【豚肉とわかめの味噌うどん】なかなか死ねる。

  • 2016年5月21日
  • 2016年5月22日
  • 豚肉
  • 24view
豚肉とわかめの味噌うどん

豚肉とわかめの味噌うどん

 

旅先で暴飲暴食をつづけたため、お腹が減らないのだ。よく「食い溜めはできない」といわれるけれど、食べ過ぎた分は脂肪として体内にたくわえられるわけだから、実際には食い溜めはできていることになる。

何しろ旅行へ出かければ、「あれも、これも」と食べたいものが次々出てくる。よくラーメン評論家がラーメンの食べ過ぎで早死することがあるけれど、僕もその気持はよくわかる。

 

それできのうの晩も、豚肉とわかめの味噌うどん。

豚肉とわかめの味噌うどん

これもなかなか死ねる味だった。

豚肉を味噌仕立ての汁で煮たものだから、要は「豚汁」だ。豚汁には根菜を入れるのが定番だけれど、べつに豚肉と味噌に合うものならば、何を入れたっていいのである。

 

わかめは、豚肉ともよく合うものの一つだ。タケノコも入れて炒め合わせたりすると、大変うまい

それでこのわかめ、味噌汁の具としても定番だ。なのでわかめは豚汁の具として、打って付けのものの一つといえる。

 

それ以外に、ほんとうはタケノコを入れようかと思い、スーパーの売場を探した。でもタケノコが、中国産の安いのが売っていなかったので、味噌汁に入れるごときで高いのを買う必要もないからやめた。

それで、その他の具は、油あげと、割り落とした生卵。味噌汁に卵がまたうまいのは言うまでもないことだ。

 

わかめはゆでわかめを使った。

ゆでわかめ

ゆでわかめはいまが季節だから、わりと出回っているはずだが、もしなければ鳴門わかめを塩抜きして使ってもいい。

ただしゆでわかめは、悪くなるのがとても早い。余ったのは、買ったその日に冷凍してしまうことが必要だ。

 

豚汁をつくる場合は、だしを取ったらまずうすめの吸い物味をつけ、それで具材を煮るのがおすすめだ。味噌を入れてから具材を煮ると味噌の風味が飛ぶからで、そう考えて具材をだしだけで煮てから味噌を入れると、具材には味がつかない。

だしにうすく味をつければ、その味が具材にしみる。最後のみそは、「風味」だけを担当すると考えるようにする。

 

だしは、煮干し。

だしを取るときニンニクを1かけ入れると、まちがいなく一層ウマイ。

 

豚肉とわかめの味噌うどん 作り方

鍋に、

  • 水 2+2分の1カップ (どんぶり1杯分。2分の1カップは煮詰まる分)
  • 煮干し 1~2つまみ (頭とワタを取りのぞく)
  • ニンニク 1かけ (かるく潰してうす皮を取る)

を入れて中火にかけ、煮立ったらコトコト煮立つ程度の弱火にし、サッとアクを取って5分くらい煮る。

  • 酒 大さじ2
  • みりん 小さじ2
  • 薄口しょうゆ 大さじ1

で味つけする。

 

豚肉とわかめの味噌うどん 作り方

まず、

  • 油あげ 2分の1枚 (5ミリ幅くらいに切る)

だけ1~2分サッと煮て味を含ませ、

  • ゆでうどん 1人前
  • 豚コマ肉 50~100グラム (食べやすい大きさに切る)
  • 生卵 1個 (割り落とす)

を入れて、強めの弱火くらいにかける。

再沸騰するのに5分くらいかかると思うが、それでいいのだ。火が弱いほうがうどんも伸びずに味がしみるし、豚肉も硬くなりにくく、さらに卵が半熟加減になるにもそのくらいの時間がかかる。

 

豚肉とわかめの味噌うどん 作り方

再沸騰してきて豚肉に火が通ったら、

  • ゆでわかめ 50ぐらむ程度 (食べやすい大きさに切る)

を入れ、10秒くらい煮て温まったら火を止めて、

  • 味噌 大さじ1程度 (味をみて)

を溶き入れる。

 

どんぶりによそい、青ねぎとたっぷりの一味をかける。

豚肉とわかめの味噌うどん

 

これは、ウマイ……。

豚肉とわかめの味噌うどん

 

味噌味のうどんは、非常にいい。

ドロリと半熟になった卵が、またたまらない。

 

酒

そしてこの豚肉とわかめの味噌うどんも、酒に合う。

何とか酒に合わないものをガンバって作ろうと思っても、けっきょく酒に合うものしかできないから、飲み過ぎるのは仕方ないのだ。

 

「つまらない言い訳だね。」

チェブ夫

ホントだな。

おっさんひとり飯
50歳、バツイチ独身の「おっさん」が一口コンロで作る、 “簡単・うまい・安上がり”と三拍子そろったレシピ集。
『おっさんひとり飯』の刊行から約2年。一人暮らしの男性の強い味方が、より使いやすい新書サイズとなって再登場です。
前回好評だった”殿堂入りレシピ”はそのままに、新たに編み出された垂涎必至のレシピも25点収録。
「お金はかけず、だけどうまい! そして簡単にできてしまう男のための料理本」(高野さん談)を教科書に、多くの方がキッチンに立つことを願っています!