【ほうれん草のチャンプルーレシピ】手軽にできて837回死ねる

ほうれん草を豚肉・卵と炒めるとうまいのは知れた話。となればチャンプルーなのである。

 
このほうれん草のチャンプルーは、ゴーヤーチャンプルーのゴーヤーを、ほうれん草に替えたもの。

dsc_0117

ただし豆腐は切らしていたので入れなかったのだけれど、ほうれん草は豆腐とそれほど相性がよくないから、別に入れなくていいと思う。

ほうれん草のチャンプルーは、沖縄の飲食店では見たことないし、だいたい沖縄ではふつうは使わないニンニクを入れるから、これは沖縄料理とはいえない。

でも料理は好きに作ればいいのだから、沖縄をイメージした「沖縄的」でいいのである。

 

おいしく作るポイントは、ほうれん草を炒め過ぎないこと。調味料を入れるときなど手間取るようなら、そのあいだ火は止めてしまうのがおすすめだ。

 

作り方

dsc_0106

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ1
  • ニンニク 1かけ(みじん切り)
  • スパム 100グラムくらい(5ミリ厚さくらいの短冊に切る)

を入れて中火にかけ、1~2分サッと炒める。

 

dsc_0109

  • ほうれん草 1束(ざく切り)

を入れてひと混ぜしたら、

  • 酒 大さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 塩 小さじ2分の1
  • コショウ 少々
  • かつお節 2.5グラム(ミニパック1袋)
  • 溶き卵 2個分

を入れ、1分くらい、ほうれん草シャッキリ感を残すように炒め上げる。

 

かつお節がいい働きをしてくれる。

dsc_0121

 

10分もあればできるのに、間違いなく837回くらいは死ねる。

dsc_0126

 

しかもこれが、酒の肴に想像を絶するほどなるのである。

それで飲み過ぎるなというのなら、僕は道頓堀の橋の上から飛び降りたほうがマシだと思う。

 

「100回飛び降りて」

dsc_0131

そうだよな。

おっさんひとり飯
50歳、バツイチ独身の「おっさん」が一口コンロで作る、 “簡単・うまい・安上がり”と三拍子そろったレシピ集。
『おっさんひとり飯』の刊行から約2年。一人暮らしの男性の強い味方が、より使いやすい新書サイズとなって再登場です。
前回好評だった”殿堂入りレシピ”はそのままに、新たに編み出された垂涎必至のレシピも25点収録。
「お金はかけず、だけどうまい! そして簡単にできてしまう男のための料理本」(高野さん談)を教科書に、多くの方がキッチンに立つことを願っています!