小動物が家に入ってくるのである。

2014/07/16

 
風通しがいいからと、玄関のドアを開けている。

チェブ夫

すると小動物が、あれこれ入ってくるのである。

 

◎スポンサーリンク


 

2月に引っ越した今の部屋は北向きで、「暗いのではないか」と心配していたのだけれど、それは杞憂に終わった。窓の前に奥行き2メートルくらいの庭があり、そこに朝方から昼過ぎまで、陽が差し込むようになっている。

その光が部屋にも入ってくるから、朝などは眩しいくらいで、日中は晴れている日ならば照明をつける必要はない。逆に直射日光が差し込まないから、夏は涼しい利点もある。

 

風通しもとてもよく、窓と玄関のドアを開けると、部屋にそよそよと風が吹く。このところ暑い日が多いけれども、まだエアコンはつけていない。

玄関を開けるようになり、玄関には網戸がないから、蚊が入ってくるようになって初めは困った。

「蚊も痒くさえしなければ、少しくらい血を吸わせてやってもいいのに・・・」

そう思いながらも、仕方ないからベープマットを置くようにしたら、蚊は入ってこなくなった。

 

ところが、蚊は入ってこなくなったのだが、ほかに色々闖入者がいるのである。

 

昼寝をしていた。いつも昼めしに酒を飲み、そのあと1時間ほど昼寝をする。

窓と玄関のドアを開け、庭の雑草に降りそそぐ陽の光やら雨やらを眺め、風に吹かれながらうとうとするのは、何とも言えず気分がいい。

そこへ突然、

「バタバタバタバタ・・・」

何かが羽ばたく音がする。

 

セミでも入ってきたかと思い、目を開けてみるとスズメだった。玄関から入ってきて、まっすぐ窓へ抜けようと思ったらしいが、網戸があるので抜けられない。

網戸にぶつかってはまた戻り、またぶつかって・・・、を繰り返している。

網戸を開けてやろうと体を起こすと、諦めたのか、入ってきた玄関へまた戻って出て行った。

 

きのうはまた、別のが来た。

飯を作っていたのである。するとかかとに、何かに舐められたような感触がした。

足を動かし、振り返ると、茶色くて尻尾がふさふさした、ネズミよりは大きいが、猫よりは小さいと思われる四つ足の動物が、玄関を猛ダッシュで出ていった。

 

動物まで入ってくるとは思わなかった。家賃が安く、トイレは共同、風呂もない、貧乏人ばかりが住むマンションだから、泥棒も入ってこないだろうとタカを括って、夜寝ているあいだもドアを開けっ放しにしていたのだが、動物となれば話は別だ。

もしかすると生ゴミを漁られたり、場合によっては寝ているところを齧られたりするかもしれない。

「寝るときはドアを閉めたほうがいいのかもな・・・」

ちょっと思った。

 

きょうになり、「PiPi」でマチコちゃんにその話をしてみると、

「それはきっと子猫だよ。かわいいじゃない」

と言う。たしかにまだ物を知らない子猫なら、家に入ってきてもおかしくない。

「子猫が入ってくる家に住むのも、また悪くない・・・」

マチコちゃんの言葉を聞いて、そうも思う。

 

しかしきょう、ツイッターを見ていたら、山の方の大学で、ムササビが入ってきたと、誰かが写真を載せていた。写真を見ると、ムササビは茶色くて、尻尾の毛がふさふさしている。

「もしかしたら、きのう入ってきたのはそれではなかったか・・・」

今はそう思っている。

 

「ぼくが齧られたらどうするの?」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎関連記事

土曜日は朝酒をした方がいいのである。

電気風呂を初めて体験したのである。

風呂には毎日入らなくても全く問題ないのである。

夏至を過ぎたら「もう夏」と思えばいいのである。

夜の散歩をしながら「蚊はアタマが悪いのだろうか」と考えたのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-08 もろもろ