安倍首相は「悪」である。

2015/06/02

 
集団的自衛権がきのう、閣議で決定された。

チェブ夫

安倍首相は、「悪」である。

 

◎スポンサーリンク


 

ここ数日、飲みながらツイッターを眺めていると、集団的自衛権の話で持ち切りである。京都でのデモや、官邸前抗議行動の様子が投稿されてくる。

ある知識人は、

「一人の馬鹿者のために。」

とつぶやいていた。彼はその後、抗議行動の様子をあれこれと転送していたから、その馬鹿者とは、安倍首相のことだっただろう。

 

「馬鹿者」という表現は、おそらく彼にとっては最大級の罵声だったに違いない。知識のある人は、人を頭のいい悪いで評価する傾向がある。

 

しかしそれを見て、ぼくは「馬鹿者」では足りないと思った。

安倍首相は、「悪」である。

 

悪の定義としては、それこそ色々あると思う。文学的な、または哲学的な考察も含めれば、それはそれで広い世界があり、単純に割り切ることはできないだろう。

しかし悪の、もっとも単純な一つの定義の仕方として、「法律を平然と無視すること」が上げられるのではないだろうか。「悪徳企業」といえば、少なくとも、法律を平然と無視する企業がそれに入るのはまちがいない。

 

安倍首相はきのう、権力者が守るべき法律である「憲法」を平然と無視し、それに反する内容を閣議で決めた。

ここにおいて、安倍首相が「悪」であることが、確定したと思うのである。

 

安倍首相については、自民党の党首になった時点から、あの極右・強権体質を危惧していた。それが「美しい国」などとまやかしを並べ、二度の国政選挙で盤石な体制をきずいたと見るや、秘密保護法の強行採決を初めとして、危険な政策をつぎつぎと実行していく。

しかしそれでも、これまでは、法律に従ってはいただろう。

ところがきのう、とうとうそれを公然と無視する挙に出たのである。

 

これを、放置していいのだろうか。

ぼくはこれまで、安倍首相が危険だといっても、二度の国政選挙で国民が支持してしまっているのだから、「仕方がない」と思っていた。最後の望みは、このあいだの都知事選だったが、それも結局自民党が勝った。

危険な首相のもとで、それを支持した日本国民は、これから苦難の道を歩むしかないと思っていた。

 

しかし法律を無視するとなれば、話は別である。ああして閣議で決められるのなら、何でもできることになる。

 

悪は、排除されなければ、いけないのではないだろうか。

 

「立ち向かわなければならない敵が現れた・・・」

ぼくはいま、そう感じているのである。

 

「戦うなら、負けちゃダメだよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

近代に代わる新たな思想が、今こそ求められているのである。

核爆弾にも匹敵する、世界に大きな影響を及ぼし得るネタを、ぼくは持っているのである。

日本の組織の無責任体質はつくづく嫌いなのである。

日本が壊れないとわからないのである。(ブリカマ塩焼き)

都知事選が日本が変わるきっかけになってくれたらいいと思うのである。(豚肉とカブの吸物)

「食事は家でする」ことが日本の未来を拓くとおもうのである。(鶏めし)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-089 日本について
-