スルメイカとトマトのオイスターソース炒めは抜群の味である。

2014/07/16

 
スルメイカとトマトのオイスターソース炒めで酒を飲んだ。

スルメイカとトマトのオイスターソース炒め

これは抜群の味なのである。

 

◎スポンサーリンク


 

スルメイカを買ってあったから、どうやって食べようか、考えるわけである。これは酒を飲みながらやるのがオススメで、アルコールで脳が解放されるからだろう、名案が次々うかぶ。

さらに酒を飲んでいると、腹も減ってくる。食べるものを考えるには、好条件が揃いに揃っているのである。

 

イカはまずは、ワタと一緒に炒めるのがうまい。檀一雄流にオリーブオイルとにんにくで味付けするのはまさに「必殺」だし、味噌で甘辛く味付けするのもいい。

でもきのうは、ワタの気分ではあまりなかった。もう少し、アッサリとしたものが食べたい。

 

となれば、オイスターソース炒めが定番だろう。ねぎやニラと合わせるのは王道だし、ブロッコリーやセロリなど香りが強い野菜と合わせるのもまたうまい。

ちょうど伏見とうがらしが買ってある。細長い伏見とうがらしに合わせ、イカも輪切りでなく、両側を開いてまっすぐ切れば見た目もよさそうだ。

 

それで「悪くない」とは思ったのだが、もう一ひねり欲しい気もする。

何かないかと、酔った頭でぼんやり考えていると・・・。

 

思い付いたのである。

 

「トマトだ!」

 

イカは「トマト煮」にもするのだから、トマトとの相性はいい。とうがらしがトマトとよく合うのも、言うまでもないことである。

スルメイカとトマトのオイスターソース炒め

白いイカ、緑のとうがらし、それに赤いトマトは、色目もよさそうだ。

 

これは間違いないだろう。

 

とうがらしは食べやすい大きさに切り、サラダ油少々で炒めておく。

スルメイカとトマトのオイスターソース炒め 作り方

とうがらしは、ししとうやピーマンなどでも、もちろんいい。

 

とうがらしに火が通ったら皿に取り出し、さばいて細長く切ったイカ、くし切りにしたトマトも一緒に皿に待機させる。

スルメイカとトマトのオイスターソース炒め 作り方

酒とオイスターソースを大さじ1ずつ、砂糖とおろしショウガを小さじ1ずつ、塩小さじ4分の1、それに片栗粉小さじ1の合わせ調味料も用意しておく。

 

あとは一気である。

スルメイカとトマトのオイスターソース炒め 作り方

フライパンにゴマ油少々と赤唐辛子を入れ、強火にかける。

煙が上がり、唐辛子が焦げてくるまで待ったところで、イカととうがらし、トマトを全部入れる。

30秒ほど炒め、イカがピンクに色付いてきたら、すかさず合わせ調味料を入れ、サッと混ぜてトロミがついたら火を止める。

 

予想通り、抜群の味である。

スルメイカとトマトのオイスターソース炒め

トマトのさわやかな酸味がイカに実によく合い、ほろ苦いとうがらしもまた絶好のアクセントとなっている。

 

あとはオクラととろろ昆布の吸物。

オクラととろろ昆布の吸物

お椀に、板ずりをし、サッとゆでて小口切りにしたオクラ2本、とろろ昆布少々、削りぶしをミニパック1袋、淡口しょうゆ大さじ1くらいを入れ、お湯を注ぐ。

 

ナスのおひたしカラシ酢味噌。

ナスのおひたしカラシ酢味噌

ナスはトラ刈りに皮をむき、2センチ幅くらいの輪切りにして、塩一つまみを振った水で3~4分ゆで、水で冷やしてやさしく絞る。

白味噌(西京みそ)と酢を大さじ1ずつ、砂糖とカラシ小さじ2分の1ずつのカラシ酢味噌で和え、削りぶしを盛る。

これはナスのゆで加減が大切で、箸でつまみ、「弾力が出てきた」と思ったら、すぐに火から上げる。

 

厚揚げの焼いたん。

厚揚げの焼いたん

フライパンでもグリルでもいいから焼き、おろしショウガとねぎ、味ぽん酢をかける。

 

酒は、冷や酒。

酒は、冷や酒

イカがまた酒によく合い、きのうは絶好調になり、ツイッターでべらべらつぶやいた。

 

「グズグズしないで早く寝ればいいのに。」

チェブ夫

そうなんだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎関連記事

簡単で、死ぬほどうまい。檀流クッキング「イカのスペイン風」(旧サイト)

イカワタ甘辛みそ炒めは「圧倒的」とまではいかないがうまいのである。

イカワタ甘辛みそ炒めの残り汁をうどんにかけると超弩級のうまさである。

スルメイカをあっさりと食べるなら「ゆでイカショウガ醤油」なのである。

イカの煮付けは煮過ぎないのがコツである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-024 スルメイカ