【ほうれん草のチャンプルー レシピ】チャンプルーとして最強で2854回食べても飽きない

ハマリやすいたちである僕のこと、この頃は沖縄の炒め物チャンプルーにハマっているわけである。炒め物だから手軽にできるのがまずいいわけだが、中華とはまたちがう、和風の味つけであるのが面白い。

ゴーヤーチャンプルーが、やはりチャンプルーとしては代表選手となるのだか、その他にも豆腐チャンプルー、麩チャンプルー、野菜チャンプルーと、チャンプルーにも色々ある。

その中で、野菜チャンプルーの一種となるほうれん草のチャンプルーが、いま現在僕的には、最強のチャンプルーであると思える。

 

チャンプルーの条件は、まず味つけ的にはかつお節(だしの素)を使うこと。そのため味が和風になる。

それから具材として、スパム(沖縄では「ポーク」という一般名称で呼ばれ、スパムのほかにもいくつかのブランドがある)と卵を入れることもあげられる。

このスパムと卵が、最高の相性なのだ。豚肉と卵はもともと相性がいいわけだが、スパムはスパイシーに味がつけられ、さらに食べ応えがやわらかいことにより、卵との相性はさらにいい。

チャンプルーは、このかつお節とスパム+豚肉で味が決まる。

かつお節の和風テイストに、スパムの洋風が加わって、チャンプルーはまさに異文化のマリアージュが達成されているのである。

 

ところで豚肉と卵とくれば、やはり言語道断、八面六臂でほうれん草。

dsc_0190

だからこのほうれん草のチャンプルー、まさに「最強」といえる味になり、2854回食べても、絶対飽きない。

僕もついこないだ食べたばかりなのに、また食べたくなってしまった次第。

ウソだと思うのなら、作ってみればいいのである。

 

コツは、ほうれん草をいため過ぎないことである。ほうれん草を入れてからの炒め時間は、2分くらいと思って間違いない。

 

作り方

dsc_0184

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ1
  • ニンニク 1かけ
  • スパム 100グラムくらい(5ミリ厚さくらいの短冊に切る)

を入れて中火にかけ、スパムに軽く焼き色がつくまで3~4分炒める。

 

dsc_0185

  • ほうれん草 1束(ざく切り)

を入れてひと混ぜし、

  • 酒 大さじ1
  • みりん 小さじ1

を入れてさらにひと混ぜ、

  • 溶き卵 2個分

を流し入れ、ほうれん草のシャッキリ感を残すようにして炒め上げる。

 

皿に盛り、

  • 粗挽きコショウ 少々
  • かつお節 2.5グラム入りミニパック1袋

をかける。

dsc_0199

 

これはほうれん草の料理としても、最もウマイものの一つではないかと思う。

dsc_0201

 

そしてこれが、死ぬほど酒に合うのである。

dsc_0202

ここまで酒に合ってしまうと、どんなに抵抗しようとしても、ベロベロになるのは避けられないのだ。

 

「避けられる。」

dsc_0194

そうだよな。

二日酔いにマーベラスな効果がある『シークワーサー果汁』

シークワーサー果汁
筆者 高野はこのシークワーサー果汁を使いはじめて約半年、「もうこれなしでは生きていけない」と思うほど。
お酒にこれをちょっと加えると、マジで二日酔いしにくくなります。
味的にも、焼酎や泡盛などならバッチグー。
ただし、ほんとに酔いにくくなるために、けっきょく飲みすぎてしまうことになるのが欠点といえば欠点です。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG