚キムチ

 

フライパンにゴマ油少々を引き、豚コマ肉100グラムと、見た目同量くらいのキムチとあるだけのキムチの汁、それに味を吸わせる役目の油あげ2分の1枚ほどを入れ、中火にかける。

あさりの豚キムチ

 

豚肉に火が通ったら、

  • 酒 大さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 淡口醤油 小さじ1
  • おろしショウガ 2センチ大分くらい

を加え、洗ったあさり、きのうは300グラムを入れて、火を弱めの中火くらいにし、フタをする。

あさりの豚キムチ

 

あさりの殻が開いたら味を見て、塩気が足りなければ塩を足し、中火に戻して、斜め切りにした青ねぎと、シメジを加え、さっと混ぜて、火を止める。

あさりの豚キムチ

 

 

皿に盛り、ひねり潰したゴマを振る。

あさりの豚キムチ

 

これは言うまでもなくうまく、酒にもめしにもバッチリ合う。

あさりの豚キムチ

 

 

あとは、とろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

お椀にとろろ昆布と削りぶし、水にひたしてよく絞った焼麩を入れ、お湯を注いで淡口醤油で味をつけ、青ねぎと一味をふる。

 

それに残りのイワシと、

イワシ

 

キムチ。

キムチ

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

 

きのうは、おととい丸々半日飲み続けたため、起きたのは昼近く。花見の予定がもう一つ入ってはいたのだが、さすがにもう飲めないから、それはキャンセル。

ブログ更新に夕方近くまでかかり、それが終わったら精魂尽き果て、たまっている仕事はせず。

夜になり、また酒を飲みはじめたという一日だった。

 

我ながら、自堕落な生活ぶり。もうちょっと、キビキビと物事をこなしていきたい気持ちもある。

 

でもぼくも、もう50過ぎ。

あとはもう死ぬだけだから、そこそこ生活できるくらいの金があれば、それでいいのだ。

 

「あまりサボると生活もできなくなるよ。」

チェブ夫

そうだよな。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG