核爆弾にも匹敵する、世界に大きな影響を及ぼし得るネタを、ぼくは持っているのである。

2014/07/01

 
日本に対する責任は、自分なりに果たすつもりだ。

チェブ夫

核爆弾にも匹敵する、世界に大きな影響を及ぼし得るネタを、ぼくは持っているのである。

 

◎スポンサーリンク


 

きのうは京都でもデモがあったそうだ。大宮の知り合いでも、出かけた人もいたようだ。

安倍政権が進める政策は一から十まで気に入らなく、このまま行ったら、早晩日本は奈落の底に落ちることになるとは思っている。だから安倍政権が何をしているかについては、注意して見ているし、デモも応援する気持ちはある。

でもぼくは、政治的な行動についてはあまりやる気にならないのだ。

 

例えばここに、考えが足りなくて、問題を起こす人がいたとする。その人のことを思えば、きちんと話し合いをして理解してもらうのがいいだろう。

問題を起こすことは、本人にとっても良いことにならないのは言うまでもない。

でもそのとき、話し合いをするための労力と時間に目が向く。多くの場合、それを思うと面倒くさくなり、

「だったら縁を切ろう・・・」

そう思うことになるのである。

 

人と縁を切り、問題がないことは多い。あまり会わない人ならば、連絡を取らなければ済むし、たまに顔を合わせる人でも、透明人間になってもらうという手もある。

だいたい、全ての人と、万遍なくつき合うことなど出来るわけがないのだから、つき合いたい人とだけ、濃くつき合おうとするのは悪いことではないだろう。

 

でもそれでは済まない場合も、もちろんある。義理や責任もあるからだ。

 

たとえば息子が問題を起こすとなれば、やはり話をするだろう。前の会社も、義理はあるから、できるだけのことはした。

でも例えばそれで、こちらの話を謙虚に聞こうとするのでなく、批判を「攻撃」と受け止めて、権力などに訴えて報復をしてくることがある。

そう来るならば、こちらも「それまで」という話である。縁を切るまでのことだ。

 

安倍首相のことを思うと、人の話に耳を貸すとは思えない。世話になったはずの小泉首相が、言ってもダメだったわけだろう。

面識もないフリーライターの話を聞くわけがない。

「だったら行動を」となるのも分かる。たしかにデモが、何万人にも膨れ上がれば、多少は考えもするのかもしれない。

 

でもそのための手間と時間を考えると、やはり面倒くさくなるのである。

こちらも生活しないといけない。一銭の金にもならないことに、あまり時間を割くわけにもいかない。

 

ただしやはり、全く何もしないわけには行かないだろう。日本に対して、まだ果たしていない責任があると感じるからだ。

 

大なり小なり、今の日本のあり方には、それまでに日本で暮らしてきた人が関わりを持っている。立場によっても、関わりの濃さは変わるだろうが、べつに公的な立場になくても、長く暮らしてきた人は、短い人より自然、関わりは濃いだろう。

だからぼくには、51歳なりの責任が、日本に対してあるわけだ。その日本が、今「よくない」というのなら、やはり何かはしないといけない。

責任は、「果たした」と感じるまでは、果たさなければいけないのである。

 

それで今、自分なりにやり始めていることはある。自分が「仕事」とし得る範囲で、できそうなことがあるからだ。

それは自分の、仕事上での「夢」でもあり、もし「仕事しないでいい」という恵まれた立場にならない限り、「ぜひとも成し遂げたい」と思えることだ。

 

核爆弾にも匹敵する、世界に大きな影響を及ぼし得るネタを、ぼくは持っているのである。

しばらくは、粛々とそれに磨きをかけるまでのことなのだ。

 

「まあ自分なりにがんばってね。」

チェブ夫

ありがとよ。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

日本の組織の無責任体質はつくづく嫌いなのである。

日本が壊れないとわからないのである。(ブリカマ塩焼き)

都知事選が日本が変わるきっかけになってくれたらいいと思うのである。(豚肉とカブの吸物)

「食事は家でする」ことが日本の未来を拓くとおもうのである。(鶏めし)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-089 日本について