【ウインナーの焼きめし】ウインナーは焼きめしにほんとによく合いますよ。

ウインナーの焼きめし

ウインナーの焼きめし

チャーシューのかわりにウインナーを使った焼きめし。焼きめしにウインナーを使うのは、とてもおすすめ。

一番シンプルな焼きめしには、通常チャーシューを使う。これは焼きめしをパラっと仕上げるためには液体の調味料をできるだけ使わないことが必要だからだと思う。チャーシューのコクのあるしょうゆ味を味つけのベースにするわけだ。

でもチャーシューを常備している人は少ないのではないか。そこでおすすめなのが、ウインナーを使うこと。

ウインナーの焼きめし

 

ウインナーは袋ごと冷凍庫に入れてしまえばいつまででも保存できる。解凍も、湯沸し器のお湯で10秒ほど洗えばできる。

色んな料理にものすごく使いでがあるから、常備しておいたらいいと思う。

 

ただしウインナーは、価格による味の差がとても大きい。シャウエッセンかアルトバイエルンを選ぶのがおすすめだ。

 

ウインナーの焼きめし

 

焼きめしををパラっと仕上げるためには、火は強くする必要は全くない。強めの弱火くらいで十分だ。

それよりも大事なのは、まずご飯を卵にしっかり絡めること。ご飯が卵でコーティングされることで、ご飯の粒どうしがくっつきにくくなるからだ。

それから、ご飯をきちんと押しつぶして鍋肌に当てながら、よく焼くこと。

これだけ守れば、誰でもパラっとした焼きめしが作れるのではないかと思う。

 

ウインナーの焼きめし 作り方

フライパンを弱火にかけ、

  • サラダ油 大さじ1
  • ニンニク 1かけ (みじん切り)
  • 長ねぎ 5センチくらい (みじん切り)
  • ウインナー 2本 (3~5ミリ幅くらいの小口切り)

を2~3分じっくり炒め、味をひき出す。

 

ウインナーの焼きめし 作り方

強めの弱火くらいにして溶き卵・1個分を流し入れ、間髪入れずに冷ご飯・茶碗1杯分を入れ、スプーンで押しつぶしながら卵と絡める。

 

ウインナーの焼きめし 作り方

スプーンで押しつぶしてしばらく焼き、全体を混ぜてまた押しつぶし・・・、としながら3~4分じっくり焼き、

  • 塩 少々
  • コショウ 1~2振り
  • しょうゆ 小さじ1 (フライパンの場所を空けて鍋肌に入れ、一度沸騰させてから混ぜる)

を加え、さらに1~2分焼いたら火を止める。

 

見事にパラっと仕上がります。

ウインナーの焼きめし

 

ウインナーは焼きめしにはほんとによく合いますよ。

ウインナーの焼きめし

最高におすすめな料理本『大好きな炒めもの』ウー・ウェン著

大好きな炒めもの
ウー・ウェン著
4.3(Amazonの評価)
価格:¥1,518 (送料無料)
料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができて目からウロコが落ち、実用性も大変高い。筆者 高野も常に手元においている1冊です。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG