豚肉とレタスのトマト炒め丼は、ガッツリいけながらさわやかなのである。

2014/07/18

 
豚肉とレタスのトマト炒め丼で酒を飲んだ。

豚肉とレタスのトマト炒め丼

これはガッツリといけながら、さわやかなのである。

 

◎スポンサーリンク


 

トマトを汁物や炒め物に入れるには、本当にうまいのである。もう何度も書いているから、耳にタコかもしれないけれど、煮溶かしてしまうのでなく、サッと火を通すだけにすると、ほのかの酸味がまたとないアクセントとなり、色目もきれいで鮮やかになる。

トマトは西洋では、しょうゆなどにも匹敵する基本調味料といえるだろう。さすがその実力を、ひしひしと感じているところである。

 

きのうは豚肉が買ってあった。炒め合わせるものの候補としては、伏見とうがらしとレタスがある。

伏見とうがらしも、もちろん豚肉と炒めれば、ちょうど豚肉とピーマンの炒め物みたいになり、大変うまいのだけれど、ぼくはこのところ、豚肉とレタスを炒めるのにハマっているのである。

 

そうするとやはり、「ここにトマトを入れたらもっとウマそうだ」と思うだろう。味付けは、やはりこのところ多用しているオイスターソースが、さわやかでありながらコクがあって一番合う。

さらにきのうは、ちょっとお腹が減っていたから、これをご飯に乗せることにした。

豚肉とレタスのトマト炒め丼

ご飯とレタスも、「レタスチャーハン」がある通り、相性がいいのである。

 

レタスもトマトも、火を通し過ぎないことが大事だから、これはスピードが勝負となる。

大きめにちぎった2分の1玉ほどのレタスと6等分のくし切りにしたトマトは皿に待機させておき、酒とオイスターソース大さじ1ずつ、しょうゆと砂糖、おろしショウガ小さじ1ずつ、塩小さじ4分の1の合わせ調味料、さらに小さじ1の片栗粉と小さじ2の水を合わせた水溶き片栗粉も、それぞれあらかじめ準備しておく。

 

フライパンにゴマ油少々と赤唐辛子1本を入れて強火にかけ、赤唐辛子が少し黒っぽくなるくらいに十分温めたあげく、豚コマ肉200グラムと細切りにした玉ねぎ2分の1個を炒める。

豚肉とレタスのトマト炒め丼 作り方

豚肉の色が変わったら、合わせ調味料を入れ、さらに少し炒めて豚肉に味を付ける。

 

レタスとトマトを入れ、30秒ほど炒めてレタスがしんなりしたところで、水溶き片栗粉を回し入れる。

豚肉とレタスのトマト炒め丼 作り方

全体を混ぜてトロミを付け、火を止めて、味を見て塩加減をする。

 

ご飯にかける。

豚肉とレタスのトマト炒め丼 作り方

ガッツリいけて、しかもさわやかなのである。

 

それからナスのツナマヨ。

ナスのツナマヨ

これは「PiPi」で、ナスのはさみ揚げにツナが入っているのがとてもうまかったので、参考にしたものだ。ナスにツナを入れるのは、先代のレシピだそうである。

 

ナスは3ミリ幅くらいに切り、塩一つまみで揉んで5分ほど置き、水で洗ってよく絞る。

ツナとマヨネーズ、あとは味を見ながら塩コショウで和える。

青ねぎを加えたら、さらに良かったかもしれない。

 

とろろ昆布とオクラの赤出し。

とろろ昆布とオクラの赤出し

オクラは板ずりし、サッとゆでて1センチ幅くらいに切っておく。

鍋にとろろ昆布一つまみと削りぶし2分の1カップ、水1カップ強を入れて火にかけ、煮立ったら酒大さじ1、みりん小さじ1、赤だし味噌(八丁味噌)大さじ1くらいで味付けする。

5ミリ幅くらいに切った厚揚げを2~3分煮て、下ゆでしたオクラを入れて、一煮立ちさせる。

 

伏見とうがらしのグリル。

伏見とうがらしのグリル

伏見とうがらしをグリルかフライパンで焼き、削りぶしとおろしショウガ、味ぽん酢をかける。

 

酒は、冷や酒。

酒は、冷や酒

料理ができるまでに、焼酎を4~5杯飲んでいるから、いつも2杯で、終盤の記憶が曖昧になるほどヘベレケになるのである。

 

「あまり飲み過ぎないようにね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎関連記事

スルメイカとトマトのオイスターソース炒めは抜群の味である。

麻婆ナスにもトマトを入れるとうまいのである。

豚肉とキュウリ古漬けの塩炒めは抜群の肴になるのである。

鯛の塩焼きは、数千年の時をこえて受けつがれる「日本の味」なのである。

豚と万願寺のトマ玉炒め、トマトは炒め物に使うのもまたうまいのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉