【日々雑感】ほうれん草と厚揚げ・豚肉炒め

野菜が安くなりつつあるとのこと、イオン名護店ではほうれん草が128円とかで売られるようになっていて、小松菜も128円、ほうれん草も128円となれば、やはり味に独特の香味とコクがあるほうれん草を選ぶわけです。それでここ数日、毎日ほうれん草を食べているという企画。

小松菜は、甘酢で色よく炒めるとおいしい

⇒ 4億502回死ねる! 小松菜と卵・豚肉のピリ辛甘酢炒め

わけですが、ほうれん草を同じように味つけしてみると、やはりちょっと物足りないです。意外にしっかりとした味がるほうれん草は「ごま和え」とかで食べるのが定番であることからもわかる通り、やや強めの味にした方がウマイんですよね。

といっても、せっかくの青い野菜をガバガバとしょうゆを入れて黒くするのは忍びないので、上のレシピで、

  • ナンプラー 小さじ1

としているところを、

  • しょうゆ 小さじ1
  • オイスターソース 小さじ1

とすると、大変イイです。

上のレシピでは小松菜に卵を合わせてありますが、青菜はすべて厚揚げを合わせてもおいしいです。厚揚げは、3分の1パックくらいを1センチ厚さくらいの食べやすい大きさに切り、豚肉といっしょにフライパンに入れてよく焼きます。よく焼くことにより、油の味がしみ、またそのあと調味料を入れて煮込む際に味がよくしみるようになります。

小松菜の炒め時間は、上のレシピで「まず茎を30秒~1分、さらに葉を入れて30秒~1分」としてあります。ですが、ほうれん草は、小松菜よりさらに火が通りやすいため、これをそれぞれ「30秒くらい」とするのがいいと思います。全体に油がなじむくらいで取出してしまうのでちょうどいいです。

おっさんひとり飯
50歳、バツイチ独身の「おっさん」が一口コンロで作る、 “簡単・うまい・安上がり”と三拍子そろったレシピ集。
『おっさんひとり飯』の刊行から約2年。一人暮らしの男性の強い味方が、より使いやすい新書サイズとなって再登場です。
前回好評だった”殿堂入りレシピ”はそのままに、新たに編み出された垂涎必至のレシピも25点収録。
「お金はかけず、だけどうまい! そして簡単にできてしまう男のための料理本」(高野さん談)を教科書に、多くの方がキッチンに立つことを願っています!