誕生日には京都大宮で徹底的に飲むのである。

2014/07/19

 
きのうはぼくの、52回めの誕生日だった。

壺味

誕生日には、京都大宮で徹底的に飲むのである。

 

◎スポンサーリンク


 

誕生日ということで、朝は山鉾巡行を見ながら、池井くんからおごりのビールを飲んだ。山鉾巡行が終わったのがお昼前、となれば昼酒の時間である。

まだブログの更新をしていなかったが、時間なのだから仕方がない。

PiPi

PiPi」へ出かけて、ビールを注文。

 

いつものランチを頼んだら、おかずにノドグロの干物が出てきた。

PiPi

マチコちゃんが金沢へ行ったとき買ってきたというもので、「お誕生日のお祝い」とのこと。

ノドグロは、言わずと知れた高級魚。そうなれば、ビールをもう一本頼むのは当然のことだろう。

 

さらに仲間の男性がやって来て、「お祝いに一本おごる」とのことである。

PiPi

けっきょくPiPiでは、ビールを昼間から3本飲んだ。

 

そのあと酔った頭でブログを更新。何とか終わり、家に帰って昼寝をした。

 

昼寝から覚めると、もう夜だった。酒を飲む時間である。

誕生日なのだから、やはり日頃お世話になっている飲み屋へは、報告に行かなければいけないだろう。顔を出したいところはあれこれあるが、時間も限られているから、その中から3軒だけに行くことにした。

 

その前に、まずは一風呂。

稲荷湯

風呂上がりには、ビールを一杯。

 

初めに行ったのは「スピナーズ」。前回は、まわる順序を間違えて、スピナーズを最後にしたため行き着くことができなかった。

スピナーズ

注文したのは生ビール。「誕生日だ」と言ったら、これはマスターのおごりとなった。

 

ポテトサラダも注文した。

スピナーズ

カリカリに焼いたベーコンと、チェダーチーズが加えられていて、コクがある。

 

やがてギャルが入ってきて、隣りに座った。

スピナーズ

となれば言うまでもなく、もう一杯。

ギャルとはラーメンの話で盛り上がり、さらに一杯。「セアブラノ神」と「ラーメンガッツン」には行ったらいいと勧めておいた。

 

一通り出来上がったので、次へ向かうことにする。「Kaju」へ行くつもりだったが、そうすると、たこ焼き「壺味」の前を通ることになる。

壺味は時間の関係上、次回にさせてもらおうと思っていた。

「前を通り、もし誰とも目が合わなかったら、そのまま通り過ぎよう・・・」

店を覗くと、大将は見えないし、見知ったお客さんはいたけれど、誰もこちらに気が付かない。

 

「これは大丈夫そうだな。」

そう思って通り過ぎかけたとき、後ろから声がした。

「高野さん、お誕生日おめでとうございます!」

大将は、道の反対側にいたのである。

そうなれば、もう飲むしかない。

壺味

レモン酎ハイを注文し、見知ったお客さんと乾杯する。

 

1~2杯飲み、次へ行こうと思っていたのである。しかし隣の女性二人は、きのう、懐が温かいようだった。

「誕生日だ」と聞いて、1杯、2杯と代わりばんこにおごってくれる。

壺味

けっきょく料理も注文し、4~5杯を飲む長居となった。

 

Kajuへ着いたときには、すでに「ぐてんぐてん」に近かった。

Kaju

焼酎水割り氷ぬきは、マスターのおごりとなった。

 

つまみはチャンジャ。

Kaju

ゴマ油がかけられて、たっぷりの青ねぎと混ぜて食べる。

 

たまたまお客さんの切れ目になっていたようで、マスターが一人でいたから、ちょっとした相談事をする。マスターはキレのある、ドライな視点を持っていて、答えがとても参考になるので、これまでも折々に、人生の相談をしてきている。

相談しながらもう一杯。そのうちお客さんがドヤドヤと入ってきたから、お酒を飲み終わって店を出た。

 

最後に向かったのは、「京子」である。前回は、長居しがちな京子をあいだに挟んでしまったため、最後まで行き着けなかったのだ。

「誕生日」と聞いて、女将は「これ飲んで」と日本酒を出してくる。

京子

この瞬間、ぼくの死亡は確定したと言えるだろう。

 

おいしいものもあれこれ出てくる。

ナスにしん。

京子

2種類の炊き方を試したそうだ。

 

焼きイカのサラダ。

京子

サラダには胡麻ドレッシングがかけられて、さらにイカにはショウガ醤油がかかっている。

 

万願寺の炊いたん。

京子

かつお節やジャコを入れず、酒だけで炊いたそうだ。

 

タクワンの炊いたん。

京子

これがまた、優しい味でうまかった。

 

ほかにお客さんはいなかったから、女将とサシで飲むこととなる。女将とも、人生の話をあれこれする。

 

女将から注がれるままに酒を飲み、やがて意識は朦朧としてくる。

「もうこれ以上は飲めない」となったところで店を出た。

 

帰宅して、歯を磨くこともできずに布団に入った。これだけたっぷり飲んだのは、久しぶりのことである。

しかしきのうは誕生日。誕生日に徹底的に飲まずして、何のための人生だろう。

 

今朝は9時に目が覚めたものの、起きられずに二度寝して、ようやく10時に起き出した。さらに1時間ほどボッとして、ノロノロと支度してPiPiは12時。

昼だったから、再びまずビールを飲み、そのあと回らない頭で四苦八苦しながらブログを更新。昼寝してから更新を始めた2本目のブログは、もう夜も8時になり、ようやく書き終わろうとしている。

 

「何ともムダが多い人生だ・・・」

自分でもそう思う。

でもぼくは、そのムダをこそ愛しているのだから、それでいいのである。

 

「ほんとにアホだね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎関連記事

飲み屋は義理もあるのがいいのである。

家の玄関を入ろうとしたら、5センチの段差につまづいて転ぶほど、きのうは酔っ払っていたのである。

京都大宮「スピナーズ」はいつも会話が楽しいのである。

「夜PiPi」は午前3時まで盛り上がったのである。

京都大宮を離れることはもうできなくなっているのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み