京都の人は、人の自由を積極的に尊重するのである。

 
京都の人のふるまいは、現代のルールやマナーで人を縛ることとは、大きく違うと感じるところがある。

チェブ夫

京都の人は、人の自由を積極的に尊重するのである。

 

◎スポンサーリンク


 

京都には、市民運動の伝統が根付いているような気がする。今回の集団的自衛権のときもそうだったけれども、節目節目で、大都市大阪だけでなく京都でも、デモなどが行われる。

京都は都市の規模としてはずいぶん小さいと思うのだが、それでもけっこうな人が集まるようで、大宮で顔を合わせる20代や30代の若い人も、当り前のように出かけたりしている。

京都は共産党が強いと聞くし、学生運動でも、京都大学は大きな拠点だったろう。市民が政治に積極的にかかわる気風が、比較的強いのではないだろうか。

 

そのことと関係があるかどうかはよく分からないのだが、京都の人が、「自由」について独自の視点を持っているとは、以前から思っている。京都の人のふるまい方の大元に、「積極的な自由」が組み込まれている気がするのである。

一般に、個人と社会との関係は、個人の自由は、たとえば「人には迷惑をかけない」など、社会の事情によって制限されると考えられているだろう。そして社会の事情をまとめたものが、法律であったり、マナーであったりするわけで、人はそれらに従わなければならない。

でも京都の人は、それとはずいぶん違った考え方をするように思える。

 

京都で「マナー」という言葉を聞くことは、ほとんどない。かわりにしょっちゅう聞くのが、「空気」である。

空気を読んで、それにふさわしい行動をする。それが尊いとされているような気がする。

 

象徴的なのが、「エスカレーター」だ。全国どこでも、エスカレーターは左に乗るか、右に乗るかが決まっているのではないだろうか。

ところが京都のエスカレーターは、それが決まっていない。前の人が右に立てば、自分も右に立ち、左に立てば、左に立つとなる。

このことは背景として、「大阪が近いから」とも聞く。全国のほとんどの地域で、エスカレーターは左に立つものであるのに対し、大阪だけは、右に立つことになっている。

大阪の人は京都に来れば、右に立つし、それ以外の人は左に立つ。だから「どちらかが決められない」というのである。

 

それも「なるほど」とは思うのだが、それならば、「京都ルールを作ろう」という話になってもよさそうな気がするのだ。場合によって右に立ったり左に立ったり、くるくる変わるのは煩わしいから、いっそのこと、「京都は京都で統一したルールを作り、他の人にはそれに従ってもらおう」となってもよさそうなものだろう。

でも京都の人は、そうは思わないようである。前の人が立つのにあわせ、諾々と、右に立ったり左に立ったりするわけだ。

周りを見て、自分のふるまいを決めることが、身に付いているからだろう。

 

京都の人のこのようなふるまいは、ぼくには、「相手の自由を積極的に尊重している」ことと映るのである。

もちろん場合によっては、ある人のふるまいが、自分にとって迷惑だったり、不愉快だったりなど、「適切でない」と感じられることもあるだろう。でも京都の人はそういう時でも、「クレーム」などの形で抗議をしたり、指導しようとしたりなどは、あまりしないように見える。

適切でないと思える相手に、距離をおいたり、チクチクと皮肉を言ったりはするけれど、基本的に、「相手が分かるのを待つ」のではないだろうか。

 

もし相手が心から納得することになれば、それは抗議や指導でうわべだけを矯正するより、はるかに大きくふるまいが変わるだろう。感化力は、分かるのを待つほうが強いことになる。

またおそらく逆に、適切ではないと思っていた相手の中に、待っているうち、自分にはない、大事なものを見つけることもあるかもしれない。そういうとき京都の人は、それを素直に認めるのではないかと思うのだ。

京都は学術の街であり、京都大学がノーベル賞を多数獲得している通り、新しい発見に開かれているだろう。それは、京都の人の「人の自由を尊重するふるまい」が、背景にあるような気がするのである。

 

このように、人の自由を積極的に認めることは、現代の、ルールやマナーで人を縛ることとは真っ向から異なるだろう。

京都の人が、「反権力」と言われることが多いのも、この考え方の違いに理由があるように思うのである。

 

不愉快な相手を前に、相手が分かるまで待つことは、かなりの忍耐が必要となる。

でも京都の、多くの人が、若い世代に至るまで、それを受け入れる度量の大きさを持っていると感じるのだ。

 

「京都は奥が深いよね。」

チェブ夫

ほんとだよ。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

京都と名古屋で、距離のとり方もまた違うのである。

京都の人の「察する文化」は雑談が苦手でポツンとしているのが好きなぼくにはありがたいのである。

京都の人の「他人の自由」を尊重する態度は、人見知りで偏屈なぼくにはじつに居心地いいのである。

京都の人は他人をよく「見る」のである。

ラーメンの食べ方も「察する」のである。(新福菜館三条店)

 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-088 京都について