郡司ペギオ-幸夫『群れは意識をもつ』は死ぬかと思うほどおもしろいのである(4)

2014/07/11

 
個々の自由を、群れに働く強制力が制限するという考え方では、現実の群れを説明できない。

群れは意識をもつ

群れは、個々の行動が、すでにまわりの「雰囲気」を踏まえたものだと考えたとき、その行動そのものが原動力となって作られているのである。

 

◎スポンサーリンク


 

郡司ペギオ-幸夫氏は、自らが発見した理論を「ダチョウ倶楽部モデル」と呼んでいる。ダチョウ倶楽部の竜平が、熱湯風呂に入るにいたる、そのプロセスと同じことが、群れをなすカニ同士のあいだで無数にくり返されているというのである。

 

湯気が立つ熱湯風呂を前にして、ダチョウ倶楽部の3人が立つ。熱湯風呂には、3人のうち誰かが入らなければならない。

まずはリーダーが、

「やはりオレはリーダーなんだから、オレが入るよ」

と手をあげる。するとジモンが、

「いや、リーダーにそんなことはさせられません。ここはリーダーの代わりに、私が入ります」

と手をあげる。そして二人は、手をあげたまま、横にいる竜平を見るのである。

 

二人が手をあげているのに、自分だけが手をあげないわけには行かない。そこで竜平も、

「それじゃ、私も・・・」

と渋々手をあげる。するとその瞬間、リーダーとジモンは、

「どうぞ」

と役目を竜平に譲り、けっきょく竜平が、熱湯風呂に入ることになるという顛末だ。

 

このコントでは、「受動」と「能動」が入り混じり、「分けることができなくなっている」と郡司氏は言う。

分けることができない、「未分化」なところから、結果として竜平の、能動的な行動が生まれることこそ、群れができる原動力になっていると言うのである。

 

リーダーが手をあげるのは、能動的な行動だろうが、実は心のなかで、竜平が手をあげるのを期待してのことだ。だからこれは、受け身でもある、受動的な行動でもあるともいうことができる。

それに対してジモンが手をあげるのは、リーダーに促されてのことなのだから、受動的であるといえる。しかし手をあげること自体は、「熱湯風呂に入りたい」と志願することなのだから、能動的であるともいえる。

 

この受動的でもあり、能動的でもある行動により、「雰囲気」が作られると郡司氏は言う。その雰囲気にいざなわれ、竜平も受動的に手をあげることになり、結果として竜平は、「熱湯風呂に入る」という能動的な行動をすることになるわけである。

 

これまでの理論では、受動と能動ははっきりと分かれていた。一匹一匹のカニは、能動的に、行きたい場所へ行くと仮定する。

それと同時に、群れの中では、カニに「まわりのカニと動きを揃えるように」という強制力が働くと仮定される。これはカニにとっては、一方的な、受動的に受け取るしかない圧力だ。

 

この能動と受動をはっきりと分けた理論によって、以前は群れが説明できるように考えられていたけれど、近年、新たな観測事実が明らかになるなどして、説明できない、たくさんのことがあることが分かってきた。

それに対し、郡司氏の、受動と能動を切り分けないダチョウ倶楽部モデルでは、観測事実をはっきりと説明できることになるのである。

 

ダチョウ倶楽部モデルをカニに当てはめるには、カニは自分が行きたい場所を、自分のまわりにいくつも候補として持っているとする。その行きたい場所が、まわりのカニと重なったとき、リーダー、ジモン、竜平の3人が手をあげたときのように、「誰かがそこへ行く」という雰囲気が作られる。

そして行きたい場所が重なったカニのうち、誰かがランダムに選ばれ、実際にそこへ行く、ということになる。

 

これを延々と繰り返していくことを、郡司氏が実際にコンピュータでシミュレーションしたものが、下の動画である。

黒い小さな四角がカニで、それらが初め、バラバラに置かれているところから、徐々に合体し、大きな群れとなりながら、ある方向へ動いている様子が見える。

 

カニは一匹だけのときには、行きたい候補の中から一つを、ランダムに選ぶようになっている。まわりに他のカニが近づいてくると、行きたい候補が重なった場所の中から、移動先が選ばれることになる。

行きたい候補が重なる場所は、おのずと他のカニと近い場所になるから、カニは、他にとくべつ条件が指定されてないにもかかわらず、自然に近くに寄りあい、群れを作ることになる。

 

さらにこの動画を見ると、群れの中で、一匹一匹のカニは必ずしも、整然とおなじ方向へ進んでいるわけではないことが見て取れるだろう。入り混じり、錯綜して、それぞれが好き勝手に動いているように見える。

にもかかわらず、群れは全体として、ある方向へ向かって移動している。

このことは、これまでの理論ではどうしても、説明できなかったことの一つなのだ。これまでの理論では、群れが一つの方向へ移動するのは、強制力によってカニが動きを揃えることの結果なのだから、それぞれがバラバラの方向へ動きながらも、群れが全体として一つの方向へ進むことは、あり得ないことである。

 

ところが現実の群れを観測すると、一匹一匹のカニは決して動きを揃えるわけではないのであり、それを郡司氏のモデルは、見事に説明する。それも「ダチョウ倶楽部モデル」という、実にシンプルな理論によってである。

 

個々が完全に自由に、能動的に行動し、逆に群れに働く強制力は、完全に受動的に受け取るという、能動と受動をはっきり分けた考えでは、群れを説明することはできない。

個々の能動的な行動は、能動と受動が入り混じった「雰囲気」にいざなわれると考えたとき、何らの強制力も必要なく、個々の行動そのものが、群れを作る原動力になるのである。

 

「なんだか納得できる気がするね。」

チェブ夫

そうなんだよ。

 

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

郡司ペギオ-幸夫『群れは意識をもつ』は死ぬかと思うほどおもしろいのである(3)

郡司ペギオ-幸夫『群れは意識をもつ』は死ぬかと思うほどおもしろいのである(2)

郡司ペギオ-幸夫『群れは意識をもつ』は死ぬかと思うほどおもしろいのである。

『量子力学の冒険』は量子力学に興味があるという人は、挑戦してみるのも悪くないと思うのである。

『フーリエの冒険』は「数学の世界に触れてみたい」という人にとっても少しがんばれば歯が立つと思うのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-09 生物記号論