「04 鍋料理・ごはん物」 一覧

あなごめし

あなごはまずは「あなごめし」がいいのである。

  あなごめしで酒を飲んだ。 あなごはまずは「あなごめし」がいいのであ ...

池井建築設計事務所

出会いが広がるのはありがたいのである。(鯛とタケノコのご飯、池井健建築事務所3周年)

  池井くん事務所の3周年記念パーティーに出席した。 出会いが広がるの ...

スズキの炊き込みご飯

炊き込みご飯は和食の入門としていいのである。(スズキの炊き込みご飯)

  冷凍してあったスズキを炊き込みご飯にした。 炊き込みご飯は和食の入 ...

スズキとたけのこの炊き込みご飯

炊飯器を使わないことで世界が広がるのである。(スズキとたけのこの炊き込みご飯)

  スズキをタケノコと炊き込みご飯にした。 炊飯器を使わないことで、世 ...

キムチ鍋

キムチ鍋にはキムチをがっぽりいれるのである。

  友人を呼びキムチ鍋を食べさせた。 キムチ鍋にはキムチをがっぽりいれ ...

鯛とタケノコのご飯

家で飲み過ぎ過ぎたのである。(鯛とタケノコのご飯)

  もらった鯛とタケノコをダブルで炊き込みご飯にした。 家で飲み過ぎ過 ...

タケノコご飯

女にナメられてはいけないのである。(タケノコごはん、鯛の塩焼き)

  昼はツナ缶のうどん、夜はタケノコごはんに鯛塩焼きで酒を飲んだ。 女 ...

ブリのハリハリ鍋

会社など辞めても生きていけるのである。(ブリあらのハリハリ鍋)

  昨日はブリあらが買えたから、ハリハリ鍋にした。 これを肴に酒を飲み ...

タラの湯豆腐

細川氏に当選してほしいのである。(タラの湯豆腐)

  昨日は魚屋にタラのあらがあったから、湯豆腐にした。 これを肴に酒を ...

カキと鶏のみそ煮込み鍋

商店街は顔が見えるから楽しいのである。(カキと鶏のみそ煮込み)

  昨日はまだ咳が残っていたから、体力回復を兼ね、今旬まっ盛りに差しか ...

豚ニラ鍋

風邪には燗酒と「豚ニラ鍋」がきくのである。

  昨日は風邪を引いたので、最強と思われる対抗策をとることにした。 風 ...

豚肉と水菜の鍋

自分の「本能」を信じることが大事なのである。(豚肉と水菜の鍋)

  昨日は水菜が冷蔵庫に入っていたから、これを豚肉と鍋にした。 これを ...

鶏つみれ鍋

アホにはアホなりの生き方があるのである。(鶏つみれ鍋)

  きのうはこないだ買った鍋の材料がまだ余っていたから、鶏のひき肉だけ ...

タラちり鍋

人生は「信じる」ことによって拓けるのである。(タラちり鍋)

  昨日は魚屋でタラのあらを買ったから、それをちり鍋にした。

昨日の晩酌

個人商店で買い物すると献立が決まりやすいのである。(ハタハタ鍋)

  昨日は魚屋の女将さんにすすめられ、ハタハタの鍋にした。 個人商店で ...

鶏めし

「食事は家でする」ことが日本の未来を拓くとおもうのである。(鶏めし)

昨日の晩めしは鶏めしにした。 これを肴に酒を飲みながら、「食事はきちんと家でする ...

タラちり鍋

鍋は「小宇宙」なのである。(タラちり鍋)

昨日は魚屋でタラのあらが出ていたから、それを買ってちり鍋にした。 制約が限りなく ...

サバのご飯

飲みながら料理をすると、飲み過ぎるのである。(サバのご飯)

昨日は冷凍してあった塩サバを、炊き込みご飯にした。 酒を飲みながら料理をするわけ ...

鯛の湯豆腐

京都の豆腐はやはりうまいのである。(鯛アラの湯豆腐)

昨日は魚屋で、天然鯛のあらが200円で売っていたから、それを使って湯豆腐にした。 ...

鶏めし

自由業には、逃げ隠れする場所がないのである。(鶏めし)

昨日は「スピナーズ」で少し飲み、家に帰って「鶏めし」を作った。 スピナーズで話し ...