【鶏肉とピーマンのピラフ】王道の味で735回は死ねる

鶏肉とピーマンのピラフ

鶏肉とピーマンのピラフ

鶏肉と香味野菜を使った炊き込みごはんは、日本でも王道中の王道。これを洋風のシンプルな味で作ると、まちがいなく悶絶して735回は死ねます。

 

豚肉や牛肉をそのまま米と炊き込まないのは、やはり豚肉や牛肉には臭みがあるから。その点鶏肉は臭みが少ないから、炊き込みご飯に入れるにはうってつけ。

香味野菜としてピーマンを合わせ、塩がベースのシンプルな味つけのピラフにすると、これがもう問答無用、言語道断、でんぐり返ってひっくり返って泡を吹く、王道の中の王道の味になります。

鶏肉とピーマンのピラフ

作るのに難しいことは何もないので、ぜひ試してみるのがおすすめです。

 

作り方

鶏肉とピーマンのピラフ 作り方

鶏もも肉(べつに胸肉でもいい)・100グラムくらいの表と裏に、塩・計小さじ4分の1、コショウ少々をすり込み、2センチ大くらいに切って、オリーブオイル・大さじ1を入れたフライパンに皮を下にして入れる。

弱めの中火くらいにかけ、まず皮を2~3分、ひっくり返して1~2分焼く。

 

鶏肉とピーマンのピラフ 作り方

フライパンを斜めにして油を集め、

  • ニンニク 1かけ (みじん切り)
  • 玉ねぎ 4分の1個 (みじん切り)

を入れて、火を少し弱めにして4~5分炒め、味をひき出す。

つづいて、

  • 洗わない生の米 2分の1カップ
  • ピーマン 1個 (1センチ大くらいに切る)

を入れて1~2分、米が油を吸って透き通ってくるまで炒める。

 

鶏肉とピーマンのピラフ 作り方

  • 水 1+4分の1カップ
  • 塩 小さじ4分の1
  • コショウ 少々

を入れて中火にし、フライパンを揺すって混ぜながら1分ほどしっかり煮立てる。

フタをして弱火にし、25分炊く。

 

皿に盛り、粗挽きこしょうとパセリみじん切り、それにレモン汁(ポッカレモン100)をかける。

鶏肉とピーマンのピラフ

 

これは、ウマイ……。

鶏肉とピーマンのピラフ

鶏肉とピーマンのピラフ

 

鶏肉のうまみをたっぷりと吸ったご飯は、735回は死ねるのは確実です。

ピーマンの苦味が絶好のアクセントになっていて、またタマラナイところです。

 

そしてこれは、まちがいなくビールに合うにもかかわらず、きょうもまた「朝だから」というだけの理由で飲まなかった僕……。

「こいつはこんなにアタマが悪いやつだったのか」と、僕は自分で自分に愛想がつきそうです。

 

「ほんとにバカ」

チェブ夫

そうだよな。

おっさんひとり飯
50歳、バツイチ独身の「おっさん」が一口コンロで作る、 “簡単・うまい・安上がり”と三拍子そろったレシピ集。
『おっさんひとり飯』の刊行から約2年。一人暮らしの男性の強い味方が、より使いやすい新書サイズとなって再登場です。
前回好評だった”殿堂入りレシピ”はそのままに、新たに編み出された垂涎必至のレシピも25点収録。
「お金はかけず、だけどうまい! そして簡単にできてしまう男のための料理本」(高野さん談)を教科書に、多くの方がキッチンに立つことを願っています!